FC2ブログ

考えすぎ?

床に落ちていた妻が脱いだ
セパレートのストッキング。
なんか、
黒人用のコンドーム
みたいでした。



被害妄想
でしょうか?

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

発音は難しい



日本人はRとLの発音が苦手であるなんて
言いますが、Lの位置が変わるだけでも
発音の区別は簡単ではありません。

Sea mail とShemale
はカタカナ表記では、
どちらもシーメールです。

区別して発音できますか?
郵便局で恥をかきますよ。大丈夫ですか?
わたしは区別して発音だなんて、
できませんけどね。(開き直り)


今日のギャグがお分かりの方、よいお友達に
なれそうな気がします。




詳細をお知りになられたい方は、
米国のyahooにて検索をお勧めします。
但し、
1)職場のパソコンなのでアクセスが監視されている。
2)ウィルスソフトが最新版でない。
3)お堅い国に在住している。
4)実は18歳に満たない。
場合には、諦めていただくようお願いします。

音読みの憂鬱

最近の報道(新聞、テレビ)を見ていて、ようやく朝鮮人(注1)
氏名に対しては、オリジナルの発音により近い表記をカタカナで
ふりがなをつけるようになったと感じています。

その昔、金大中事件は、キンダイチュウジケンと呼ばれて
おりました。
おーい、
キンダイチュウって、誰?

キム・デジュンさんですよね。
単純な音読みは無遠慮な感じが否めません。


日本語には、カタカナという表音文字があるのですから
固有名詞
はカタカナのふりがなが欲しいものです。


同様のことは中国人(注2)の氏名についても言えます。
ハングルの固有名詞にカタカナのふりがなをつけるのですから、
中国の固有名詞(特に、氏名)にもカタカナのおくりがなを
つけるべきだと思います。(注3)逆のことをされたら、
不愉快な思いをするのではないでしょうか?四文字熟語を
音読みする感覚で他人様の名前を勝手に変えるのは
如何なものかと思います。



ところで、中国東北部の朝鮮族の方々は、中国国内において
ハングル表音で呼ばれているのか、北京語表音で呼ばれているのか、
興味があります。はたまた、表音の違いがあるのかすらminichiには
分かりません。

ご存知の方がおられましたら、ご指導お願いします。




注1)ここでは、大韓民国と北朝鮮の両国を示します。尚、在日朝鮮人についても、是非とも発音表記を前提としたいものです。音読みで勝手に表音を変えてしまうのは無神経に思えます。

注2)非常に広範囲ですね。中国系の氏名とご了解ください。

注3)全く別な話になりますが、中国政府が開発中の宇宙ロケットは、漢字では「神州」と表記しております。しかし、英文名は別な名前をつけており、「神」を連想させないしたたかさを感じます。英語では、「神の国」と名づけている点を強調すべきではないでしょうか。反中国運動ではなく、牽制のひとつとしてですが。

母娘の会話

とある雑誌への投稿で読んだ話です。

思春期に入った娘が父親を毛嫌いしていたそうです。悪口も激しく、段々と聞くに堪えない内容になっていったとか。そこで、母親は一計を案じます。「あんまり酷いことを言わないで。あれでもお母さんの元彼なんだから。」と言ったところ、娘の悪口が止んだ。という内容でした。



ところで、
じゃあ、前彼は誰だよ?
と思ったのは、わたしだけでしょうか?



ご紹介したい本

先だっての記事「北京の憂鬱」の註6にて既にご紹介させて頂いた呉善花(オ・ソンファ)拓殖大学客員教授(2003年10月時点)の著作に「韓国人からみた北朝鮮 PHP新書」という本があります。内容は、現在の北朝鮮の政治体制と李朝時代の政治体制の比較を行ったものです。本日は、同書の序章に書かれた内容についてご紹介させて頂きます。

P20には、相手国を理解しがたい国だと判断停止をする危険について述べられています。事例として、米国ネオコングループが日本の真珠湾攻撃とイスラム原理主義者の同時多発テロを同一視している点を挙げています。

P20からP21にかけての記述では、「しかし日本人ならば、特攻隊は決して一般市民をまき込むような
攻撃をしないという行動倫理をもっていたことをよく知っている。イスラム過激派の自爆テロにはそれがまったく欠如していることをはっきりと指摘できる。にもかかわらず、アメリカ・ネオコングループには、この二つが同一のものとしかみえていないのだ。」と指摘しております。

続けて、
「それはなぜなのか。彼らにとっての「後進的な地域」の民族意識も宗教意識も、自分たちには理解不能だという判断停止が行われているからである。」と、女史は鋭く深い洞察を述べられております。

この視点は、他国(特にアジア諸国)を学ぶ上で非常に重要な鍵を握っていると思います。同書に出会えたことを幸せに感じております。


西安の憂鬱

憶えている方はいらっしゃいますでしょうか?西安に留学していた日本人学生たちが不適切な寸劇を学園祭で演じ、顰蹙をかった事件です。

本当の事件は、この直後に生じました。寸劇の内容が悪質なデマに変化して広がり、暴動が生じました。

学生たちは謝罪して、留学を中断し帰国しました。騒動の原因になるような寸劇を演じたのは、脇が甘いと言われるかもしれません。でも、そこまで厳しい事を言われても仕方ないのは社会人の場合です。

現地の事情に通じた政府の代表者が無力な一個人にすぎない学生に手をさしのべずして、留学継続は不可能です。

さて、ここからが問題です。外務省は何をしていたんでしょうね?悪質なデマに対しての抗議をしたんでしょうかね?(一応、伝えたとかいう子供の使いではダメです。社会人の仕事なんですから、先方に非を認めさせないと結果を出したといえません。そういう意味では、結果を出していないと思います。)何故、留学生たちが学業を継続できるような道筋をつけられなかったのでしょうか?中国研究者候補が減ることは、国益にも反すると思えます。


日本のメディアも学生の軽率さを指摘していましたが、デマに変化した点を抗議しようとしないのは何故なのでしょうか?問題の本質は、アホ学生の軽率さにあるのではなく、デマによる日本人被害ではないのでしょうか?理解に苦しみます。






参考URL
西安・反日学生暴動
http://kamomiya.ddo.jp/Souko/C01/Mizuta_N/Boudou.htm

国内新聞報道
http://www.geocities.jp/mdkenji/sub2.htm

濁音

右上についている例の点々のことです。
有ると無いでは大違いですね。

カキ:食べ物の一種。柿もしくは牡蠣。
ガキ:うちのアホ息子。餓鬼。
カギ:アホ息子には渡せないもの。鍵。

タンカ:救急車で運ばれる時に乗せられるもの。担架。
タンガ:救急車で運ばれる時に穿いていると恥ずかしいもの。
ダンカ:救急車で運んだけどダメだった時に残された家族。檀家。

ニンショウ:これがないと認めないこと。認証。
ニンジョウ:認証なしで認めること。人情。

ネバル:頑張ること。粘る。
ネハル:頑張れずに、京都で居眠りすること。寝はる。
ネパール:国の名前。

パイプ:上の口で咥えるもの。
バイブ:上でも下でも咥えるもの。
ワイフ:昔は上でも下でも咥えてくれた人。

バール:金庫をこじ開ける道具。
パール:金庫をこじ開けた後に取るもの。真珠。

ハンチョウ:グループの代表者。班長。
バンチョウ:これもグループの代表者。表と裏がある。番長。

ヒル:夜の反対。昼。
ビル:夜の反対の時間にいる場所。類似語に「会社」がある。
ピル:彼女に飲んでもらうもの。低容量ピル。
ビール:彼女に飲ませてもらうもの。麦酒。
ヒール:彼女に踏んでもらうもの。ハイヒールやピンヒール。

フール:バカのこと。
プール:バカが落ちるところ。

へア:昔は隠さないといけなかったもの。
ペア:昔は隠さないといけなかったものを見せ合う仲のこと。
べア:小噺に出てくる昔は隠さないといけなかったもの。例)熊の毛皮を撫でながら、「そういえば、女房がよろしくと言っていました。」

マンゴ:デザート。
マンコ:メインディッシュ。



如何でしたか?お口にあう言葉は、
見つかりましたでしょうか?

南京の憂鬱

南京には日本軍による虐殺を展示した博物館があるそうです。
事件の真相は有無を含めて解明されておりませんが、
民間人に被害がなかったとも考えられません。

但し、問題はその被害者数にあります。中国政府の主張では
30万人以上が虐殺されたとなっています。
この主張が本当であれば、帝国陸軍は
南京市民の150%を虐殺
したことになります。(注1)

日本人の発想としては、不正確な数値の提示は、
主張そのものの整合性・精度を失効させるという
考え方があります。日本人でなくても、
まともに考えれば
当り前の話だとも思えますが。

誤った数値に基づいた教育を中華人民共和国政府が
行ってきた結果が、先の反日運動ではなかったのでしょうか?
自国の教科書について意見を受けるのであれば、日本政府
として明らかに誤りと認められる数値についての訂正を
もとめるべきではないのでしょうか?

パンダを借りて喜んでいる場合じゃないと
おもいますが、如何思われますか?


注1)太平洋戦争中の米軍は、大量の爆弾を落として東京を焼け野原にした(東京大空襲)にも関わらず、死者10万人です。地上戦で、その3倍の人数というのはあまりにべらぼうではないでしょうか?

成都の憂鬱


被災された多くの方々にお見舞い申し上げます。




成都は、まるで水墨画を思わせる美しい街並みを
みせてくれます。三国志では、蜀の都として描かれ、
ファンも多いかと思います。

その美しい場所が大地震を被災したことは悲しいことです。





話は飛びますが、チベット族の地震の被害は、
当局の弾圧による被害より小さいと思えるのは
偏見でしょうか?何の根拠もないのですが。

北京の憂鬱

各国で行われた一連の聖火リレーで沿道を埋め尽くして翻った紅旗を見て、みなさまはどう感じられましたか?嫌悪感に近い感情をminichiは得ました。中国政府の一方的な物の言い方(客観的とは思えない成功したとの同国外務省コメント)、冷静さを欠いた中国国内での反仏運動(領事館、日本メーカーの広告塔や日本食レストランが破壊された反日運動を思い起こさせます。)、オリンピックを開催できる環境にないのではという不安(大気汚染を理由にマラソン世界チャンピオンが棄権、未解決の農薬混入事件、スタジアムの耐震強度)と、様々な嫌悪と不安を煽るに十分な材料が出てきます。

背景に中華思想を感じられずにはいられません。中原を制する漢民族を中心に周辺の蛮族を征圧し
世界を形成するという発想です。(註1)では、周辺の蛮族とは何処でしょうか?日本列島、朝鮮半島、インドシナ半島、中国大陸東北部(モンゴル及び満州族)、チベット、現在のウイグル自治区といった歴史的に朝貢してきた地域及び中国国内として扱われてきた地域といえます。

中国と周辺地域の関係を中国と韓国の関係を事例に考えてみたいと思います。最近の事件としては、ソウルでの聖火リレーに際して中国人留学生の起こした暴動事件に対して、中国政府は留学生を擁護するコメントのみを発表し、韓国世論の猛烈な反発を招きました。この他の例としては、韓国に輸入された中国産キムチからギョウチュウが発見された直後、中国政府は韓国産キムチからギョウチュウが発見されと発表し、輸入禁止の処置をとりました。(註2)韓国政府がデーターに基づいた発表を行ったのに対して、中国政府はデーターの提示をしておりません。報復と受け取られても仕方のない対応と思えます。(註3)また、歴史解釈の問題となりますが、中国政府は高句麗を中国の地方政府であるとの見解を提示して韓国の猛反発を招いています。この問題は、中国東北部は誰の土地かに関わる問題だけに双方が譲歩できる環境にはないでしょう。

これらの事例が、中原と周辺の関係を示していると考えられます。その関係を周辺の立場から眺めるとき、中国政府は高飛車な姿勢をとっていると言えるのではないでしょうか。

ご注意頂きたいのは、潜在的に上述の発想があるという意味であり、現在の中華人民共和国が漢民族を中心とした民族主義の国家という意味ではありません。建国そのものは、日本を筆頭に諸外国から侵略されてきた国土を自身の手に戻すという極めて自然な理念に基づいています。問題を難解にしているのは、建国に至る経緯(註4)と複数の民族・宗教・言語が国家を構成する点にあるといえます。

中華人民共和国は、多様性を内包するが故に、紅旗のもとに統一を訴えざる得ない事情を感じます。(註5)故に、民族を単位とした国家は許せないという問題をはらんでしまったのはないでしょうか。

チベットについて言えば、1959年に解放したことになっています。本当にそうでしょうか?解放された筈のチベット人が騒ぐのは何故でしょうか。内モンゴル自治区とモンゴル国の境界線があるのは何故でしょうか?現在の境界線が正しいと言える根拠は何でしょうか?

東北三県には多くの朝鮮族がハングルと中国語併記の生活をしておりますが、北朝鮮と中華人民共和国の境界線があるのは何故でしょうか?現在の境界線が正しいと言える根拠は何でしょうか?

ウイグル自治区は、イスラム教という明らかに相容れない思想を背景にした民族が多数派になっていますが、中華人民共和国に内包されるべき根拠は何でしょうか?

これらの問題もしくは不明瞭な点を抱えた中で、彼らの進むべき道は無意識であろう中華思想をいかに彼ら自身で乗り越えるかにかかっていると思えます。自省なき主張は、周辺地域が中国に対して感じる嫌悪感を増大させるだけのように思えてなりません。

同時に、日本自身も中国の不可解さを理解しようとする努力を継続する必要はあるかと思います。(註6)






註1)国分良成/著 中華人民共和国 P35  ちくま新書 第4刷

註2)同様のことは、マックスファクターに非合法成分有との中国政府発表による混乱が生じた事件と酷似しています。流言被害により、返品問題や同ブランド店舗や看板への破壊行為が生じました。しかも、日本の経済産業省も外務省も役立たずのまま、事件は記憶から遠ざかろうとしています。

註3)日本で生じた冷凍餃子への農薬混入事件でも、外務省って何?と思われた方は多いのではないでしょうか。彼らの本職は語学屋ですか?反日運動の事件処理も同じですが、領事館だけ直れば良いと思っているのでしょうか?本当に男気のある外交官達がイラクで命を散らし、またはタイでの麻薬捜査の過程で奥様まで道連れにされて惨殺されています。生き残っているのは、ゲリラに占拠された日本公館から仮病をつかって自分だけ助かったような外交官ばかりなのでしょうか。

註4)満州族の清朝が諸外国に領土を割譲され、日中戦争と国共内戦を経た。これだけでも複雑な心理が働くことは容易に想像できると思われます。

註5)張承志/著 小島晋司・田所竹彦/訳 紅衛兵の時代 岩波新書 第1刷に、回族出身の著者が体制の内側から矛盾と疎外感を感じていく様子が描かれています。

註6)理解しがたい他国を理解する努力が必要であるという点について、呉善花拓殖大学教授(2003年10月時点)が素晴らしい考察を行っております。別な機会にご紹介させていただきます。

23時のターミナル駅

夜、23時。列車は静かに、そのターミナル駅のプラットホームに滑り込んだ。木曜の夜だからか、車内にはざわざわとした賑わいが感じられていた。そんな雰囲気は、何か違う世界からの雑音のように耳に飛び込んできていた。

ゆっくりと減速した列車がホームでほぼ止まろうとした時、ガラス窓の向こうに一人の女性が映った。白いスーツスカートに白いパンプスを履いていた。黒いロングヘアは胸元を十分に隠す長さだった。もの憂う瞳をしており、ガラス越しに視線が交差した。縺れてしまった糸のように、互いの視線を外すことが出来なくなった時、わたしの耳から一切の雑音が消えた。

音の無い世界にいたまま、列車のドアが静かに開くのを待った。彼女の立つホームとわたしの立つ車内は、僅か3メートル程だった。無理に距離を変えると絡み合った視線が引きちぎれてしまうような錯覚を感じた。

数秒後、列車のドアはゆっくりと閉じた。そして、彼女は










いきなり、立ちゲロ。


こんな感じでした。
ma



数年前の実話です。

ジャカルタの憂鬱


インドネシアの首都です。至るところ、すなわち屋根に
なるものがある場所には人が住み着いています。
高層ビルが立ち並ぶ反面、全てのビルが高い壁で
敷地を囲われ、ゲートには警備員が配置されている。
それ以外がスラムと化した街。ちょっと大袈裟かも
しれませんが、そんな印象を持たせる国です。
豊富な天然資源に恵まれています。(OPEC脱退を
先ごろに示唆しましたが、産油国であることに変わりは
ありません。)それなのに、一向に貧困問題が
解決されないのは何故でしょうか。

北京のオリンピックの聖火リレーは、インドネシアにも
隣国マレーシアにも来ました。マレーシアは計画通り、
華人たちの盛大な応援のもとに行われましたが、
インドネシアは一般道での聖火リレーを変更し、
スタジアムの周囲のみに限ったイベントになりました。
並んで位置するこれら2カ国の違いは注目すべきものが
あると感じました。

両国の大きな違いの理由は、華人の人口比にあるように
思えます。人口2億3千万人のインドネシアにおいて、
90%がイスラム教徒であり、華人は人口のたった3%
しかいないと言われております。一方、その3%の華人が
同国経済を実質支配していると言われています。(註1)

この極端な貧富の差と宗教に由来する嫌悪感(註2)
不満として蓄積され、ある時点で暴発することは
考えられます。実際に、1998年5月14日のジャカルタ暴動は
「学生による反政府集会」が起爆剤となり、
「華人への略奪と暴行」に変質したと考えられます。(註3)

インドネシア当局が警戒していたのは、沿道を埋める
華人グループとイスラム教徒グループの衝突、
そして、それに起因する暴動だったのではないかと
推測しております。上述のジャカルタ暴動では、
2万5千人の華人が国外へ脱出し、彼らか財閥で
あるが故に経済復興に行き詰まりをもたらした模様です。

国民感情と経済の舵取りのバランスが難しいことを聖火リレーの
コース変更に現れたのではなかったのでしょうか。
あくまでも、憶測の域をでませんが。




註1)大槻重之氏/著の「インドネシア専科 http://www.jttk.zaq.ne.jp/bachw308/page002.html」の中、F-8 華僑と華人/670.白手起家には、「インドネシアの中国系住民の正確な数字はない。<中略>一般的には総人口に対する比率は3%程度で5~6百万人」との指摘がある。同じ数値は、水本達也氏/著 インドネシア 中公新書 にも記載されている。但し、人口統計の2.3億人に3%を掛けると約7百万人となる。半同化中国系住民のカウントの仕方で誤差がでると推測される。尚、華人が同国経済を実質支配しているとの記述は、水本氏の著書である「インドネシア」から引用した。

註2)豚肉を不浄とする人々と豚肉を好んで食べる人々では、会食をともにする事すら難しいでしょうね。

註3))大槻重之氏/著の「インドネシア専科 http://www.jttk.zaq.ne.jp/bachw308/page002.html」の中、F-8 華僑と華人/682.5月暴動事件の受難には、「インドネシア民衆の不満は華僑問題にからめて暴発するというのが、オランダ時代からのパターンである。1980年11月のソロ事件、1989年のプカロンガン事件、バンドゥン事件、1994年のメダン事件等々インドネシア各地の事件は中国系商店が襲われることであった。そして1998年5月のスハルト退陣となった暴動事件では華人の商店が襲われるというインドネシアのパターンがまたもや踏襲された。「スハルトは大統領をやめろ」という要求が中国系の商店の強奪になるのはインドネシアの生理である。 首都騒乱の中でついにスハルト大統領は辞任した。グロドック(→157)の電気屋街などチャイナタウンの商店は放火された。スーパーで略奪していた民衆が放火によって400名が焼死した。1998年5月のジャカルタ暴動の際、通行中の車の中から中国系の女性が引きずり出されて強姦された。華人の居住するマンションに武装集団が押し入り「アッラーは偉大なり!!」と唱えながら女性を集団で強姦した。犠牲者150名、無残な殺され方をした者もいた。」との指摘がある。






フィリピンの憂鬱

マニラ行きの飛行機に乗られた方に
お聞きしたいのですが、
他国行きと比較して
客層が違う
と思われませんでしたか?

さて、そのフィリピンですが、ルソン島を中心に7000以上の
島々から構成される8300万人の国。正式名称は、
フィリンピン共和国です。(註1)



香港にせよ、シンガポールにせよ、
休日になると沢山のフィリピン女性で
埋め尽くされる場所があります。
彼女たちには2つの共通点があります。
まず一つ目は、
全員が■ス
だということ。
二点目の共通点は、彼女たちの仕事が
住み込みメイドだということ。

休日は外出し、仲間と待ち合わせ、情報交換やら
愚痴やらとお喋りに興じるようです。

もし彼女たちが美人だったら?
国内屈指の美人ならマニラで水商売でしょうね。
海外になんか出かける必要はありません。
金持ちの妾にでもなれば、食べていけます。
アジア全般に共通して言える話ですが。(註2)

ある程度美人なら日本とかで水商売でしょうか。
フィリピンパブで働けば、住み込みメイドの
何倍も稼げます。
但し、売春を強要されたりとかパスポートを取り上げられて
軟禁されたりと悲惨な話も沢山聞きますね。

冷静に考えると、これって酷い話だと思います。
例えば、彼女たちが大学を卒業し、教員免許を取得していても、
学校で学んだことを活かす場がない事に不合理さを感じます。
受けた教育とは無関係に美醜を基準に、
仕事内容と稼げる金額が限定されてしまうのは
あまりにも理不尽ではないでしょうか?

今、日本ではフィリピン人看護婦の受け入れについて
検討が続いています。わたしは、どんどん受け入れるべき
だと思います。学んだスキルを発揮する場を提供していく
べきだと思います。

問題解決の根本は、華人たちが富の再分配方法について
考えていかねばならない点にあるように思われます。
次いで、母系社会からの脱却が課題と思われます。(註3)
これらは即ち、フィリピンの国内問題です。
残念ながら、専門外なので、これ以上論じることは
できません。どなたか、滞在経験などを含め、
同国についてコメントや考察をご教示頂ければ幸いです。



註1)竹内啓一/著 世界各国地理 第三版 P28

註2)日本人女性も第二夫人や第三夫人として東南アジアで暮らす事例は沢山あるそうです。金持ちの妾、否、第二夫人でも現地の日本人会では顔役になれるとか。代表格は、神戸の喫茶店でウェートレスをしていた■ビ夫人でしょうか。NY社交界ではエンガチョされたことに逆ギレして逮捕されましたね。なんにせよ、あまりにも大きなテーマなので、ここでは詳細を割愛いたします。

註3)母系社会の文化を否定するのではなく、何が何でも女性(母なり娘)が一族の食い扶持を支えるという発想への疑問とご理解ください。娘が売春したお金で自宅を新築するのは行き過ぎた依存だとは思いませんか?

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: