FC2ブログ

サイゴン陥落



ヴェトナム語ではコンチムといえば小鳥の意味だそうです。但し、隠語では、オマンコの意味になるようです。かつての宗主国であった仏国では、コンといえばオマンコです。なにやら共通点を感じます。(脱線)

一方、英語ではプッシーを直訳すれば子猫、隠語ではオマンコです。ヴェトナムが鳥で米国が猫。この鳥と猫の戦争は、ヴェトナムの勝ちとなりました。なにやら、トムとジェリーみたいな話です。猫が徹底的にやられるあの漫画です。

さて、猫ならぬ米国は、1975年4月30日にサイゴンが陥落し、敗戦を経験しました。



参考文献
近藤紘一 著/サイゴンから来た妻と娘 文春文庫 第16刷



スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

場所



彼とのセックスで燃え上がる場所というのはあるのでしょうか。ラブホテルだけがセックスの場所ではありません。

カーセックスは燃えそうですね。人目を気にしながらもエッチになれます。

ひと気のない森の中も燃え上がりそうです。木々の匂いに男女の匂いが混ざります。

彼女の自宅でセックスするのも燃え上がりそうです。

普段は家族と過ごしている居間で行う性交は激しくなりそうです。台所で立ちバックも淫らさ満点でしょうか。台所は毎日の仕事の場ですし、主婦としても自分専用の領域のような場所です。その場所で背後から彼に挿入される経験は、お料理の度に激しいセックスを思い起こさせてくれそうです。


どなたか、いらっしゃいますか?自宅の台所でセックスされた奥様。



立ちオナニー



肩幅に足を広げ、若干の中腰姿勢で女性がオナニーする姿には興奮します。膝をがくがくいわせながらイッテしまう様子はSMの要素もあり、女性自身も被虐感を味わいながらのオナニーが出来るのではないでしょうか。

イキにくい姿勢だけに、イク時には溜め込まれたエネルギーが一気に噴出するかと思います。潮吹き癖のある方は浴室で試されるとよいかと思います。

お試しになった方、お知らせください。



IT機密開示



4月24日付けの読売新聞の一面の見出しは、「IT機器開示 中国強行」でした。以下、同紙の記事から引用させていただきます。

制度は、中国で生産・販売する外国製品の情報技術(IT)製品について、製品を制御するソフトウェアの設計図である「ソースコード」の開示をメーカーに強制するものだ。<中略>拒否すれば、その製品の現地生産・販売や対中輸出ができなくなる。どの先進国も採用していない異例の制度で、非接触ICカードやデジタル複写機、金融機関向けの現金自動預け払い機(ATM)など、日本企業が得意な製品も幅広く開示対象になる可能性がある。<中略>日米欧の政府は詳細が分り次第、中国側に問題点を指摘し、制度の見直しや撤廃を求めていくことになる。

となっております。

まず、ソースコードの開示について先進国で異例の制度と書かれていますが当り前です。ソースコードの開示要求などという非常識な要求をするだけで性質を疑われても仕方ありません。

日本政府は、中国内で日本企業が困窮しても政治的な対処をしてはくれません。(きっぱり)おそらく、日系企業が企業ごとに狙い撃ちされていく懸念がございます。きっと、外務省も政府は助けてはくれないと思います。

更に、ソースコードが開示された場合には、高品質の模倣品が製造される恐れが生じます。恐れが生じるというより、製造されると言い切ってもよいかと思われます。家電製品や自動車や工作機械に至るまで、ソフトウェアによる制御がいきわたっております。膨大な開発費を投じて得たソフトウェアをタダで提供できる筈がありません。現在、各国の多くの企業が中国での模倣品問題に頭を悩ませている最中、ソースコードの開示要求は破廉恥きわまりない要求だと言えます。



アナルでオナニー



フロイトの提唱した発達段階では、アナルは肛門期として通過すべき時期として説明されております。故に、アナルで感じたかつての淡い快感を思い出すだすことは重要です。論語の為政にも、「故きを温ねて新しきを知れば、以って師為るべし」と述べられております。即ち、温故知新です。旦那とのセックスを忘れて彼氏を作れば、マンコ知新です。(意味不明)

今こそ、原点に立ち返るオナニーをしようではありませんか。この際ですからアナルでオナニーして、性別の垣根を越えてしまいましょう。(支離滅裂)


指をいれて良し、バイブを入れてよし、お試しになった方、お知らせください。



コスプレ



コスプレ用の衣装を貸し出ししてくれるラブホテルが最近はあるようです。顧客サービスの一環でしょうが、誰が着たのか分らない洗濯なんかしちゃいないであろう衣装を着るのも気が引けます。どなたかのブログでドライクリーニングの袋に入っていたとはありましたが。

さて、コスプレといえば何かに変身してみせる点に醍醐味があるのでしょうか。女子高生やナースがスタンダードなのでしょうか。なんか、ナイロン製のHな衣装を想像してしまいます。意外と人気がありそうなのが、きちっとした制服でしょうか。キャビンアテンダント(昔はスッチーと言うも、今は死語)や婦人警官などいいかもしれません。

個人的には競泳水着(ワンピース)やレオタードを着てもらって股間に大きなしみを作って頂くのは趣きがあってよろしいかと。



Try out


日本の中学校なり高校では、当人の意思で部活動を選べます。野球やサッカーといった経験がないと周囲についていくことが難しいスポーツはありますが、基本的には自分のしたいスポーツを選べます。米国の場合、シーズン毎にチームが結成されます。日本のように自分の意思で入部は出来ません。Try outとよばれる試験に合格して、その年のチーム入りをしないとプレーできません。

二カ国の大きな違いを挙げるなら、日本では運動が不得手でも何かしらの運動部に所属できるが、米国ではチームに入れないと言えます。4番でピッチャーでQBこなして3Pも決めまくりチアリーダーが彼女なんて生徒が出現する訳です。裏をかえせば、運動が出来るわけでもなく成績もぱっとしないその他大勢の生徒には観客の役割しか残されていません。

格差という言葉があります。米国の場合、コドモの頃から強い者が総取りをする仕掛けが作られているように思えます。米国は、居心地のいい国だとはミニチには思えません。

幸いにして日本に生まれ育った子供達には、中学に入ったなら何かしらの運動部に入ってほしいと思う次第です。



最初に見せる人



新しい下着を買ったとします。

どなたに最初にお見せになりますか?彼氏のいる奥様なら、真っ先に彼氏でしょうか。普段穿きと勝負下着では違うという話もありそうです。

男性としては、真っ先に自分が見せてもらいたいと思うように感じます。





オナニーをされる際、鏡は使われますか?

全身を映して、自身の表情と格好に酔う。

手鏡で局部を映して観察して興奮する。

人それぞれに鏡を使う目的が違うかもしれません。お試しになった方、ご一報ください。



その夜の食卓



歩くか歩かないかの月齢の赤ちゃんの寝顔を見つめ、近所では美人で評判の奥様と向かい合わせで夕食を囲んだのでしょうか。まさか、翌日に妻子が強姦目的で侵入した少年に殺され家族を失ってしまうなどとは思いもよらなかったことでしょう。

丁度10年前の出来事でした。1999年4月14日午後2時半頃、山口県光市のアパートに住む会社員男性(当時23)方に、当時18歳1ヶ月のF被告が排水管の検査を装って、強姦目的で侵入。男性の妻(当時23)を強姦しようとしたが抵抗されたため、首を両手で絞めて殺害後、姦淫した。死姦など鬼畜同然の所業です。これ以上の被害者への冒涜はありえないように思えます。生き返らせるまじないなどと犯人が発言したそうですが笑止千万。精神鑑定をあてにしたのでしょう。見え透いた無反省な姿勢です。

さらに、そばで泣いていた長女(当時11ヶ月)を床にたたき付けた後、持ってきたひもで首を絞めて殺害しています。赤ちゃんを床に叩きつけただけでは足りずに絞殺しているのです。挙句に財布を奪って逃走しました。

犯人は少年でした。事件後には友人の家やゲームセンターなどに寄っていたが、4月18日に逮捕されています。山口家裁は6月4日、少年審判で検察官送致(逆送)を決定。6月11日、被告は殺人等で起訴されました。

未成年の犯罪ということもあり、一審で無期懲役判決、控訴審でも検察側控訴棄却となりました。その後、無期懲役判決支持、上告審にて二審判決破棄の上、高
裁差し戻しとなりました。差戻二審(2008年4月22日)で一審判決が破棄されて死刑判決となりました。犯人は上告し、最高裁で争っています。さっさと上告を取り下げればよいのにと思えてなりません。

強姦目的で、その子供までも殺した犯人が少年(現在28歳)だったからといって、極刑は逃れられないように思えます。



それにしても、犯行前夜までの幸せだったであろう家庭が一転したことを思うとなんともやりきれない気持ちになります。




エッチな奥様コンテスト

久しぶりのミニチテストです。今回は、奥様のエッチ度チェックになります。皆様、メモをご用意ください。


1つ2点で計算して、100点満点です。

1)夫がいるけど、彼もいる。もしくは、彼が欲しい。
2)週の半分はオナニーしている。
3)ディルド・バイブまたは電マで性器を刺激したことがある。
4)部分剃毛したことがある。
5)鏡を見ながらオナニーしたことがある。
6)オナニー姿を撮影・録画したことがある。
7)テレフォンセックスでイキ声を聞いてもらったことがある。
8)セルフヌードを撮影、または彼にヌードを撮影されたことがある。
9)ヌードを雑誌・ネットに投稿したことがある。
10)精液を飲んだことがある。
11)自宅で彼とセックスしたことがある。
12)自宅の台所で彼とセックスしたことがある。
13)彼と生入れ・中だしセックスをしたことがある。
14)アナルに指やバイブを入れたこと・入れられたことがある。
15)彼とアナルセックスをしたことがある。
16)彼にオナニーを披露して達する場面を見せたことがある。
17)ノーパンで外出したことがある。
18)その外出先のトイレで全裸になったことがある。
19)ついでに外出先のトイレでオナニーしたことがある。
20)シャワーホースまたは股縄でオナニーしたことがある。
21)全剃毛したことがある。
22)洗濯ばさみで乳首や性器を挟んだままオナニーしたことがある。
23)歯磨き粉をクリトリスに塗り、オナニーしたことがある。
24)浣腸してオナニーをしたことがある。
25)浣腸して外出したことがある。
26)バイブなどの異物挿入をしたままで外出したことがある。
27)ジャグジーでオナニーしたことがある。
28)ホテルの廊下に全裸のまま出たことがある。
29)ホテルの廊下でオナニーしたことがある。
30)自宅のベランダで露出したしたことがある。
31)自宅のベランダでオナニーしたことがある。
32)自宅の玄関で全裸になったことがある。
33)自宅の玄関で外を眺めながらオナニーしたことがある。
34)仕事の合間にオナニーしたことがある。
35)飛行機の座席またはトイレでオナニーしたことがある。
36)おしっこ姿を見せたことがある。
37)おしっこを飲んだことがある。
38)車内でオナニーしたことがある。
39)車内でセックスしたことがある。
40)車内から全裸で外に出たことがある。
41)首輪をつけてもらったことがある。
42)スパンキングされたことがある。
43)鞭打ちされたことがある。
44)蝋燭を垂らされたことがある。
45)緊縛されたことがある。
46)彼から他人に貸し出されたことがある。
47)彼用の勝負下着を持っている。
48)夜間の公園などの屋外でセックスしたことがある。
49)昼間の屋外でセックスしたことがある。
50)潮吹きをしたことがある。



さあ、何点でしたでしょか。意外とエッチな自分にお気づきになられたのではないでしょうか。



テポドン2発射



ミサイルの発射は予定通りに行われました。北朝鮮のような国家相手に外交で事を解決する手段はないとはっきりしたのではないでしょうか。

北朝鮮といえば、世界広しといえどもこれだけ神経を逆撫でしてくる国もありません。夜郎自大という言葉がぴったりはまります。軍備による脅威を与えないと際限なく増長するということは、今回の発射ではっきりとしたのではないでしょうか。

米国も西海岸に達しないミサイルには興味を示しませんでした。他国をあてにした防衛など最初から存在しないのです。



テポドン、再び


1998年の8月に日本上空を通過して三陸沖にテポドンが落下しています。他国の上空を人口衛星と称してミサイルを飛ばす行為に対しては、はなはだしく不愉快かつ不安な感情を禁じえませんでした。

再び、その北朝鮮はテポドンを4日から8日の期間内に発射しようとしています。懲りないというか、議論の余地を感じさせないというか、北朝鮮という国には不快な念しか感じません。

呆れた話でしたが、早々に日本政府は空中での迎撃が難しいという見解をリークしています。一体、どういうことでしょうか?ミサイル攻撃には対処できないとお手上げという意味にも聞こえます。

ミサイルの被害もさることならが迎撃ミサイルの破片も国内に落下すれば被害が生じます。こちらの被害のほうが大きいかもしれません。

空中迎撃が難しいのであれば、航空兵力の拡充にて発射基地の先制攻撃以外に発射を阻止できないということでしょうか。



潮吹き



4月3日は、シミの日です。

そうです!潮吹きの日です!ぴゅーぴゅーと潮を飛ばしまくって、大きなシミを作ってしまいましょう。

予め、バスタオルを腰の下に敷いておくと後片付けは簡単なようです。



しゃがみパンチラ祭り



なんともまあ、下品なタイトルです。

幼稚園の入園式や小学校の入学式では、スーツスカート姿のお母様たちのしゃがみパンチラを拝見するには絶好の機会です。園児・児童のお世話でしゃがむ機会が多いのです。ミニチも何度か目撃させて頂きましたが、大半はガードルだったように記憶しています。まだまだ冷え込みますものねえ。

入園式・入学式にご出席されるお母様方はエロオヤジ達の熱い視線で股間を焦がされぬようご注意ください。



ブログ


今まで、皆様にはお世話になりました。見知りらぬどなたかが画面の向こうで記事を読んでくださることはとても励みになりました。また、気の利いたコメントを多く寄せて頂いたおかげで、コメント欄を楽しんでもらいたいという狙いもある程度は達成できたと思います。

かような日々を送ってきた上で残念なのですが、諸般の事情により今日限りミニチブログを閉鎖します。



















なーんちゃって。
嘘ぴょん。




プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: