FC2ブログ

ストリップ

ストリップといえば、徐々に脱いでいくアレです。細かな定義を何処かで読みましたが内容は忘れました。ダメじゃない。

米国だとストリップポーカーというゲームがあります。負けた人から脱いでいきます。日本だと野球拳でしょうか。更にエスカレートすれば王様ゲームでしょうか。

そういえば、玉姫殿(注1)という結婚式場でお色直しをした新郎新婦がゴンドラで登場する仕掛けが流行りました。あれは、関西ストリップを観た社長がアイデアにしたそうです。今は誰もしないでしょうね。昔話です。

舞台の上でセックスするショーもあるようです。

本番生板ショー。

生々しいネーミングです。よくもまあ、舞台に上がる客もいるものだと感心してしまいます。風俗に行くオカネすら持ち合わせていないということでしょうか。

女性用男性ストリップもあるようです。ビキニにお札を突っ込むついでにお触りできます。男性より、女性の方がお触りは遠慮なしだそうです。女性用男性ストリップの場合、チップをはずむと別室でお触りしたり握ったりもできるようです。ホスト遊びの一歩手前でしょうか。



皆さまは、ストリップにご興味はございますか?



注1)玉姫様というナンバーを戸川純は歌いました。無関係です。



スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

エッチな記念写真

旅行先、例えば高校の修学旅行とかでお友達と一緒にセクシー写真を撮影された方は多いかと思います。

今は携帯電話にカメラが付いていますから簡単に撮影出来ます。カメラ屋さんに現像に出す必要はありません。

昔のカメラ屋さんは陰毛が映った写真の現像を拒否していました。


大昔、ボムという中学生向けエロ本には女性からの投稿もありました。中学生向けエロ本というのも変ですが、そういう雑誌はありました。

そこには、女子高生達が修学旅行先で撮影したセクシー画像(バスタオルでバストとヒップを隠すとか。過激だと、オッパイ丸出しや丸真裸。)だったり、女性達が互いに撮り合ったヌード写真でした。



皆さまは、お友達とエッチな記念撮影をされたことはございますか?



恋愛賞味期限

特に不倫の場合は、とりあえずは互いに味見してみないと続く関係か否かは分からないでしょうか。但し、味見を繰り返す内に病気になると大変です。味見がバレる恐れもあります。

セックスレスでもない限りはバレるでしょう。治る病気もあれば、治らない病気もあります。下手をすれば家庭崩壊です。

40代女性に出会い系詐欺被害が多いのはこういう点もあるように思えます。あとは、出会い系サイトにアクセスしていた事自体を隠さないといけないという心理が働くのでしょう。

続けられる相手に巡り合ったとしても、お互いの環境もあります。転勤とか環境の変化が絡むと関係の継続は難しくなるでしょう。色々と事情はあると思います。

不倫の恋愛賞味期限は、結婚の恋愛賞味期限より長いように推測しています。これは、妊娠・出産・育児に追われる必要が無い点と会いたくても会えないからではないかと推測しています。

結婚生活は家庭毎に考え方の違いはあれど、1人は授かりたいと考えるでしょう。不倫で子供を授かりたいとは普通は考えません。しゃあしゃあと二人目は彼の子供を産みますという女性がいるようですが稀有な例でしょう。

出産以降は男性も育児に協力する必要に迫られます。段々と男女の仲が父親と母親の組み合わせに変質していきます。米国人には日本人夫婦のこういった変化が理解出来ないようです。米国人なら離婚です。州によって違いはありますが三ヶ月のセックレスが離婚を成立させてくれる場合もあります。

携帯電話と写メの普及は不倫を支援してくれています。出会いもそうですが、出会った後も然りです。コミュニケーションをどれだけ助けてくれているか図りしれません。それでも、女性は実際に会いたがりますが。男性には理解しかねる心理だと思えます。

お付き合いが始まってからメールが激減する話を聞きます。単なる性処理女と思われている可能性は大きいです。そもそも、男性はメールしない傾向が強いのですが程度問題があります。やりたい時だけメールが来ると感じたら考え物です。

意外と五年以上のお付き合いをしている不倫カップルさんは多いようです。相性が合うのでしょう。お互いに生活の嫌な面を見ないで済む利点もあるでしょう。

まあ、不倫相手のパンツを毎日洗いたいと考える女性は少ないと思います。



皆さまは、長続きされていますか?





細野邦彦

テレビのプロデューサーで伝説的な高視聴率番組を作りました。

たしか、「日本をダメにした100人」にも列挙されていたと思います。白痴番組を作りまくり高い視聴率を獲得しました。

今の時代に野球拳やラジオの深夜放送話をしても馴染めません。

その細野邦彦氏ですが沢山の白痴番組を作っておきながら、

「俺はテレビなんか観ないよ、あんなのバカが観るもんだよ」

と放言されていました。

テレビ番組は選んで観るものだと思います。作った当人が言っていますから、助言に耳を傾けた方が賢明でしょう。



皆さまは、如何お考えでしょうか?




膣タンク

昔、あるAVを観ました。AVって、死語ですかね。ビデオじゃないですよね。DVDですよね、今は。

それはさておき、そのAVで面白い技を披露していた女の子がいました。

シャワーを膣口に当て、水を膣に貯め込みます。

その後、ジャーっと放水するのです。

当時、米国ポルノでは潮吹き物が出回っていました。

今でこそ、潮吹きは色々な情報が出回っています。実際にはオシッコ説やら、尿の上澄み説やら、別な分泌物やらと諸説が出回っています。

なんでも、いいんですけどね。

オーガズムとは関係ないそうです。失禁に近いのではないかと思います。

話を戻します。

そのAVの女の子がみせたのは潮吹きではありませんでした。シャワー水を膣に貯め込んで放水です。

結構な量が出ていました。

女体の神秘というか、こんなに水が入るのだと驚きました。



皆さまは、膣に水を貯めたことはございますか?





夜明けの風

ローズマリー・サトクリフ氏が書き、灰島かり氏が翻訳されました。ほるぷ出版から発刊されています。

ローズマリー・サトクリフ氏と言えば、「第九軍団のワシ」、「銀の枝」、「ともしびをかかげて」の三部作で有名な作家です。児童文学が中心となります。同書も三部作(図書館だと児童書のコーナーに置かれていると思います。)も小学校高学年であれば読めると思います。

英国史(ローマ史でもあるのですが)が中心となりますが、少年なら引き込まれるであろう世界が描かれています。お勧めします。

ネタバラシは面白く無くなりますので内容について書くことは控えさせて頂きます。

何処かで、良い児童書とは大人が読んでも面白い本だと読みました。成程と思います。

ハイジ(注1)も二人のロッテ(注2)も大人が読んでも読み応えのある本です。ピーターパン(注3)も面白い本です。

日本を代表する児童書に触れないのは気が引けるのですが、とりあえず今日はここまで。




皆さまは、心に残る児童書はございますか?

注1)カルピスまんが劇場(年が分かりますね。)でアニメ化されたがあれは別物。物語のテーマが全く描かれていません。尚、著者は家族達を失うという非常に不幸な境遇に合いながらも同書を完成させた点に注目したいものです。素晴らしい仕事をされました。意外と欧州では知られていないらしいです。

注2)これは映画化されています。児童書で両親の離婚を扱うという非常に稀有な物語です。

注3)翻訳者が変わるとここまで変わると思います。これは原書で読まないといけません。読む気は無いけど。ウェンディが母親になってもピーターパンが見える点が面白いです。(あ、書いちゃった。)




スパンキング

皆さまは、スパンキングはお好きですか?

手でお尻を叩く、スリッパでお尻を叩く、ベルトでお尻を叩く(鞭打ちになりますが。)と色々と叩き方はありそうですね。

バックで腰を使いながら、手でお尻をスパンキングされるのが女性には一番受け入れ安いでしょうか。

民■党のある国会議員は、スパンキングがお好きでブッテブッテ姫と命名されました。アレの真っ最中にハメられながら、

「ブッテ!ブッテ!」

と叫ばれていたのですね。

次の選挙は開き直って、ブッテブッテ姫として立候補して欲しいものです。抜群の知名度を利用しない手はありません。

でも、

「わたし、お尻を叩かれるのが大好きです!」

とか街頭演説で叫ばれたら困りますね。子供にあれはどういう意味?と質問されたら、答えに窮します。

ついでにスパンキング推進法とか提出されては如何なものかと思いますが、どうなんでしょうか。(何が言いたい?)

やはり、手で叩くのが王道でしょうか。赤くなるまで叩きたいものです。いい音を響かせながらのバック、気持イイですよ。

赤くなるまで叩くのは、ある種のマーキング行為でしょうか。

お相手がお子さんとお風呂に入らなければならない場合には出来ませんね。
ママ、お尻が赤いよなんて言われたら、お尻も顔も赤くなります。

「ママはお猿さんなの、ウッキー!」
と誤魔化せるでしょうか?いや、そういう問題ではありませんね。



皆さまは、スパンキングはされていますか?





百貨店国家ニッポン

副題に、不思議の国ニッポン Vol.12とあります。フランス人のポール・ボネ氏が日本について書かれたエッセイ集の一冊です。

1984年5月(1985年プラザ合意前の円高不況期)にダイヤモンド社から刊行され、1987年6月に角川文庫へ収録されております。バブル(1987年-1990年)前夜に書かれたエッセイとなります。

ある日本人の友人が彼と彼の友人(フランス人)の二人を自宅に招いて夕食を共にした後、彼の友人が招いてくれた日本人がゴルフを一度も話題に出さなかったと驚いた話がありました。ポール・ボネ氏は日本人の友人を紳士と紹介していました。当然ですが、この話は教養の無い日本男性が多いと暗示しています。

面白い文章がありました。以下、引用です。

日本とヨーロッパ・アメリカとの貿易摩擦は、欧米側にとってみれば、異教徒との摩擦である。日本側にはおそらくそういう意識は皆無に近いだろう。

当時の輸出は絶好調でしたから(円高不況はありましたが、国際的な競争力は抜きん出ていました。)、今日とは状況が異なります。しかし、異教徒同士が取引をしているという本質的な点は現在も変化していないと感じています。

大韓航空機撃墜事件についても書かれていました。まだ、ソ連という名前の国があった頃の事件です。(ビートルズのBack to USSRなんて曲は、若いビートルズファンには理解できないナンバーでしょうか。)この事件を契機に欧州諸国がソ連(今はロシア)に抱く疑念を日本も少しは理解するようになったと書かれていました。

シベリア抑留について教えてこなかったから、こういう事が起きたのだと思います。1945年の8月にソ連軍が何をしたかをもっと教えていいのではないでしょうか。

ついでに書けば、関東軍が自国民を置き去りにして真っ先に逃げた(当時は転進と呼んだらしい。)ことも教えるべきです。関東軍が中国進出で足を抜けない状況を作りだし、満州国まで作りました。ラストエンペラーは狡猾でした。

ソ連はロシアに変わりましたが、ロシア人はロシア人です。北方領土で彼らがやっていること認識する必要があるのではないでしょうか。

話はそれますが、この撃墜された航空機にお嬢様が搭乗されていたある大学教授が追悼文をどこかで書いていました。お嬢様の顔写真も添えられていました。

驚きました。ペントハウス(だと記憶しています。)で見かけた日本人女子大生の屋外ヌード投稿で拝見したお顔とそっくりでした。米国人は目線を入れないのが不思議でなりません。

フェースブックは、そういう文化土壌があるからこそ、爆発したと思えます。赤字になりましたけど。尚、ヌードの女子大生と撃墜されたお嬢様が同一人物かは分かりません。

以下、引用です。同書で唯一の下品な話です。

エトワールこそないが、この国にはたいていのものがあることは否定しない。何でも東北のほうに行くとハワイアン・センターなるものもあるそうだ。ピラミッドはないが、トルコのふろはたくさんある。

東日本大震災後にフラダンサー達が活躍したことは記憶に新しいと思います。

上述の文章が書かれた頃は、ソープランドと呼ばれていなかった時代ですね。トルコの外交官がタクシーに乗り、トルコ大使館へ行ってくれと頼んだら、トルコ「大使館」に連れて行かれた話がきっかけで名称を改めるようになったとか。

トルコは親日でも有名な国です。空爆の危機が迫るテヘランから日本人を脱出させてくれた国でもあります。大切な友好国に不快な思いはさせたくないものです。



時代背景が異なりますが、変質していない日本社会を垣間見ることが出来るエッセイ集だと思います。



機会がありましたら、ご一読ください。




車内オナニー

皆さまは車内でオナニーされたことはございますか?

意外と簡単です。必要なのはちょっとした勇気と場所選びだけです。

そうそう、時間帯も大切です。夜なら自宅の駐車場でも可能です。マンションの立体駐車場だと難しいのですが。

服装はロングスカートがよろしいかと思います。タイトなスカートは窮屈なのでお勧めできません。上着はノーブラをお勧めします。乳首を弄りたい方の場合です。

ローターを使うのは簡単です。さりげなくスカートの中にローターを潜り込ませて大切な場所に当てます。指で弄るのも結構です。

いい具合になってきたら、ショーツは脱いでしまいましょう。出かける前にノーパンになるのもいいのですがオマンコ汁で濡れますから、スカートを汚す可能性があります。

バイブやディルドを使うとなると難易度は少し上がります。腰を浮かせる必要が難易度を上げてくれます。上半身が動きます。これが怪しい動きに映ります。上半身が動かないのであれば、昼間でも安心して出来ます。

あとは、足のやり場に困ります。ダッシュボードに足を上げるのは危険です。外から見れば何をしているか一目瞭然だからです。まあ、闇夜であれば大丈夫ですが他の車がいつ来るか分かりません。

イク間際になったら、彼氏に電話してみましょう。状況を説明し、誰を思いながらシテいるのかを伝えます。男にすれば悪い気はしません。

声は最高のスパイスになるでしょう。

気持よくイッテ下さい。




皆さまは、お試しになられますか?




帰郷

ジェーン・フォンダが出演しています。この方、米国屈指の俳優さんだと思います。最近は女優という言葉を使わないようなので、俳優と書いてみました。

映画「黄昏」も良かったです。父娘で競演でした。ジェーン・フォンダは父親と競演することで親子関係が変化したとンタビューで話していたように記憶しています。

彼女は、父が出演する映画を観て、普段の父との格差に愕然したと語っていました。画面を観て、あれが本当に私の父なのかと思ったようです。(注1)父娘の確執はかなりのものだったようです。

原題のGolden pondが黄昏になってしまうのは謎なのですけど。悪い翻訳ではないと感じます。

さて、映画「帰郷」は、ヴェトム帰還兵の問題を取り上げています。見応えがあります。実は何度も観ながらも数十年は観ていません。おぼろげな記憶を頼りに記事を書きます。(イイのか、それで?)誤記がございましたらご指摘下さい。

これたま記憶が曖昧ですが、ヴェトナム戦争当時の米国には徴兵制が残っていたように記憶しています。

現代の米国は志願制に移行しましたが、巧妙な罠が張られており、志願へ誘導される仕組みが作られています。以前の記事をご参照ください。

話を戻します。

何故、ヴェトナムまで戦いに行かなければならなかったのか?という疑問です。この問題に直面する二人の男性が登場します。

一人は、ジェーン・フォンダの旦那で、将校です。(たしか、そういう設定だったと記憶しています。間違えていたらごめんなさい。)もう一人は、ジェーン・フォンダの元ボーイフレンド(という設定だったと記憶しています。これまた、間違えていたらごめんなさい。)で車椅子に乗って帰国しました。

高校時代はアメフト部のQBだったという設定だった記憶があります。アメフトのQBである事は米国人に非常に大きな意味をもたらします。日本でいう四番で投手です以上の栄誉があると思えます。元ボーイ・フレンド(だったと思います。)は、それだけの栄光の過去を持ちながらも、命だけ助かって帰国したということになります。抱え込む内面の悩みは筆舌出来ないと思います。

車椅子に乗るまでの負傷をしたが故に、妻子に戦死を告げるという映画もありました。たしか、Yesterday once moreだったかと。母子は実は帰還してリハビリを受けていた夫を捜し出し、再会するという映画でした。あ、ネタバラシ書いちゃった。でも、あまり観る価値のある映画ではないので気にしないで下さい(暴言)。

ヴェトナム反戦世論が帰還兵たちに冷たい視線を浴びせた事は更なる混乱を彼らに与えました。君たちがテレビ観てゲラゲラ笑い、庭の芝生をお手入れしている最中に、僕たちはゲリラから殺されかけていたのだよという思いを帰還兵達は持ったと思います。従軍体験を持つ人から話を聞くとひしひしと感じます。

さて、帰還兵達が感じたであろう疎外感が原動力になったのが、映画「ランボー」でしょうか。無事に帰国しても居場所を得られない疎外感に悩まされます。あの映画がPART2以降は娯楽アクション映画になったのが残念です。

映画「ホット・ショット2」では、銃撃場面で画面上にカウンターが付き、ランボー以上の敵兵を射殺したというギャグが登場します。そういうギャグが発生する位に、映画「ランボー」シリーズは変質したと思います。

話を戻します。

反戦運動に参加する車椅子のヴェトナム帰還兵の姿は訴えかけるものが大きかったです。当事者の声はこれなのだという表現がなされております。そして、権力がそれを排除する様子も描かれています。これ以上のネタばらしは面白くなくなるのでやめておきます。

映画「帰郷」は見応えがあります。お薦めします。他人にお勧めする前に自分で観ないといけません。



皆さまは、ご興味はございますか?




関連:URL:地獄の黙示録



注1)文献を紛失しています。すいません。




オーラルセックス

オーラルセックスと言えば、オクチで相手の性器を舐めます。女性の場合だと、くわえたりもします。

夫婦生活15分という信じられない方々がおります。適当に唾つけて入れて出してお終いということでしょうか。

女性を何だと思っているかと不思議でなりません。

そんなことを続けていれば、女性も黙ってはいません。

黙っているけど、黙っているから怖いのです。

15分で排泄なんかされていたら、外でなんとかしようとします。要するに不倫でしょうか。

40歳前後が女性の不倫適齢期のように思えます。このまま枯れたくない。これが最後のチャンスと考えるのでしょうか。

出会いの機会は沢山あります。職場が多いようです。身近だから相手を選べるのでしょうか。

もしくは、ネットでしょうか。実は彼氏がいますという方が多いです。驚きます。

何かで主婦の11人に1人が不倫と読みましたが、実はもっと多いような気がします。

不倫デートとなるとオーラルセックスも丁寧になるでしょうね。性器に限らず全身を味わいたいと思うのが人情ではないでしょうか。

もっとも自分は舐めないけど舐めさせてさっさと入れたがる男性ならセックス目的です。間違いありません。

タダでデキるデリヘルに喜んで貰う必要なんかありませんから。

女性は不倫に愛を求めますが、ロハのデリヘル位にしか考えていない男性も多くいます。その見極めは自己責任でしょうか。

1950年代の米国で喜劇王チャプリンが離婚裁判でオーラルセックスなんか皆がやっていると発言して大騒ぎになりました。そんな時代もあったのですね。今は当然の行為に思えます。

相手を舐めるにしても、単に相手の体を舐めるだけでなく、クリームやらを塗って舐め取るとかは楽しめそうです。



皆さまは、オーラルセックスを楽しまれていますか?





ドストエフスキーと父親殺し

フロイトの著作であり、中山元氏が翻訳し、光文社文庫から出版されております。

お恥ずかしながら、フロイトは初めて読みました。ドストエフスキーのカラマーゾフの兄弟を多く引用し、ドストエフスキー氏に内在したサディズムとマゾヒズムを解説しております。

更に、ドストエフスキーにジェンダーの曖昧さが残っており、状態を尚更に複雑にしているという説でした。

実は、カラマーゾフの兄弟は読んでいません。賭博も読んでいません。まあ、読む気もないのですが。

こんな状態なので、今ひとつだった読後感だけが残りました。不勉強はたたるものです。



皆さまは、フロイトやドストエフスキーをお読みになられましたか?



イク時、クル時

紅白歌合戦の後番組ではありません。あれは、イク年クル年です。おまけに、そんな季節ではありません。

日本語ではイクと言います。英語だとcomeです。クルとなります。

日本人はイク時に、「イク、イクー!」で、米国人は、「クル、クルー!」となります。それがどうした?と尋ねられると困るのですが。

「クル、クルー!」となり、両手を広げちゃうと、クルクルパーでしょうか。失礼しました。つまらないですか?はい。不調ですね。すいません。


日本人母と米国人母の行動の違いを調査したという記事を読んだことがあります。母子の前にライオンが突然現れた時にどう行動するかという調査だったそうです。

日本人母は我が子を抱いてライオンに背を向けました。米国人母は我が子を背後にまわしてライオンに対峙しました。国が違うと母親の行動も違うという調査でした。

それがどうした?と尋ねられると困るのですが。つまらないですか?はい。不調ですね。すいません。夏バテかもしれません。



今日は読み流してください。





9月15日

2008年9月15日にリーマン・ブラザースが破綻しました。

未だに影響は残っているように思います。

姿を消していたNYのディラー達は再び舞い戻り、高額の応酬を狙っています。金主がいるから成り立つ話です。ディラー達は成功応酬を受けているので、富の再分配が妨げられている等と言う気は毛頭ございません。そんな論調があれば単なる僻みでしょう。

金融市場が不安定になる事は、年金なり保険の運用が難しくなることを意味します。

個人の生活設計に関わる問題です。



皆さまは、如何お考えでしょうか。




関連URL:一年前

ラジオ

ラジオが泣いた夜と書けば片岡義男氏でしょう。お前についてるラジオ今夜も最高♪と唄えば、忌野清志郎さんでしょう。

文化放送で「今だから言える暗い過去コーナー」という時間帯がありました。番組に寄せられた投稿を読み上げるのですがバカバカしい話が満載で当時の中高生達のハートを握りつぶしました。これを聴いていないと下ネタについていけませんでした。

例えば、オマンコにアカチン(こんな物、知っている人は新人類世代以上だろう。)を塗り、マン拓をとる話。ホントにバカバカしい話でした。

憧れの男の子と遊園地にデートに行きます。何故かノーパンでジェットコースターに乗ることになり、スカートが捲れ上がって丸見えになった話。たしか、失禁までしたと記憶していますが記憶に自信がありません。

全裸で白いタイツだけ穿いて、白いスキャンティを頭に被り、うさぎさんごっこ(謎)をしていたら、突然に来訪した同級生(しかも、好きな男の子)に玄関を開けられて二人ともフリーズしてしまった話。

色々とありました。たしか、6時だか7時の放送でした。

更に遡ると「天才・秀才・馬鹿」というコーナーもありました。これは、本で読んだだけです。たしか、パーソナリティーは谷村新司さんだった記憶があります。当時からハゲネタが多かった気がします。

中島みゆきさんのオールナイト・ニッポンは数回だけ聴きました。歌から受ける印象とは真逆な爆裂ハイテンショントークには驚きました。そういえば、ギター雑誌のグラビアにGパン姿で映っていました。股間に食い込んだGパン姿はいいオカズになりました。アホでした。

ここまでくると調子に乗って、スネークマンショーとか書きたくなります。しかし、今日はこのへんで。



皆さまは、お好きなラジオ番組はございますか?




消防士


映画「バックドラフト」は見応えのある映画でした。消防士がいかに格好いいかを描きました。

日本でも、映画「252生存者あり」に格好いい消防士が登場しました。本職に言わせると、あんなの有る訳ないだろうにだそうですが。因みに、252は東京の消防士だけが使う符丁です。生存者発見の意味だそうです。

9.11でも多くの米国人消防士が身を挺し、命を捧げました。殉職でした。

全く話が変わりますが、何かで消防士は不倫相手としてモテルと読んだことがあります。嘘か本当かは知りません。しかし、普段から体を鍛え続けている男性はそうそういません。

自衛隊員もかなり鍛えられていますが、いつPKOと称して戦場に放り込まれるか分かったものではありません。しかも、丸腰同然で。不倫相手が戦場に行ったら気が気でないでしょうね。

下世話な想像ですが、ナース&消防士の不倫カップルは上手くいくように思えますが、どうでしょうか?お互いに体力もありそうですし激しく営めるのではないでしょうか。

まあ、介護施設勤務とかも夜勤がありますね。医療関係者(技師、事務、薬剤師等)も大きな病院になると夜勤があります。しかし、男性の鍛え方は消防士が一番でしょう。女性の体力もナースが一番に思えます。

夜勤がある職業同士はお泊まりの機会を作りやすいと思えます。あとは、夜勤明けのセックスはハイテンションで盛り上がると思います。余計なお世話ですね。はい。

近所で消防士達の訓練を目にします。よくもあれだけ鍛えているなと感心します。鍛えておかないと自分の命に関わりますから大変なのでしょうが、あの足腰が自分にあればとも思います。ええ、下司な想像です。余計なお世話ですね。はい。

映画話にしようと思ったのに毎度のアホ話になってしまいました。ちゃん、ちゃん。



いつも、消防車のサイレンを聞くと、全員が無事に生還出来ますようにと思ってしまいます。



さて、皆さまのお知り合いでモテモテ消防士さんはいらっしゃいますか?




ビニ本

ビニ本と聞いてピンとくる方、お年が分かりますね。

ビニールに包まれたエロ本です。そうそう、無修正物とかも出回りました。タイトルには地名がついたりしていました。

その手の雑誌は、友人のお兄さんに借りたりしました。

今になって考えると、気持悪いです。

だって、友人も、友人のお兄さんも、自分も同じエロ本を見て出している訳です。アノ、白濁液を。

これって、気持悪い以外の何物でもありません。

そう言えば、ビニールでショックを受けた事がありました。

米国の書店に行くと黒人モデルのエロ本と白人モデルのエロ本があります。

黒人モデルのエロ本にはビニールが被せてあり中身が見えません。つまり、立ち読みされたらお終いと出版社が分かっているからでしょう。

これは格差だと感じました。

人種差別ではなく格差だと感じました。

なんか、真面目な話になってきたので、話を戻します。

ビニ本が出た頃に出回ったのが、裏ビデオでしょうか。

有名なのは、「洗濯屋ケンちゃん」です。なんの捻りも工夫もないビデオでした。

単に無修正。それだけでした。

ケンちゃんのお陰でVHS陣営が俄然に有利になったと聞きますが、真偽は謎です。

まあ、エロ・コンテンツ無しではスタンダードになれないということだと思えます。

話が逸脱しました。戻します。

「ステュワーデス性交術」は工夫がありました。わざわざ押入れに入って、レズ行為をします。なんで押入か?謎です。その違和感が良かったのですが。



皆さまは、思い出に残るビニ本や裏ビデオはございますか?






9.11

多くの犠牲者の方々のご冥福をお祈りします。

機内で懸命にテロリストと対峙された方々の勇気に敬意を表したいと思います。

そして、まだ傷の癒えぬ残されし方々へ哀悼の意を表したいと思います。

2001年9月11日

友人からの連絡で大変な事件が起きていると言われ、テレビをつけました。

驚愕のテロが映し出されていました。

以降、多くの血が流されました。まだ、血は流れ続けています。

人間は、何時になったら暴力を放棄できるのでしょうか。



おしっこ


昔、飲尿健康法というのが話題になりました。どれだけの人がおしっこを飲んだのでしょうか。謎です。

まずは、放尿披露が初段階でしょうか。ラブホの浴室で放尿してみせます。撮影はするのでしょうね。動画で撮影かもしれません。

最初はなかなか出ないと思います。緊張で尿が出ません。慣れると出るようになりますね。

しゃがんでも立っても四つん這いでも出せるようになります。

夫のおしっこは絶対に飲めないけど、彼のおしっこなら飲めるという奥様は案外と多いのではないでしょうか。出来てしまうのですよ、彼の為なら。

自分のおしっこを飲んでみるように命じられたら如何でしょうか?飲めますか?飲めちゃうような気がします。

ジョロジョロとコップに放尿して飲んでしまいます。

うーん、淫靡ですね。おしっこではありません。

そこまで出来てしまう姿がです。



皆さまは、おしっこを飲まれた経験はございますか?


関連URL:冷たい男
関連URL:飲尿





対面座位

タイメンです。タイマンだと喧嘩になってしまいます。

怠慢も怠けていてよろしくありません。マグロでは楽しめません。

相手あってのセックスです。一緒に作るものかと。

えーっと、何の話でしたっけ?


そうそう、対面です。

座って向かい合っての挿入です。一緒に結合部分は眺められますね。

互いの両手は空いていますから、触り合うなり、抱き合うなり自由です。キスもしやすいですね。

攻守のせめぎ合いになります。詰めろ、イカせろから一気に攻めきらないといけません。意味不明です。

浴槽の中で、ついつい繋がるのはこの体位でしょうか。もっとも、背後から抱擁している場合なら、立ち上がってバックですね。当然ですが、生入れでしょう。ゴム着けて浴槽に座り直すのは妙な間合いが生じそうです。

洗い場で繋がるなら、まず立ちバックでしょうか。でも、対面座位もいいですね。正上位で頭を打ち付けた方もいました。これは無理があります。余計なお世話ですね。はい。

さて、その対面座位は気持イイです。

ホント、いいのです。

但し、難点があります。

この体位は興奮度が高すぎます。

男性には気持いいけど、辛い。

だって、イキそうなんだもんとなります。お相手にガンガンと腰を突き出されたりするとヤバイです。

バックのようにお相手の顔が見えない時の方が持続しやすいと思えます。

鏡に映る自分たちの姿を見るのは興奮しますが、お相手が真正面にいて乱れている姿を見る方が俄然、興奮すると思います。



皆さまは、如何でしょうか?





スミス都へ行く

最近、映画ネタが増えました。ネタ枯れしてきたからです。理由は簡単です。読書の時間がとれていません。

この映画は古いモノクロ映画です。米国の映画です。

木訥なボーイスカウトの青年が騙されてワシントンに議員として行くことなりますが陰謀に巻き込まれて冤罪を着せられます。

でもって、議会のルールを利用して長い長い、それはもう長い演説をします。ここは見せ場になっています。

最後に、秘書(だったと思います。記憶が曖昧です。)との恋愛も成就します。冷淡だった彼女が青年に次第に惹かれていく様子は見事な描写でした。

最後に、彼女は青年に初めて自分の名を明かします。これは書いてしまうと面白くないので、書きません。からくりが明かされる感じがしました。

勧善懲悪物で安心して観ることができます。

お薦めの映画です。



皆さまは、お好きなモノクロ映画はございますか?


追記:ローマの休日は名作だと思います。色をつけてくれた人がいましたが余計なお世話です。七人の侍は観なければいけないと思いつつ、機会を逸しています。残念です。



祈り

敬虔なクリスチャンは食前や就寝前にお祈りをします。当然ですが、不倫なんかしません。

夫婦生活はする筈です。しかも、中だしです。子供たちが生まれているのが何よりの証拠です。プロテスタントは避妊を認めていますが、カソリックは避妊を認めていません。つまり、カソリックは常に中だしなのでしょうか?謎です。

さて、彼らはシテからお祈りするのでしょうか?

更に、お祈りされてしまうと、その晩はデキないのでしょうか?謎です。曾根綾子夫妻にお聞きしたいのですが、まあ不可能でしょう。

イスラム教徒は1日に5回のお祈りがあります。厳密な時間は決まっていませんが、とにかく1日5回です。

敬虔なイスラム教徒は肌を露出した女性を避けたがります。でも、大抵の男はスケベです。何処も同じですね。

イスラム教徒の男性は異教徒の女性なら性処理にしていいと考えている節があります。ダブルスタンダードに思えます。

コーランには奴隷を孕ませたら妻として扱うように書かれていたと記憶しています。(非常に曖昧な記憶です。もしかしたら、妻に準じた扱いかもしれませんし、産まれた子供は実子と同等に扱うだったかもしれません。)裏を返せば、奴隷なら強姦してもいいとも読めます。

ヒンズー教徒はどうでしょうか。あれだけの膨大な数々の体位を彫刻に残しましたから、かなりお好きではないかと。

アナル責めは必ず左手を使うのでしょうか?謎です。




皆さまは、何か面白い話をご存じでしょうか?






黒い看護婦

副題に福岡四人組保険金連続殺人とあります。森功氏が新潮文庫から出版されています。

とても有名な事件です。連続殺人に男性が関わっていないという点は日本の犯罪史では特異であると指摘されています。

主犯である吉田純子が次々と詐欺を繰り返し、保険金殺人にまで手を染めていきます。その渦中で3人の看護婦が主犯に翻弄され詐欺の被害になり、更には加害者の立場に変わっていきます。もっとも悲惨な被害者は、主犯にレズのタチ役を強要させました。

通常は、ナースは蘇生を目指して患者に処置を施しますが、それとは真逆の行為、つまりは殺人を行う様子の描写は異様でした。殺した上で死体に侮辱を与え、殺した男の妻にも死体へのビンタを強要しています。おぞましいとしか言いようがありません。

事件は四人組の一人が警察に自首して明るみになりました。主犯の吉田純子は2010年1月29日に死刑が確定となりました。3人の共犯者の一人は子宮癌で亡くなられました。考えようによっては、死刑より辛い死に方をしたのだと思えます。



この事件、皆さまの記憶にもあるかるかと思います。




ハプニング・バー

上手い名前を付けたと思います。

いきなり、火事になっちゃうとか、地震がきたりしちゃうとかではなく、出会わせてしまうという意味でハプニングなのでしょうね。

多分、十年以上も昔の話ですが韓国でも夫婦交換が盛んになってきたというネット・ニュースを見かけました。ネットのニュースは信じない事にしていますが、女性が脱いでいる写真の盗撮画像付きの記事でした。窓の奥で女性が脱いでいました。何の工夫もないスタンダードな白い深穿きショーツでした。適当な盗撮画像を付けて書かれた記事だったかもしれません。真偽不明です。

韓国の既婚男性はパイプカットをされている方が多いので、生入れ中だしでしょうね、多分。病気の心配はありますけど。生フェラした時点でリスクは生じますから覚悟しているのか無自覚なのか、どちらかでしょう。まあ、どちらでもいいのすが。

話がそれてしまいました。

昔はカップル喫茶というのがありました。「城」というお店もありました。今はどうだか知りません。寄席の帰りに足を運べるような立地条件でした。パチンコ屋の客層と被っていました。お客さん達の雰囲気が似ていたのです。

今は、どうなのでしょうか。お店によって雰囲気は違うかもしれませんね。もう、個人的には興味はありませんが。



皆さまは、ハプニング・バーをご利用になりますか?



ホームトーク

ホームトークという雑誌がありました。今も出版されているかは分かりません。手早く言えば、夫婦交換の斡旋雑誌でした。

似たような雑誌で、オレンジピープルという雑誌もありました。ホームトークより若い世代向けに乱交を趣旨とする雑誌でした。これも今は出版されているか謎です。

さて、ホームトークは、奥様のヌードを掲載して夫婦交換もしくは単独男性を募集するという方々が大勢を占めていました。素人のヌードが拝める貴重な雑誌でした。

今はインターネットの普及がこれらの雑誌を駆逐した感があります。検索で夫婦交換を探せばいくらでもヒットすると思います。乱交も然りです。素人ヌードも溢れています。

ホームトークに有って、今の時代に無い物。

それは、文通でしょうか。

編集部が仲介して文通を成り立たせていたと記憶しています。

文通となると、自筆で手紙を書かないといけません。これは、相手探しをされている方々には参考になったと思います。

まず、字が汚い方や文章が成り立っていない方は予選落ちでしょう。字や文章には自然と人柄が現れます。隠せません。

今は字が汚い方でもブログが書けます。書き手に関する情報が一つ抜け落ちているとも言えます。但し、文章は依然として隠せないままですが。

もっとも、ケータイ用語が氾濫することで文章の出来具合が隠せるようにはなりました。日本語の崩壊という産物を伴ってです。

今は、流出自画撮りヌードから素人ハメ撮りに至るまで素人ヌードは膨張しました。なんか、見る楽しみが逆に減った感じすらします。米国ポルノだとアマチュアというジャンルがありますが、アマチュアと名乗りながらパーティー券を売る方々がいます。アマチュアではないと思えます。実業団でしょうか?

夫婦交換をされる方々も今は相手探しが大変ではないでしょうか。下手に写真を送ると何処かの掲示板で晒されます。まずは、字で相手を判断することもできなくなりました。



皆さまは、夫婦交換されていますか?願望はございますか?






私たちの終わり方

副題に、「延命治療と尊厳死のはざまで」とあります。著者は、真部昌子氏です。学研新書から出版されております。

真部昌子氏は、明治大学法学部卒業後、東洋英和女学院大学修士課程を修了し、日本医科大学看護専門学校専任講師、川崎市立看護短期大学助教授を経て、共立女子短期大学教授になられた方で、貴山じゅんのペンネームで小説も書かれております。

同書の中に出てきた単語で気になったものがありました。

医療経済学です。

末期患者への人工呼吸器が1台数百万円から一千万円すること、設置台数に限りがあり同一患者への長期使用の費用(七割の医療費が税金で賄われる)が話題になっておりました。

果たして、費用対効果で考えて良いものなのかという疑問が残りました。医療経済学という言葉には、命には価格があると認めたような感覚をおぼえます。理解不可能な感覚です。ナンです、その経済学?

同書の中では、延命治療や尊厳死について語られております。更に、安楽死についても書かれています。

まず、安楽死は端的に言えば医師が介在して薬物投与により苦痛を最小限に抑えた自殺幇助となります。罪になるか、ならないのかという議論はありますが、割愛させて頂きます。

ふと連想したのは、死刑執行に薬物投与の要求が出ている点でした。刑罰としての死刑は、死ぬという過程が刑罰なのか、絞首刑(相当に痛いらいしいです。二十分間は吊り下げておくそうです。)で殺される事が刑罰なのかという論議を醸し出すと思えます。同じ絞首刑でも、吊り上げ式と吊り下げ式があり、前者は後者に比較して死ぬまでの苦痛が激しいそうです。これも、医療とは異なる話題ですので後日に記事にさせて頂きます。

尊厳死については、積極的な延命治療は行わないという点が強調されていました。

DNRという言葉が出てきます。DNR order はdo not resuscitateの略であり、心肺蘇生不要指示と訳されていました。

心停止、呼吸停止になった場合に延命処置を行わないで欲しいという指示になります。一旦装着させた呼吸器は患者さんが死を向かえるまでは外してはいけないと法律で定められています。人口呼吸器の装着はしないで欲しいという要望になります。

ALS(筋萎縮性側策硬化症)患者の事例が挙げられておりました。この病気の末期は呼吸器が必要となるそうです。

あるALSの患者さんは事前に家族や医師と相談して、呼吸器はつけないことを依頼していました。しかしながら、末期に呼吸困難を見かねた家族の要望で呼吸器がつけられました。

自分は延命治療を望みません。妻も同様に言います。しかし、妻が上述の患者さんのような状態に陥った時、延命処置を放棄出来るのか?と問われれば答えはNOです。

恐らく、呼吸器の装着を依頼すると思います。依頼してしまうと思います。

死んでしまえば全ての可能性が破棄されます。現在の医学で治療が不可能だと宣言されたとしても、激しく咳き込み苦痛の表情を浮かべる家族の死を受容することは出来ないと思います。

繰り返しますが、延命治療を生前から拒んでいるのを知っていたとしても人口呼吸器の装着を依頼すると思います。

どなたかが、絶命寸前で激しい発作を起こしていても当人は苦しくはないと書かれていました。生憎、文献を探す時間がないので記憶で書きます。

その先生は看護学の権威的な地位にいらっしゃる方です。あながち嘘でもないとは思います。正確に書くなら、そう思いたいのですが、本当に苦しくはないのでしょうか?謎です。

臓器提供についても同様です。自分も妻も脳死状態での臓器提供は宣言しております。自分の臓器が移植され助かる命があるなら使って下さいと思います。しかし、家族の臓器を提供出来るか?と問われれば、答えはNOです。絶対に臓器提供を拒むと思います。自分の死と家族に死に対するダブルスタンダードに他ならないと思います。

同書の中で、臓器提供者を担当した看護生が殺人に荷担したような気分になった話が出てきます。まさに、その感覚なのです。自分の臓器は使ってもらうのはかまわないが、家族の臓器は提供したくないのです。これは、何ら論理的なものではなく、感情として受け入れがたいものだと言えます。

更に、同書では死に場所を何処にするかという点についても書かれております。大抵は、病院のベッドの上ですが、在宅で生を全うする手だても出てきたそうです。

ホスピスの緩和ケアについても書かれておりました。最近では在宅緩和ケアの取り組みも始まっています。畳の上で死を迎えることが可能になってきたと言えるのではないでしょうか。



皆さまは、如何お考えでしょうか?



関連URL:知ることより考えること
関連URL:死ぬための教養







立ったままで

皆さまは、立ったままでオナニーされたことはありますか?

ベッドサイドに立たせての立ちオナニー披露は興奮しますね。いいですよ、アレ。

あとは、鏡の前に立たせて、立ったままでオナニーです。自分でシテいる姿が丸写しになります。言葉責めとセットにすると更に盛り上がります。

意外な場所としては、洗面台の上でしょうか。下からの眺めはいいものです。指で応援したくなります。お試し下さい。

トイレの個室もいいですね。全裸になった段階で、何でこんな場所で全裸になるのだろうと羞恥心に煽られます。煽られますが、煽っているのは自分自身の行動です。ありえない場所で全裸ですからね。

洋式なら座れますが、和式は座れません。膝をガクガクさせながら、オマンコを弄ることになります。興奮間違いないですよ、コレ。経験者がいらっしゃるのではないでしょうか。

声は出せません。出せる訳が有りません。この状態でイケるようになれば、オナニーの達人です。

スリル満点なら、試着室でしょうね。カーテンの向こうは売場です。普通に皆さまは商売をされています。そういう場所で、全裸。

これは、スリリングです。店員さんや他のお客さんが間違えてカーテンを開けたらお終いです。全裸で何をしていたかは一目瞭然でしょう。

ローターをクリトリスにあてたまま、食品売場とかでのクリイキもいいかもしれません。イク時に平静を装わないといけません。勿論、ちゃんと立っていないといけません。怪しまれます。でも、オマンコはびしょ濡れ。

いいじゃないですか、こういうの。



皆さまは、立ったままでイケますか?


関連URL:立ちオナニー






プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: