FC2ブログ

あっという間

僕の髪が肩まで伸びて♪
時の流れははやいものです。それより何倍の速度で伸びる毛だと思うのですが。気がついたら1月が終わります。早いものですね。アレレと感じます。振り返ると長い間、ブログを書いてきたなと思います。

このブログは一定時期になると突然に記事削除をしたりします。その時々に理由はあれこれと有ります。コメントを消してしまうのが勿体無いのですが、事情もあります。ゴメンナサイ。

既に削除していますが2007年から書き始めた記憶があります。既に6年目です。意識はしていなかったのですが月日は流れたのだとこういう時に感じます。

ブログはホームページと異なり、継続的な更新が迫られている感覚があります。時として、この継続的な更新を負担に感じたりもします。毎日更新に無理もあるでしょう。時間の制約は誰しもが逃れられません。

ネタが最近は尽きてきたかなという感覚もあります。言葉遊びを売り物にした時期もありましたが、今は全く駄目です。あれは閃きで書くので、閃かないと書きようがありません。

真面目記事も雑になってきました。一冊でひとつの記事という無謀な状態です。勿論、他の文献も頭には入っていますが調べ直して書いていません。後から慌てて修正をしたりしています。文献リストすら付けないのはどうかと思いますが時間の制約があります。



さて、どんな一年になるやら。まずは、一月を終えます。




スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

毒餃子 【2009年ネタ加筆版】

早いもので、毒餃子事件から四年が経過しました。被害にあわれたご家族はさぞかし災難だったと思います。その後の後遺症は大丈夫なのでしょうか。

さて、この事件ですが、結論不明かと最後まで調べる意思はあるのでしょうか。外務省は何をしているのでしょうか?

交渉、寸止めでしょうか?

通常は寸止めというのは途中で止めてしまうことですね。要するに、エッチをしているときに、わざとオーガズムを避けるといったことです。DO NOTです。CAN NOTではありません。後者は単に早いだけです。男性も射精を焦らされたほうがオーガズムは高まるように思えます。勃起時間が長いほどにカウパー腺液の混ざり具合がよろしくなり、尿道を通過する精液の感覚が高まるように感じます。

話は戻りますが、外交の寸止めは頂けません。何が国益なのかを外務省には、しっかりと真面目に真剣に考えて欲しいものです。あるコラムを読んでいたら、佐藤優氏がコレは外交の問題であるとラジオで喋っていた話がありました。

ほんと、同感です。




ビール

タバコときたら次はビールです。まかり間違ってもタバコに似ているマ■ファナがとかがなんて話を書ける筈がありません。ドットジェピーで終わる地域から発信していますから当然です。

とりあえずビール

を販売したら売れるだろうなんてやり取りをしていた時期もありました。アルコールの好みは色々とありますが最初はビールという方は多いと思います。

ビールの値段は下げるに下げられません。税金の問題があるからです。しかし、メーカーは頑張って安価な価格帯に発泡酒なるものを並べました。そしたら発泡酒の税率をあーだのこーだのと政府は言い始めました。ちょっと勝手すぎませんか?

しかし、消費者の好みが分散していき、寒中ハイでなく、缶チューハイの品揃えが増えたり、カクテルが揃ったり、ウィスキーの水割りが売れたりと過去には考えられなかったような商品が売れています。1人勝ちする商品はないけれど飲みたい人は飲みたいものを飲みたいのでしょう。

挙句の果てに、ノンアルコールビール。

もう理解不能です。それは■シッコですか?と尋ねたくなるのですが。

なんだかんだ言いながらも、最初はビール。各社が凌ぎあう激戦区になる筈です。寒くても恵比寿がおいしく感じるのは単なる好みでしょうか。一番好きな銘柄ではありませんが美味しいです。



一番が国産でないのが残念です。





タバコ

そろそろ値上げ話が持ち上がるのでしょうか。分かりません。予算案次第でしょう。予算案が可決されていれば、値上げ話です。遠慮いりません。

そもそも煙草の販売による収入より健康被害による支出の方が多いそうです。過去記事に書いております。外資も煩いし禁煙してもらった方が国の為にはなるようです。

大酒呑みの福沢諭吉氏は禁酒した際に喫煙を勧められました。後年、禁酒はできたけど禁煙はできなくなったとか。喫煙は怖いです。二十歳で卒業した方が賢明です。(違うぞ、ミニチ)

禁煙外来がお近くにあればお勧めします。1人でニコチンパッドを貼るより医師の指導を受けながら取り組んだ方が効果はあると思います。保険適用は初回の禁煙挑戦だけです。

ところで、タバコの臭いは二種類あります。紫煙の匂いとヤニ臭さ。ヤニは臭いです。周囲は迷惑します。

最近の喫煙率を考えるとお相手が喫煙者で旦那が喫煙しない場合は多いかと思います。この場合、デート中の喫煙はご遠慮願いたいものです。喫煙しない人には一発で分かります。

人間の五感で最も鈍いのが嗅覚ですが、その嗅覚で引っかかります。つまり、非常に危険だということになります。ですから、喫煙彼氏・彼女には気を遣って頂きたいものです。

さて、喫煙者の場合です。

帰宅前に数本吸い、

体中に吹き付けます。

煙に巻く。



お後がよろしいようで。



48手

この数字を見ると想像されることは同じだと思います。アレです、アレ。

48通りも必要なのかとも思いますが。念のために申し上げますが、相撲の話ではありません。それで、どれがいいかという話になります。

それぞれの事情なり好みもあります。ポリネシアン・ナントカだとか流行り廃りはありますが、そういう情報に振り回されるのは時間が勿体ないと思えます。たしかアンコールワットにも刻まれていたと記憶しています。別な場所かもしれません。

一応は試してみると、これは不要だとかこれは必要だと見つけていけるようには思えます。

ある方の著書にスラスラと古典が読めてしまい、その理由は自分が考えてきたことと同じだったからという話がありました。おそらくそれと似た感覚なのでしょうか。(引用が違わないか?)

試す必要があるのかという疑問もあります。

柔道の稽古であるまいし。

これが二人にイイのだという形を見つけると落ち着けるような気がします。



如何なものでしょうか?




俳句、川柳、そして狂歌

いよいよ今週はカレンダーの最初の一枚をめくることになります。早いものです。

さて、近年は冷凍技術の発達とビニールハウス栽培のお陰で季節に関わらず食材に困らなくなりました。一方で、旬の食材が分からなくなりました。いちいち覚えていないと開き直る方ですが、とにかく忘れるのです。仕方ありません。

俳句は季語があり、5・7・5に世界を凝縮させます。サッカーのフォーメンションではありません。6人余計です。

季語は厄介です。辞書が必要です。

その点、川柳は季語を織り込む必要がないと勝手に解釈しています。サラリーマン川柳も毎年恒例になりました。季語なんて入っていません。最近は選考基準が落ちたようにも思えます。ネタ枯れなのでしょうか?

古池や ボチャンと 芭蕉が 飛び込んだ

笑えます。べたな笑いとでもいいましょうか。

好みですが、川柳より狂歌の方が好きです。いじり甲斐があるとでもいいましょうか。

上の句に下の句をつけて遊ぶのも楽しいと思います。





富裕層の正体

ご覧になった方も多いかと思いますが、日経済ビジネス2012年12月10号の特集記事はこのタイトルでした。富裕層の正体。手短に言えば、お金持ち。細かく言えば、資産と資金を分けた上でお金持ちがどういう状況かを分析しています。当たり前の話を面白可笑しく書かれているので閑な時に一読されては如何でしょうか。富裕層もそうでない多数派の方も、ふうんで終わると思いますけど。

日本でも他国(例えば、英国や米国)でも富裕層に入る事はハイソサエティに入る事を意味しません。セレブリティズ(セレブレーション)という呼び方は、オカネ持ちだけどハイソサエティには入れない人と同義語に聞こえます。ハイソサエティは生まれた時点で決まっています。大抵は、その社会に生まれません。家柄は人生を楽しむ条件とは言えませんから何も問題はないのですが。そして、日本の特長はハイソサエティに属することは収入と必ずしも連動しなくてもよい点です。

しかし、米国のハイソサエティは富を独占している点が問題です。その占有率は中国の比ではありません。異常です。言い過ぎかもしれませんが、成金の国だと思います。例えば、マッカーサー家の大切なフィリピン農場から簡単に逃げ出した男は品を欠きます。米国人は彼の言動を国辱と感じなかったのか不思議でなりません。

英国の場合、ハイソサエティには義務と責任が付きまといます。騎士道精神が縛りになっているとも聞きます。この点は米国と決定的に異なるように思えます。

日本のハイソサイティとアッパーミドルの中間層は意外と質素な暮らしをされています。ご自宅の地価がやたらと高いとか、別荘をお持ちとか、ベンツ(廉価版を除く)に乗られているといった資産力の違いはありますが、普通に電車に乗りますし派手な外食をする訳でもないし成金趣味はありません。しかしながら、備わった気品が異なります。特に、女性は顕著です。気取らず気さくな方という共通点を感じます。でも、違う世界の人だなとは感じます。



本が買えれば充分だなと思います。




セカンド・ヴァージン

アナル・セックス未経験者の意味だと思っていました。(バカ)

違いました。数年間、セックスされていない方のことだそうです。何がどうセカンドなのだろうかと思うのですが。前彼が999人目なら次の彼氏は義経なのでしょうか?

セックスからもオナニーからも遠ざかっているだろうなという女性は何となく分かります。雰囲気が枯れています。うーん、男はいないのか?こんな特上オンナを勿体無いと思います。訊けませんし未確認です。当たり前の話です。

微妙な方もいらっしゃいます。要するに男の気配は無いけどフェロモンが出ている女性達です。正しくは、彼女達は男の気配を消しているでしょう。勘ぐりすぎでしょうか。それともオナニーしまくりなのでしょうか?お手伝いしましょうか?(バカ)

女性は初めに心ありきなのでしょうか。心が動かない場合、性欲も眠った状態に入るように思えます。故に、セカンド・ヴァージンになれると思えます。心が揺らぎ、身体が疼く。実は抱きしめていて欲しいのよだなんて男は気がつきません。少なくともミニチは気が着つきません。エヘン。(反省しろ、ミニチ)

男性はとにかくシタイとなります。抱かないと収まりません。だから風俗が商売になります。男女の造りは異なるものだと思います。自分で出しているから満足出来るのかといえば、違うでしょう。男性が性欲を冬眠状態に入らせる為には特定の誰かを思い浮かべないと難しいでしょう。逆に、待ってくれている相手がいれば大丈夫です。戦地も刑務所も南極測候所も遠洋漁業も単身赴任も行けます。

単身赴任先では実はというハナシもありますが、それは後日に。オンナは待たないというハナシは書いた記憶が。

さて、セカンド・ヴァージン。何かお手伝い出来ますか?余計なお世話ですね。はい。







韓国男性

ある韓国ブーム(注1)に煽られているご婦人方とお話する機会がありました。韓国旅行が楽しくて仕方ないと話されていました。

特に、韓国男性は日本男性に比べると優しいとのことでした。まあ、観光地は観光客に親切にしておいて損はしません。これはどの観光地でも同じだと思います。

韓国男性の場合は意識しているのは日本女性ではないように思えます。意識しているのは日本男性ではないでしょうか。

韓国男性と日本女性がベッドインすると必ず日本男性よりイイだろうと尋ねられると何処かで読みました。文献、紛失しています。ゴメンンサイ。ソウル在住の日本女性が綴られていたブログで韓国彼氏が出来て、初めての夜を迎えた後に同じ質問をされたそうです。あながち嘘では無いように思えてきます。

日本の東男に京女を朝鮮半島では南男北女と言うようです。イケメンは南(韓国)にいるとなります。

韓国男性は兵役があります。その兵役だって休戦中の兵役ですから緊張感ただならぬものがあると思えます。畢竟、体の鍛え方が日本男性の比ではありません。そりゃ激しくなるでしょう。これはお好みですね。







注1)意図的に韓流とは書きませんでした。

タグ : 韓国 朝鮮半島 日本史 日本語

総理大臣

雪が降る貴男は来ない♪
というか鳩山クンには来ないで欲しかった。歴代の売〇奴だと思えてなりません。

昔は歴代の総理大臣を暗記させられましたし憶えもしましたが、もう無理です。教科書の改訂は間に合わなくなり、本命・対抗・大穴と赤鉛筆を使う新聞(?)の様相を呈することでしょう。誰が総理大臣かだなんて無意味だし。(暴言?)

この記事を書いている2012年12月上旬は野田総理です。彼は民主党から出た唯一マトモな総理大臣だと思います。小沢・鳩山・管と出発点が偏差値40だったから野田氏で伸びたという理屈も当てはまりますが。(偏差値は忘れなさい、ミニチ)

と、書いている内に2012年12月中旬になり、自民党が圧勝して安倍総理大臣誕生か?という危機に瀕しています。いや、ホントに危険ですよ。病人ですから、彼。と下書きしている内に、2012年の12月26日に安倍が首相になりました。

さて、伊藤博文氏はお札に刷ってもらえるだけの活躍はしたと思います。隣国では誤解を招いているようですが、それは彼らの不勉強でしょう。当初、彼は朝鮮独立の必要を支持していました。しかし、当事者達は内部抗争にあけくれて独立を逃しました。政権に就くためなら外国勢力を招き入れ独立を逃しても保身優先という千何百年に及ぶ歴史だから国民性なのでしょう。

日露戦争開戦の御前会議後、別室に呼ばれた伊藤博文氏は負けたら如何にという質問に一兵卒になって討ち死にする所存と答えています。乃木将軍も頑張っていたけど、伊藤総理も肝を据えていたとなります。

妾を囲ってどうこうは明治維新のお手柄として見ないことにします。とりあえず仕事はされたのだと思います。

だいぶ時代を下って、東条英機氏はどうか?

難問です。能吏だとは思いますし、東京裁判の屈辱を受けずに自決したからけじめはご自身でつけたと思います。そもそも、けじめをつけた総理大臣なんて彼が最後かもしれません。悪い意味で取り上げたい方々(鈴木貫太郎氏は除く)がいらっしゃいましたが遠慮しておきます。

吉田・岸・池田・佐藤あたりも難しいです。彼らと別に何人かいたけど評価に値せず。

田中角栄氏以降はまだ判断は早いと思えます。大平首相は早めに評価しても良いと思えますが論拠が微妙です。彼は田中角栄氏の支えが有ってこそ首相になれましたし。やはり、判断に早いとなります。

さて、2013年の1月22日時点の総理大臣はどなたでしょうか?安倍はクスリ切れでいないと思いますが分かりません。

その次の人、誰でもいいけど余計なことして財政は注がないで下さい。税金です、それ。






セックス本

多いです、セックス本。これでもかこれでもかと刊行されています。文庫でも新書でも増えました。酷いのは、「オバサンだってセックスしたい」という新書。シタイに決まっているじゃないですか、そんなの。シナイより、シタ方が気持ちいいです。オナニーより気持ちイイかとなると相手との相性やら気持ちの問題もあるので何とも言えません。

しかしまあ、考えれば分かることを何度も何度も言葉を変えたり、表現を変えたりしたりして登場します。もう辟易しています。「ハウ・ツー・セックス」と「モア・リポート」を改訂・増刷すれば充分ではないでしょうか?米国になると更に異常です。「ギンゼイ・リポート」を更新するだけでいいと思いますけど。駄目ですか?

話を戻して、日本出版界でのセックス本。

そこまでセックス本を出版し続ける魂胆なら、光■社2013年度48手集とか出されては如何でしょうか。読者アンケートに拠るとこういう愛撫がよかったとか、昨年度との人気体位ランキングの比較とか、どのコンドームが売上数をどう推移させたとかも参考になると思います。

「婦人公論」は既にご婦人向けエロ本ですから飛ばします。これからは「婦人画報」でもセックス記事です。グラビアにも登場です。彼氏と一緒に映るカップルヌードグラビアも良いかもしれません。人気コスチュームを着てみるというのもいいかもしれません。ベタですけど。

「モノ・マガジン」や「DIME」もバイブやローターの特集が必要です。帝人とか東レあたりで新素材ディルドを売り、実感オトナの感覚とかいう記事が求められます。七万円で売れるバイブはMADE IN JAPAN復活の狼煙でしょう。(嘘)

「文芸春秋NEXT」は40歳からの出逢い事情となるでしょう。これは必然と“出逢い”なのです。“出合い”ではありません。スルことは同じなのですが、露骨には書けません。あとは、隣の不倫とうちの事情とか。(意味不明)

「プレジデントファミリー」なら楽しい家族計画でしょうか。避妊方法とかレスする言い訳特集が中心でしょうか。読者層はイラスト不要だと思えます。グラフの方が好まれます。一応、夫婦でという建前で記事を書かないといけないので年代毎に回数が減るのは当たり前ですといった保守的な記事が必要です。なんでしたら年代別セックス偏差値とか。(いい加減にしろ、ミニチ)

「オレンジページ」でもセックス記事を掲載しては如何でしょうか。今夜のオカズに、オンナのオカズを加えてみるとか。ページを捲るといきなりオンナのオカズが出てきます。斬新なアイデアだと思います。(却下だ、ミニチ)

「クロワッサン」や「ESSE」でもセックス記事が必要でしょう。こちらは男性ビキニがクッキリ。韓国ブームに便乗してマッカリでモッコリでもよろしいでしょう。オカズにして下さい。

「VIVI」は未成年なので却下です。







生き方・働き方全予測

実は2012年の12月28日に書いています。プレジデントの表紙に書かれていたのが、このタイトル。ギャグなら素直に笑えますが真面目に書いてあるから憂鬱になります。この国の事態は深刻です。何故、そんな予測をしないといけないのですか?一目瞭然だと思いますけど、そんなこと。

職場にも家庭にも居場所がない2500人の叫びみたいな特集記事もあります。異常です。何が異常か判別つかないくらいに迷走しているから異常です。そんなものは提供してもらうものではなく獲得していくものだと餓鬼の時分に学んでいないのでしょうか。

例えば、家庭の居場所。心地が悪ければ外に出ればいいだけです。冷暖房完備で何冊読んでもタダという心地よい場所があります。鉛筆などで線引きするバカタレが増えたのが悩ましいのですが、まあ読めます。飲み物は持参すれば済むし、ちょっとした軽食なら外に出れば食べられます。

家庭の居心地が悪いから居酒屋に入るというのは不健康です。適度に飲むのは健康的ですが、精神的に不健康です。逃避です、それ。酷いのになるとパチスロに浸ります。時間が勿体ないという感覚を喪失しているのが何とも勿体ないです。損です。

結局は本に回帰。そして、古典を求めるという結論になると思います。遠回りしていると思いますが、本気で読む気にならないと読めません。仕方ありません。古典は妙な予測記事を読むより断然にオトクです。絶対に。

そういえば、最近の図書館はDVDの貸し出しもあります。落語全集とか借りたいのですが観たいものは順番待ちです。タダで観る魂胆だから仕方ありません。実はちゃんと勉強しておかないと嗤えない箇所が多々あるのですが古典を読んでから観直せば良いと思っています。









後戯

惰性に流されると怠りがちです。実は女性は採点しているのかもしれません。謎です。男性は賢者モードになり、早く眠りたいとかチェックアウトの時間を気にしたりします。しかし、後戯も採点に含まれるとなれば事は考えようです。ピロトークは枕詞の意味では無いとなります。(意味不明)

国破山河在
城春草木深
我腋毛茫茫
腹部密林也
股毛連臍下
巨玉低太棒
男子掻是枡
渾欲不発射

とあります。(嘘)

とにかく出したいのです、男性は。妻がこれも家事のうちだと割り切っている場合、さっさと寝てもらった方が楽だと思います。夢を打ち壊すようでなんですが。ほんと名優は身近に潜んでいます。見破られないから名優なんです。後戯も夫婦生活には重要ですと35年も前から書かれていました。(年齢不詳だぞ、ミニチ)

しかし、後片付けをしなければと思うと怠るものです。具体例の列挙は差し控えます。

なんにせよ、軟着陸の手助けをしないとならぬのでしょう。お相手が寝落ちする位にイカせていれば話は別ですけれど。撫でたり、手をつないだりとか徐々に高度を下げていかないといけません。

閑話休題

終わった後は、片付けないといけません。隠すとか捨てるとか各々の都合があると思います。凝った隠し場所に片付けていると何をやっているだろうとか思いませんか?賢者モードは邪魔だと思います。



えーっと、何の話でしたっけ?

まあ、いいや。






抱擁

法要だと坊主がいりますが、抱擁はお相手が違います。坊主を抱きたいとは思いません。

男は腕で抱擁し、女は膣で抱擁する

と思いますが如何なものでしょうか?

ぎゅっと抱かれて身を委ねるのは女性の専売品だと思います。男性が抱かれるカップルもいますが話がややこしくなるので異性愛に限定しておきます。

膣ですが、これは女性の気持ち次第だと思えます。

締まれば気持ちイイのかというと実は別な話だと思えます。他の男性がどうお考えか知りたいものです。

女性がお相手のアレが大きけりゃいいと思わないのと同じなのかもしれません。

で、名器なるオマン■は入れた時の感触が俄然に異なります。なんというか、アレ全体が包み込まれ、且つ、全体が吸われる感触です。膣の造りがそうなっているのかと思っていましたが、女性の気持ち次第ではないのかと思うようになってきました。

ここまで書いてしまえば述べることは明白でしょう。膣トレーニングしてもらっても男性がより気持ちよくなるとは限らないということです。

女性に向かって、ガバガバ云々と暴言を吐く輩いるようです。あれは、アンタは賞味期限が切れたのよと見限られただけの話だと思います。

女性に責任は無いかと。




勝海舟

松浦玲氏が中公新書から発刊されています。副題には、維新前夜の群像3とあります。維新前夜1と2は不明です。高杉晋作と坂本龍馬氏の二人と思われますが不案内です。中央公論社も端折り過ぎです。

勝海舟氏は福沢諭吉氏同様に剣に長けていました。心身強壮は二人の共通点でしょう。貧乏侍の家に生まれた点も同じでしょう。渡米は一緒も一緒でした。

違う点を挙げるなら、帰国した時に福沢諭吉氏が桜田門外の変を予測していたのに対して、勝海舟氏は予測していなかった点でしょうか。更に、福沢諭吉氏には出世する機会が無かったことに対して、勝海舟氏は幼年時代に門閥に入る機会を得た点でしょうか。出入り先の都合で当初の機会は失せましたが、自力で偉くなれました。福沢諭吉氏は嫁一筋でしたが、勝海舟氏にはお妾さんがいました。

さて、同書の面白い点は勝海舟氏にまとわりつくエピソードの類を剥がしながら客観的にその位置を確認しようと取り組む点だと思います。歴史のエピソードというものは面白く読めますが、それでと思います。

エピソードに溺れる武田某なぞはいい例でしょう。郷里に尊敬すべき先達を見出せないのが悲惨。博多三傑がいるではないか。シーナ誠には敵わないだろうが。(暴言?)

話を戻します。

勝海舟氏は幕臣の身と国家戦略の狭間でよくぞ戦ったと思います。真なる政治家とも言い換えられるかもしれません。癇癪持ちの江戸っ子が勤めるには荷が重いとは思いますが(というより周囲が迷惑)、鍛錬した精神と肉体が次世代を後押ししたと読めます。



お勧めの一冊です。



これまた前時代

昭和といえば、日活ロマンポルノでしょうか。(飛躍しすぎだぞ、ミニチ)

セーラー服百合族とか。(観ていないけど)

昭和のスワッピングビデオ流出ものを観ているとレズを撮るのは難しいものだと思います。そのまま撮影しても面白みが皆無なのです。なんかシテいるでお仕舞い。カメラワークに工夫が無いし。照明も雑。

そうそう、ホームトーク系の流出とオレンジピープル系の流出では雰囲気が異なります。(年齢不詳だぞ、ミニチ)

世代の違いなのでしょうか。前者は既に年金を貰っており、後者はこれから貰うかもらう寸前かという違いがあります。どちらかと言えば、前者には趣があるように思えます。後者は現在の企画物を既に作っている感があります。同じ昭和という言い方でくくれないと思います。

しかし、さくら企画は昭和生まれと平成生まれを一緒に映しても違和感がありません。撮り方が巧いのでしょうか。おそらく、撮り方が巧いのだと思えます。

そんなことを考えていると肝心なことを忘れてしまいます。当初の目的は忘却の彼方。もっとも、既に年金を貰っていると思われる世代も登場してはいるようです。女性の方ですね。男性は役に立ちませんから。

やはり、オンナは強い。



と毎度の結論に落ち着きます。

あ、ズボンをあげなきゃ。(バカ)




新訂 福翁自伝

岩波文庫に収録されています。青い帯がついています。

福沢諭吉氏といえば、一万円札です。当人はさぞかし迷惑していることでしょう。多分、迷惑だと思います。

渾身を込めて設立した慶応義塾は陸の王者と唄いますが、彼はあれだけ海を渡っていますから海でも陸でも活躍されていると思います。陸とは謙遜でしょう。

慶応仲良し倶楽部と聞きますが、校風の由来を読むと成程と思います。競合同士なのに仲良くなれるのが不思議ですが納得できます。これは東大の卒業生と異なる点でしょうか。

芸能人何某の子供が入学という話もありますが中学進級すら簡単ではありません。お金は納めて当たり前、学業に追いつけない者は進級するなという魂胆が塾にはあるので楽を出来るのは束の間です。

いつだか、ある経営者が新しい事業への挑戦は早慶にやらせ、失敗した時の尻拭いは東大にやらせると放言されていました。公的な立場もありますから、口を滑らせた感が拭えません。しかし、面白い指摘だとは思いました。

話を戻します。

福沢諭吉は李氏朝鮮末期に朝鮮の憂国士達を助け、ハングル活字を鋳造して進呈して出版を勧めています。更に、彼らの軍資金を井上馨から引き出している点が面白いです。志を持つ若者を受け入れて衣食住を賄い滞在させるあたりは従来の気風というか、懐の深さでしょうか。

朝鮮独立を助けながらもその話を自らは一切喋らないあたり、愉快な男だと思えます。

同書から引用で、

陰弁慶の筆

これは、耳の痛い話です。ああ、痛い。




成人の日

いやあ、気がついたら成人式から十年が過ぎました。

嘘です。大嘘。

成人式の式典で毎年のように騒ぐ輩が出現するのが分かりません。最初から出席しなければいいではないですか?つまらないから騒ぐのではないのですか?騒動を起こしたいのですか?だとすれば、成人していませんよね、それ。

私語が多いのも然り。出席しなければいいではないですか?講演が面白くないからお喋りするのですよね。何も単位がかかっている訳もないし、外に出ればいいと思いますけど。朝もゆっくり寝て入ればいいし。もっとも私語が多いのは学校の授業参観も同じです。親がそういう真似をしたら子供は真似します。やがて大人になり、私語をします。それを見た子供はと続きます。もう悪循環。

地方によっては盆暮れに成人式を済ませる地域もあるようです。皆が帰省するからです。学校や仕事が地元にあれば遠くになんか行きません。都市部へ出て行くのは、学校や職場が無いからです。実は難しい問題が潜んでいると思えます。勘ぐりすぎでしょうか?成人式は同窓会の機会になるようです。中学校やら、高校やらと。高校はグループが分かれそうですが。

女性は晴れ着姿になります。記念写真も撮影します。振袖を着る条件が、乙女であり、即ち処女というのは昔話でしょうか。昔話ですね。結婚式のヴァージンロード然り。

なんにせよ、女性にはいい記念になると思います。大抵は綺麗ですし。ええ、大抵は。



ふと成人式を回想します。




大河ドラマ

視聴率は前々回についでいるようです。如何でしょうか。ついつい観ます。2012年の大河ドラマはカメラワークやら演出やら役者に凝っていました。でも、視聴率はとれなかったようです。数字は知りません。連続ドラマの「梅ちゃん先生」が好評だったようなのでなんとか乗り越えた2012年だったと思います。

平清盛を題材にした大河ドラマというのが難しかったと思います。平安末期という時期が厄介です。やがて、金銭至上主義の室町時代に突入していく訳ですし、退廃したまま更に腐る入り口です。金閣寺を建てたアイツは日本史上最低の売国奴だと思います。日本が独立を逃した時期を述べるなら、足利義満と太平洋戦争後の占領時期ではないでしょうか。

こういう点を学校で教わりませんでした。今の義務教育も教えていないと思います。勘合貿易が何を意味するか教えないでどうするのだろうかと思います。

さて、今年の大河ドラマは会津藩です。これまた難しいと思います。その舞台は日新館です。概略はドラマになっているでしょうから端折ります。要するにいい教育をし、結果を出していたとなります。

しかし、上士の子供が下級武士の子供を苛めた話を何処かで読みました。多分、事実でしょう。但し、他の藩と比べれば一致団結する気概は有ったようです。細かい揉め事は有ったにせよ。故に戊辰戦争は戦いました。

卑怯者相手に堂々と。

長岡藩も参戦しました。これは藩として参戦したというより藩内の同調者を押さえ込めきれず巻き込まれたというのが正しいでしょう。お隣さんは飢饉の恩を忘れました。勝てる戦ではありませんから仕方ないと思います。

松平容保氏は苦しかったと思います。自刃したくても、割腹すれば皆が殉ずるのが分かりきっていたから出来なかったのではないでしょうか。これは私見です。

萩市は会津若松市に姉妹都市を申し込んでは断られています。いいんです、それで。



中村彰彦氏がPHP研究所で編纂した「会津武士道」はお手軽なガイドになる一冊です。文献探しに役立つと思います。






タグ : 会津 新島八重 同志社 女子教育 薩摩 長州

楠田絵里子

お誕生日、おめでとうございます。

彼女は1952年1月12日生まれだそうです。この生年月日はWikipediaでの確認です。

彼女は才媛です。美人で頭がいいですね。まさに才媛というのは彼女のような女性を表現する言葉だと思います。

結婚式のスピーチでは、才媛が大量生産されています。大安の週末は特に量産されます。異常な出現率です。

そもそも、そんなに才媛が多い筈がありません。しかし、彼女は違います。本物だと思います。

随分と昔にSMラブホテルから出てくるところを撮影されてしましました。フォーカスだかフライデーだかは忘れました。

いいじゃないですか、彼女をM調教だなんて。羨ましい男もいるものです。

年齢的にはまだまだイケると思います。還暦過ぎの女性なんか、闇窯やモザイク禁止掲示板に大勢います。現役のM女さんでいて欲しいものです。

そういえば、64歳になる漫画家の里中さんも通産官僚(?)と不倫していました。ノーマルなセックスだったのでしょうか。目隠しに手首縛り位はされたかもしれません。謎です。というか、余計なお世話ですね。はい。



身近にM女な才媛さんがいたらいいなあ。

別にどうこうする訳ではありませんが。





1月11日

ぞろ目です。いいことがあるのでしょうか?

縁起がよさそうです。演技がいいのはご夫婦のアレですね。余計なお世話だ?失礼しました。はい。

しかし、いいことが有って欲しいものです。

宝くじを買うのもいいかもしれません。夢しか買えませんけど。

ふと寄り道をしてみるとか、ふと立ち止まるのでもいいかもしれません。見過ごしていた何かを発見出来るかもしれません。道端でいいのだと思います。

見つかりましたか?

かりんとう?

犬のアレではありませんか?

あなたは大阪のお嬢さん?



お後がよろしいようで。




年齢不詳だぞ、ミニチ。



ハサミ

久しぶりのアホ話PG13です。カテゴリの「アホ話R」と「アホ話PG13」を見て笑って頂けると嬉しいです。カテゴリの名前自体で笑いを狙っています。

さて、ナントカとハサミは使いようなんて言います。そのハサミなのですが、巧く使えません。不器用だということでしょか。ちゃんと切ったつもりが曲がっているなんてしばしばあります。

こんな不器用は心臓外科手術に不向きだと思います。(無免許だし)

鼻毛を切ると悲惨です。毎回のように出血です。

理由があります。
















妻の眉毛ハサミを使うから。

あ、ここだけの話です。知られたら出血は百倍で済まないと思います。勿体ないから献血してこようっと。

このネタ、使った記憶があるな。(独白)




ビデオデッキ

ソニーは1988年の1月9日にVHS式ビデオデッキ発売発表とあります。ちょうど四半世紀前となります。

ある方は、ハリウッド映画が軒並みVHS式を採用しているのを見て軍配がどちらに上がるか予想して的中させています。観たいものが揃った方を買うでしょうという理屈です。納得。

その後、ソニーはソフトウェアの買収に乗り出しました。ちゃんとβ式ビデオデッキの敗因を分析されています。その結果は必ずしも成功したとは言えませんが、試みた点に感心します。

現在、個々に曲なり動画を所持させずにクラウド型へ移行している感じがします。著作権を如何に守るかという話と収益は直結するでしょうから当然でしょう。米国企業の描いた戦略通りです。

さて、VSH式ビデオデッキは機械の製作も素晴らしいのですが業界標準を創り出した点が異色でした。こういう発想はそれまでの日本企業には無い発想だと記憶しています。記憶違いかもしれません。今になって思えばという話なので何ともいやはや。

ビクターは一気にのし上がりました。今はともかくとして。NHKのドキュメンタリー番組「プロジェクトX」に収録されている話ですので興味のある方はご覧下さい。

で、ビデオデッキで何が助かったといえば裏ビデオです。それしか頭に有りませんでした。

いやあ、観たなあ。(遠い目)

貸してくれる人がいないと観られません。

友達は大切にするものだと思いました。



しごきながら。(バカ)






拒絶の日 【2009年ネタ焼き直し版】

1月8日ですからね。

いや!

旦那さんを拒絶して、彼氏に操をたてましょう。彼氏がまだ見つからない方も同様ですね。とりあえず、夫婦生活は避けるのが無難です。(意味不明)


彼氏を見つける気の無い方は、

いやん♪

と可愛らしく旦那さんをお誘いください。

さて、男性はどうでしょうか。

いやっ!は拒絶でしょう。
イヤー!も拒絶でしょう。
いいや。投げやりですね。
いや、異議申し立てでしょうか。
yearは巳年の意味でしょうか。

女性が言うイヤの区別と京都の茶漬けは分かりません。

見分け方はあるのでしょうか?








タグ : 旦那 彼氏 夫婦生活

昭和の面影

平成の世も25年になりました。昭和から平成になり、ほぼ四半世紀です。そのうち、昭和二桁とか呼ばわれるのでしょうか?

松浦玲氏が中公新書から出版された「勝海舟」には、歴史的転機に巡り合わせた時の年齢は大きな意味があると書かれています。

ある方々の著書を読んでいると面白い発見があります。戦後、小学校高学年だった方と幼児だった方の温度差は埋めがたいものだと感じます。朝鮮特需以前の不況に就職難に直面した人と子供だった人の差とでもいいましょうか。

高倉健氏は、NHKが放映した「プロフェッショナル 仕事の流儀」のインタビューで初めての撮影前にドウランを顔に塗った時、ここまで身を落としたと泣けてきたとお話されていました。大学出ても就職が無いからありつける仕事は断れなかったということでしょうか。

もっとも、後者も高度経済成長以前の不況やらインフレやらを経験しておりますし、戦後の食糧難を体感されているので一定の共通点はあります。しかし、著書を比べると世代差は感じます。

どうしてお腹が減るのかな♪
は名曲だと思います。

食べ物を確保できる時に確保しないと大変なことになると体が覚えた世代は食べ物を粗末にしません。しかし、食べ物を粗末にするテレビ番組が一時期は流行りました。畢竟、流行るというのは視聴率がとれたとなります。観ている人々がいるから話題になります。

大食い番組や美食紹介番組は未だに残っています。あれらは性欲を食欲に置き換えているだけだと誰かが書きました。



なるほど。


タグ : 勝海舟 戦後 高倉健 明治 昭和 インフレ 不況

起承転結 【2009年ネタ再掲載】

大阪本町 糸屋の娘
姉十六 妹十四
諸国大名は 弓矢で殺す
糸屋の娘は 目で殺す


起承転結の説明だそうです。昔の人はうまいことを言ったものです。


それにしても最近は再掲載が多い。






お噺 ver1.2

<お囃子>

<着物姿のミニチの登場し座布団に座る。>

ええ、新しい年を迎えまして、いいことずくめの蛇年にしたいものです。まあ、あたしゃ蛙みたいなもんですから蛇になんぞ睨まれたらにっちもさっちもいきませんね。

<羽織をするすると脱ぐ>

えー、


すぐカエル。

<野次がとぶ>

ええ、ちゃんと真面目に務めさせて頂きますんで今日はしくじりません。請負ますんで、しばらくのお時間を頂戴させていただきます。

<座りなおす>

正月から縁起でもないのですが、人間の寿命ってものはどうこうできるもんではありません。いつなんどきにぽっくりいくかわかったもんだじゃございません。

なかには自分でなんて人もおりますがありゃいけませんな。真似できませんな。まず飛び降りちゃうのは出来ない。あたしゃ、高いとこは怖い。入水も無理。泳げない。

<ひっこめと罵声がとぶ>

ある朝起きて調子がよくねえってんで医者でに行ってみたら仰天しましてね。あたしじゃななくて、医者の方が。ええ、それ聞いて驚きましたね。ああだ、こうだと検査してから医者が言うには心停止で脳死だそうで。

まあ、死んでいるそうなんで。医者が言うにはもう取るもん取らせてもらうよって言うんで色々切られて面倒だった次第で。目玉は勘弁してくれってお願いしたんで不自由はしていませんね。

医者が書類をくれて、その同じ書類が何通かあるんで、中を見て驚きましたね。あたしゃ、学があるとは言わないけど漢字ぐらいは読める。死亡診断書って書いてあるでね。これは驚いた。何だい、これはって尋ねてみると役所と保険会社にもっていけって言うんですね。いい銭になるっていうんで急いで手配しましたよ。

そっから後が大変だ。正月早々にお通夜の手配だの葬儀の手配だのと大忙しだ。花は減らせだのなんだと忙しい。棺桶はどうするって話になったんだけど燃やされたら死んじまうから勘弁してくれってたのんだけど許しちゃくれない。死んだんだから気にするなと言いやがる。しのごの言うなら、てめえをいれるぞと怒ったら一番安いので勉強させてもらいますときた。強情なもんだね。様にならないから棺桶くらいはおけ言い含められましたよ。

坊主も面倒だったね。戒名はこれにするよと言ったら怒りだしたね。おあしが減るからってああ怒るのも世知辛いね。まあ、墓場の卒塔婆を書き写してちょいと文字を変えたあたしも何だけどね。

さあ、お通夜が大変だった。駆けつけた仲間は妙な顔してたね。なんだい生きているじゃないか、正月からこういう冗談は洒落にならねえと怒りだす奴までいる。医者が張り出し用の死亡診断書も要ると言っていた意味が通じたね。ああ、こういう時に見せるもんだと。

あたしも大変でしたよ。正装しろって言うからこの真冬に白いの一枚で寒いったらありゃしない。三角の紙をおでこにつけてね。アレを股につけたらブラジリアン・ナントカだね。それでもってお通夜の後は、あれはただの飲み会だね。出来上がってくると、おい!死人!記念撮影してやるから真ん中にしゃがめとか言いやがる。おまけに、ちゃんと両手は垂らせと煩い。

親方も来ていて、クビだとぬかしていたね。死人だと給料が出せないとか。参ったね、これは。君は保険と遺族年金でうまくやれと抜かしやがる。明日から所得税も年金もいらねえから何とかなると他人の財布を勘定していてね。厭だねえ。

しかしなんだね、女房がよかったね。黒い着物、って喪服は黒いですな。白いと大変だ。嫁にいっちまう。未亡人てのは艶があるもんだ。たまんないね。

久しぶりにちょいとって思ったら、

先客がいたんだよ。

うかうかしてられないね。

おかみさん、こういうのは良くないですよと若いもんは抗うんだけど年増の性根は凄いね。あたしが踏み込んでも澄ましたもんだよ。女は言うことが違うね。絶対にお前さんと二人の秘密になるから大丈夫だと若いもんに言い含めようとする。若いもんが兄貴が見てますと言ったら答えたね。

死人に口なし。

<お辞儀をする。ペットボトルも飛ぶ>

<羽織を掴んで走り去る>




タグ : 落語 日本語 日本史 朝鮮半島 韓国 大韓民国 中国 中国史

看板に偽りあり 【2009年ネタヴァージョンアップ版】

菅原孝標の娘。

蕎麦屋の娘でもなしに更級日記とは如何なものかと。

伯母が蜻蛉日記を書いたのだから、此処は薄羽日記にして欲しかったものです。

ウスバカゲロウ日記
薄バカ下郎日記

あれ?
あれれ?
呼ばれたか、ミニチ?


あーあ、早く来ないかなあ。次の正月。














*蕎麦屋の娘でもなしに云々は古典落語のギャグです。



デリヘルは売春にあらず 【2008年ネタバージョンアップ版】

おーい、松の内から再放送かあ、ミニチ。
大丈夫か?
大丈夫じゃない?
お年玉あげようか?
え、むしり取られた?
そんなもんだよ。

風俗の世界も厳しいようで、三十路ともなるとソープランドやファッションマッサージで雇ってもらえないようです。三十過ぎて躰を売るには裏の風俗の選択肢しかないようで、デリバリーヘルスに登録するようです。下着からアウターにいたる衣装と毎月の性病検査にピル代も自腹だそうで、あまり儲かる仕事には思えません。(註1)

さて、そのデリヘルは訪問先で健康相談にのるというお仕事ではありません。エッチなショーツは脱ぐ為に穿いたのですから、脱ぐのが当然です。では、デリヘルは売春かと言えばそれは違います。

売春は春を売るから売春です。この春は青春の春です。青春、朱夏、白秋、玄冬の青春です。北原白秋の名前の由来も、ここにあります。辞書を引くまでもなく、青春の意味するところは十代後半から二十代にかけての年代です。つまり、援助交際は売春であり、三十路過ぎたデリヘル嬢はペニスを有料で挿入させても売春にはなりません。

青春、終わっていますから。



朱夏の女は夏を売るのです。




註1)須田慎一郎氏/著 下流喰い -消費者金融の実態 ちくま新書 第2刷 の第二章悪魔的ビジネスモデルを参照。この他、キャバクラ嬢がホスト遊びから如何様に奈落の底(人身売買のせり)に落ちるかも書かれております。


一月三日

箱根駅伝の帰路です。総合優勝やらシード争いやら激戦です。

と書いてはみたものの実感がありません。だって、まだ2012年の十月だもん。

テレビで駅伝を流しながら年賀状のチェックです。

そうそう、ライスボール(注1)は観ないといけません。この日か?

のんびり過ごされていますか?




注1)アメリカンフットボールの学生チャンピオンと社会人チャンピオンが日本一を争います。場所は忘れました。東京ドームか?


プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: