FC2ブログ

サイゴン陥落

1975年4月30日に北ヴェトナム政府と解放戦線が首都を占領した日です。実に38年前の出来事です。

今ではヴェトナム投資ブームも終焉に向かおうとしています。爆発的投資から着実な投資へ向かうかもしれません。

近藤紘一氏が書かれた「サイゴンのいちばん長い日」は、新聞記者として取材され一冊の本にされています。文春文庫に収録されています。単行本と文庫本では内容(表現)に違いがあるので、単行本しか読まれていない方には文庫本もお勧めです。

単なる記事の寄せ集めではありません。大宅壮一ノンフィクション賞の最終選考で残ったとあとがきに書かれています。同じ内容を山本夏彦氏も書かれています。この時の大宅壮一ノンフィクション賞を受賞したのが「読むクスリ」の著者だったと記憶しています。山本夏彦氏のエッセイに書かれています。

ヴェトナムを北部・中部・南部に分けて鳥瞰する必要性、仏国の植民地運営が如何に巧妙だったか、第二次世界大戦中の日本軍が北部と南部で異なっていた故に対日感情が異なること、反米感情、ボートピープルが生じた所以、日本大使館は大使館職員の現地人妻と子供達ですら保護の対象にしない点(日本国籍が有れば大丈夫なのだろうか?)と学ぶ点が非常に多い一冊です。

興味深く読んだのが、万葉集が異国では読み応えがあるという一文でした。



近藤鉱一氏は癌で夭逝されています。誠に残念でなりません。



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

燃えるゴミ

大型連休は車で移動される方も多いと思います。

高速道路の駐車場には家庭ゴミを捨てないで下さいという掲示がされるけどゴミ箱は溢れていたりします。出掛けの荷物と一緒に生ゴミを持参しますから捨て場所に困る方が多いのでしょう。もっとも、高速道路の駐車場でゴミ箱に廃棄される方は別な地区で廃棄される方に比べれば良心的だと思います。ゴミ箱に捨てています。

高速道路の駐車場に燃えるゴミの日と燃えないゴミの日の区別はありません。ゴミ箱が違うだけです。燃えないゴミのゴミ箱に生ゴミを捨てるのは問題でしょうが、生ゴミを燃えるゴミのゴミ箱に捨てるのは道理が通っています。忙しいなら、天下りしてきた奴を出動させて勤労させればいいと思えます。たまに働いても罰は当たりません。

迷惑なのが生ゴミの日時を守らない人です。非常に迷惑です。捨てた生ゴミをカラスが荒らしてしまい、路上にその生ゴミが散乱します。パリパリに乾いたエロ本とか、穿き古したショーツとか、使用済みコンドームが道路に落ちていたら教育上、由々しき問題だと思います。え?問題点が違う?

ええ、違いますね。違います。そうなると、オトナの燃えるゴミの日を決めないといけなくなります。そんな日にゴミを捨てる勇気はありません。でも、見栄でも数個の特大サイズのコンドームにカルピスをたっぷり注ぎこんで捨てるのでしょうか。え?問題点が違う?



毎度の脱線です。







黄金週間

黄金週間です。毎日、ウン○をしましょうという意味でなく大型連休という意味だそうです。大型のウン○をしましょうという意味でもありません。毎日、見合った量でよろしいかと。ウン○の連呼はスケットダンスの影響なのでしょうか?

さて、この時期を中国では労働節と呼ぶようです。

エンヤーコラヨット♪と節をつけて働くのではなく、労働者はお休みしましょうという大型連休が始まります。つまり、日本のアチラコチラに観光客が現れます。オカネ持ちは欧州へ行きます。日本へ来るのは、欧州へ行く余裕の無い方々です。お買い物が大好きです。

マナーを食べたことは無い方が多いのですが、似たような真似を日本人もしてきていますから目くじらをたてるのも無粋です。そもそも、来てくれないと困りますし。

一昔前は、入国してから行方不明という方が多かったのですが近年はきちんとお帰り頂く方が大半のようです。要するに、日本は不景気だから帰ります。

さて、連休です。オカネは無くても連休を楽しむことは可能です。



良い連休を。




痴漢

ミニチは痴漢されたこともしたこともありません。本当です。信じて下さい。置換は頻繁にしていますけど。本当です。信じて下さい。

さて、痴漢。多いようです。周囲で被害にあった話は聞きます。異口同音に怖い、気持ち悪いと云います。その通りだと思います。見知らぬ男性、腕力で敵わない相手、から無理に触られたら怖いと思います。

なかには徒党を組んで痴漢する輩もいるようで卑怯千万。現行犯でなくてもいいから逮捕して欲しいです。芋づる式に捕まるでしょう。ザマーミロ。個人的には嫌いなのでアダルト動画でも絶対に避けます。変態の癖に生意気を言いますが、痴漢・レイプは観ません。女性は嫌がっているでしょうに。

一方で冤罪も怖いです。男性としては怖い。実生活は破滅でしょう。おまけにこんなブログを書いているのですから誰も無罪を信じてくれないでしょう。ホームレスになっても仲間入りできないでしょう、痴漢で刑務所にぶち込まれた奴。無罪だ、冤罪だと喚いても檻の中です。男性はこう考えるのでむやみに捕まえるのを手伝えとはなりません。間違えていたら、彼の人生は破綻するのです。ね、慎重になるでしょ?

まあ、痴漢なんかしないでオカネを払って風俗に行きましょう。



精神の弛緩。これもいただけません。




みんなで裸

おそらくは女性に限られると思います。旅行先で裸になってバスタオルで隠してパチリとなります。この人はしないだろうと思っていてもしていたりします。勿論、過激な画像はありません。決して丸出しにはしません。胸の膨らみすら隠しています。ちゃんと隠されているのです。

男性は稀に酔うと脱ぎだす人がいます。これはただの迷惑な酔っ払いです。男性達が皆でパチリは聞きません。(興味ありませんけどー。)

隠すなら写さなくてもよいのではと思えますが違うようです。男性でこの心理が説明を出来る方はいらっしゃいますでしょうか?

最近はネットの普及や携帯電話やスマートフォンにつく撮影機能の向上でより安易にこの手の画像が見えるようになりました。茶巾(注1)画像とか流出しています。下品な画像も多く見かけます。しかし、お顔が下品なのでオカズにはなりません。タダで見ておいてウルサイですね。はい。

ちゃんと隠しているから撮れるのでしょうか。逆に顔が出なければオッパイもオシリも写せるのでしょうか。うーん、謎です。でも、見ていて楽しいのはたしかです。



ただのスケベです。はい。














注1)スカートの裾を捲り上げて結わってしまいます。当然、パンツ丸出しになります。修学旅行写真に多いかと。





勝っても負けても

高収入を期待できる職業として医師と弁護士が挙げられます。医師が背負う重さを考えると収入は妥当だと思えます。命が掛かっています。

弁護士は法律で面会時間の単価が決まっているし、無料でお見積もりなんてありません。それでも、弁護士は人数が増えたので独立して事務所を構えることは難しくなったようです。大所帯の事務所を運営する為に債務取立てに精を出されています。よく見かけるサラ金の過払い相談受付というアレです。

債務取立ては公には弁護士の独占事業です。公には。細かく言えば、法律スレスレの商いをされている方々は堅気もいらっしゃいます。債務取立ては難しいのでノウ・ハウがあるようです。

いつだか捕まった政治家だか経営者が弁護士にさっさと罪状を認めて刑罰を軽くした方が良いと言われて大いに憤慨したと書いておりました。負けても費用が発生するのが腹立たしいようです。訴訟された場合は判決の結果を問わずにキチンと集金されてしまいます。言い換えると裁判に負けても訴訟されないオイシイ商売です。

医師の立場からすれば、医療訴訟が多い昨今に弁護士と同列にされたくないでしょう。産科の現象は深刻な社会問題だと思いますが、なりたくないと言われてしまえばそれまでかと。医師の収入はもっとあった方がいいのか、弁護士の門を更に広げて単価下落させるかは一考の余地があるかもしれません。

これらどちらの職業に関わらずに済む人生を送れるなら充分です。実はとても大変なことですが。時間の濃度を密にする方法を持たないと漠然と時が流れて老いてしまうのでしょうか。オカネの分配は不平等でしょうが時間はオカネでは買えないと思います。



一度しかないという言葉に重みを感じます。



連休がすぐそこ

大型連休がすぐそこです。大型と呼ぶからには皆がダンプの荷台に乗って移動するのだなというのは言いがかりです。四十年以上昔の少年チャンピオン(だと思いますけど)でもあるまいし。そうそう、あの時代から教室の窓から逆さ吊りするだなんて事が起きていたのですね。「愛と誠」だったかな?ちょっと自信がありません。生まれていないので。(嘘ぴょん)

連休になりますから、彼氏のいる奥様は不自由されます。連絡がとれなくなります。見たくない顔を見せられて過ごします。アレを求められたりすると余計に厄介です。まあ、家事だと思って済ませて下さい。

実は夫も夫で彼女と連絡が取れないから不自由だなんて書けません。お互い様ですねだなんて筆が滑ると書いちゃいます。

あ、書いている。

大抵は、男性がバレるようです。女性の第六感は侮ってはいけません。第六感とは巧い表現です。感覚なのですね。たまに女性がバレてしまうという迂闊な話も聞きます。男性も勘がいい人はいます。それだけ凄い相手を夫にしたとも言えますが。まあ、女性といえども気が緩むと危ないということでしょうか。

連休なのに出張だという酷い目に合う方も多いです。男性の場合、本当に仕事漬けになる方と羽を伸ばす方に分かれます。見事なまでに分類可能で常に行動は同じです。連休に遊んで何が悪いと開き直るからたちが悪いです。でも、奥様にバレる。うひゃひゃ。(バカ)

まあ、奥様の方は留守にして欲しいと思っているでしょうから出張してしまいましょう。本当に仕事漬けになるか休まれるかはお任せです。これは習性なので自分では制御できないと思います。連休なのに留守をします。



戸締りを しろと言い言い 寝取られて



お後がよろしいようで。



偏差値

一億総ナントカという幾多の単語に現れておりますし、皆がやっていますという行動様式にも現れておりますし、皆が同じだという共同幻想を17世紀以降の日本人を抱いてきたと思えます。顕著に現れるのが偏差値という言葉。

日本社会における偏差値というお題目で英文を書いてみると奇妙なことになります。ちょっとしたスピーチを思い浮かべて頂くだけでも違和感を得られるかと思います。変なのです、偏差値という単語。皆で一緒に頑張りましょうという発想が根底に流れており、稲作社会における村の決まりごとに従いますという姿勢に由来すると推察出来ます。

例えば、士農工商という社会制度。19世紀に廃止されましたが現在の偏差値ランキングと同じだったりします。19世紀の日本人の多勢は農家だったという想定に基づくと仮定し、現代の親子がこの偏差値ランキングなら分相応だと思う感覚を得ると思います。その感覚こそが言わんとしている点です。

一歩踏み込んで書くなら、偏差値50前後なら何も問題は無いという考え方に日本人ならたどり着く点を英文では巧く説明出来ません。巧い説明が出来る方もいらっしゃいますが、偏差値という概念を上手に翻訳することは容易ではないでしょう。

中国や朝鮮半島の歴史や現在の高等教育事情を観察すると競争という言葉が妥当でしょう。競争には勝者と敗者が生じます。現在の中国や朝鮮半島に暮らす人々の不幸は富の分配は血縁が優先され、血縁が無い者は想像を絶する競争に勝たないと暮らしていけない点だと思えます。科挙という制度は現代の社会にも当てはまるかと。

19世紀の農民は被雇用者に置き換えられ、第一次産業から他の産業へのシフトも生じました。現象面での変化は有りましたが、被雇用者には職業高校、専門学校、高専、大学・大学院という教育過程を経れば他国に比べれば酷い目に合わずになるようになっています。本質的には皆が同程度なら問題は無いという発想の域を出ていないと言えます。

夏目漱石が直面した個の確立という問題は村落に暮らすには不便です。村落をマンションとか学校に置き換えても同様でしょう。日本社会の特徴なのだと思えます。

分配が不平等になっており、その格差が開くなか、幸福の尺度を何に求めるかは個人の問題に尽きると思えます。個の確立とは孤立なのだと思う時、足元がすくむのは日本人だからでしょうか。似た現象はヴェトナムで顕著だと坪井善明氏は著書「ヴェトナム新時代」岩波新書に書かれております。




日本の歴史と朝鮮半島の歴史

黒田勝弘氏の「韓国人の歴史観」は文春新書に収録されています。教科書問題の火付け役になってしまった不運はありますが、朝鮮半島からみれば侵略と捉えるのは当然だし、日本から捉えれば進出となると書かれています。この視点は当然なのですが、かの国では反日感情に火をつけました。

学識者でさえ感情論になるというのがにわかに信じがたいのですが、国民性として考えるしかなさそうです。

以下、引用です。

漢字を疎外しながら「日帝」がらみとなると漢字を持ち出し、その字体の違いで反日感情を満足させようとするあたり、実に切ない。

日本が近代化を推し進める中、翻訳は大切な役割を担ってきました。意味を汲み取る為に漢字を使うのですが、日本風に変えられてきました。これが出来たからこそ、近代化は和洋折衷という器用な事が出来たとも思えます。

毛沢東は人民も共産党も共和国も漢字表記だが日本語翻訳であることに閉口した逸話も書かれています。感情論で漢字を切り捨てた韓国社会は失ったものが大きいと思えます。呉善花氏はハングル一辺倒になることで表意文字を失い、しいては抽象的思考が出来なくなったと論じられています。実験を行い、数字による裏付けも行われております。

これをみると日本語へのカタカナ語の流入は恐ろしいと思えます。翻訳の放棄であるし、言葉の崩壊に影響するとも言えます。日本語を失うことは日本人としての思考を喪失します。

炎上覚悟で書いてしまうと日本にとっての朝鮮半島はやわらかく言えば緩衝地帯であり、露骨に書けば通り道だったといえます。中世以降の日本史から汲み取れる結論だと思えます。豊臣秀吉も明治政府以降の戦前の政府も中国大陸へつながる通過点だったと言えるでしょう。

自国の歴史を学ぶ上で隣国の歴史も必要になります。但し、根拠なき感情論は排除する必要があります。熾烈な感情的な発信情報が多く、見極めは簡単ではありません。

試着?味見?

例えば新しい方とお付き合いするとします。鶏と卵になりますが、アレをしてから正式(?)にカップルとなるかお付き合いを始めてからアレをするかとなります。読んでから観るか、観てから読むかというのが薬師丸ひろ子氏を背負った高倉健氏が出演した映画(森村誠一著/野生の証明?)の売り文句でした。

知り合って間もない者同士は慎重になった方が良いと聞きます。お相手が病気持ちだと厄介だと思えます。以前、厚生省のポスターで相手の前の人をご存知ですかというものがありました。前回の恋愛に嫉妬しましょうという趣旨ではなく、感染予防に注意しましょうというポスターでした。新しい試みだなと思いました。いきなり生は危険ですというのが趣旨でした。おっしゃる通りです。

SMプレーをされる方はお試しが必要かもしれません。試着というか味見というか、ようするにお試しです。安全なお試しは難しいと思います。ホント、危険なのです。ナンチャッテS(自分がSを試してみたいだけ)という物真似は危険ですし、アレは下手だと思います。とにかく健康かつ安全にというのは難しいです。Mとしてのお付き合いは出来ないけど体験してみたいという女性もいらっしゃると思います。リンク先をお探し下さい。難しい漢字が並んだブログです。とにかく舐めてもらいたいという女性(男性は不可だと思います)もリンク先をお探し下さい。これらのブログにはメールフォームがありますし、プレーの内容も書かれています。

結婚を前提としたお付き合いを望まれているならまずはシテみるのも方法かもしれません。どうせ直面しなければいけない現実ですし、熱が冷めても暮らせるかという問題があります。但し、男性は初対面でサセテなんて言うと叩かれると思います。男性がM性癖な場合は大変そうです。お見合いの釣り書きにス○ラップオン希望とは書けないでしょう。女装癖があったりバイセクシャルだったりするとどうなるのでしょうか?

女性は恋愛感情の有無に関わらず夫には敬意を求める傾向があるのでM男性の結婚は難しいかもしれません。女装癖と寝取られ癖が夫にあることを知り離婚された女性のブログを見かけたこともありました。

結婚相談所という方法もあるでしょう。但し、初対面なのにチェンジ!とかクチを滑らせるとビンタを食らうと思います。しかし、お互いの目的は同じですからサッサとシテみるといいかもしれません。

女性は初心だと思われたいと考えるようです。


大抵の男は騙されるでしょう。(お前だ、ミニチ)




人事異動 ver2.0

桜と言えば日本の花であり、散る時に見せる花吹雪は遠山の金さんです。(何が言いたい、ミニチ?)

その遠山の金さんです。彼は北町奉行所の奉行でした。(注1)月番でした。1つの職務に二人の行政官が就任するということで円滑な行政運営よりもポストの作成が重要だと苦心した様子が伺えます。ワークシェアリングの概念を既に持ちえたということにはなりません。キャリア組ですから。当時、天下りはなかったのでしょうか?どうでもいいけど。

江戸時代は大名も異動の対象でした。忙しいでしょうね、大名の転勤。当人より家来が大変です。取り潰しとかになると家来は失業です。再就職は大変だったと思います。しかも、何人扶持と言っても公称と実態があたりしたようです。当時、労働基準監督局なんて有りませんでした。最近は監視が厳しくなりましたが、チェーン店の店長が管理職扱いされるのと似た話でしょうか。(支離滅裂)

さて、この季節になると様々な組織で人事異動が公になっていることでしょう。

例えば、公立の学校。新聞には学校の人事異動が掲載されたりします。あっちに行ってくれて良かっただの、いなくなったのが残念とか、反応は様々だと思います。たらいまわしにされる人が出るのはどの組織も似たようです。

プロ野球も人事異動の類でしょうか?監督、コーチ、選手と様々です。天国のようなポストに就ける方もいれば泣きをみる方もいるでしょう。アスリートは明確な結果を要求されますから厳しいと思います。

結婚できない男性が増えていると世間では言われています。つまり、夫というポストが不足しているとなります。その需要を満たすべく、女性の重婚を認めるとどうなるでしょうか?

アナタは年収が下がったから二軍に格下げよなんて言われます。家事が増えセックスの回数が減るのでしょうか?ああ、怖い。(その想像が怖いぞ、ミニチ)



人事と書いて、ヒトゴトと読む。

お後がよろしいようで。





注1)当初、南町奉行所と書いておりましたが、文献を調べたら北町奉行所でした。


引揚げ

第二次世界大戦後の満州や朝鮮半島で生じた大混乱の一つが引揚げだったのでしょう。

藤原雅彦氏と五木寛之氏の対談に引揚げ体験が話題として出されております。藤原正彦氏自身に記憶が無いと言えど引揚げを体験されています。母の藤原てい氏が引揚げ体験を書かれています。壮絶な内容ですし、関東軍から先に逃げたと書かれています。

惨くない戦争というのは有り得ないのですが、ちょっと書ける内容ではありません。人間の本能が剥き出しになり自分達が生き残る為には何も厭わなくなります。

五木寛之氏も引揚げを体験されています。彼が不幸なのは引揚げを覚えていることでしょうか。この話だけは書けないと語られていました。生還したことへの罪悪感といった趣旨の話をされています。

「きけ わだつみのこえ」は残酷な話です。学徒出陣された特攻隊員の遺書を集めた本です。これを読むと死ねた方が幸せだったのかもしれないとすら思えます。予科練崩れという言葉が戦後に出ましたが、その背後には生き残ってしまった思いがあるように思えます。

城山三郎氏も生き残った特攻隊員でした。重みがあります。その体験が個と組織のつながりは何かという問いかけになっていきました。



気安く特攻服を着るのはちょっとです。













18禁プール

プールと言えば水着です。ブラジリアン・ビキニより競泳水着に興奮する変態もいます。(お前だ、ミニチ)

温水プールは四季を通して使えるのが便利です。シーズン・オフが有りません。フィットネス・クラブは高価ですが公営なら格安です。ゴミ焼却場の熱を利用しており、近隣対策を兼ねた設備がプールと風呂です。

設備の維持は大変ですが公営温水プールを家族用と18禁プールに分けるという案は如何でしょうか?露出プレーには最適です。見たい人もいれば、見せたい人もいます。家族向けプールで露骨な水着は親としての困惑はあります。未成年や性的なものを拒否したい方をプレーには巻き込みたくないものです。

しかし、18禁プールなら問題はありません。もうヤリタイ放題の遠慮なしです。設備維持費を少しでも回収する為に18禁プールの男性入場料を高めにすると良いのではないでしょうか。何でしたら広めのシャワー個室も備えればアレも可能です。使い終わったコンドームは分別して捨ててもらい隣の焼却場に運べば問題はありません。ちゃんと捨てない輩は出るだろうとか衛生面を気にかけてしまいます。こういう人には不向きです。

さて、プールを18禁にするからお風呂も混浴です。マットも幾つか並べてカーテンで仕切れたりするといいかもしれません。見せたいカップルさんはカーテンを閉めずに開戦。何発も抜ける男性は多いです。いい案だと思います。ゴミ焼却場を建設する際に反対運動も鎮火しやすいと思います。隣接区域は猛反対しても周囲が建設を後押しします。見たいものは見たいのです。

でも、18禁プールで近所の人と顔を合わせると気まずいでしょうね。ついでに裸も見ますけど。



うーん、どういうプールだ?





漫画の怖さ

活字に比べて安易に見られるという利点があります。しかし、この媒体は誤った情報、特に歴史、を作り出す危険も潜んでいます。

具体的に名前を挙げれば、石坂啓氏が取り上げた従軍慰安婦問題でしょうか。未だに有ったのか無かったのか判別がつきかねるなかで、慰安婦問題が有ったという漫画を発表されてしまうと困惑します。

日本では今でこそ売春という行為は言葉を変えて有りますし、簡単になりました。簡単になったのは売る方が簡単になりました。買う方は昔から簡単でした。一家の為に仕方なく身をひさぐ行為がバックを買う為に売れるようになりました。そこに至るまでの内面的な葛藤は個々に過酷ではあるけれど売り手になる方法が簡単になったと言えます。そして、過去にそういう経験が有ったとしても彼女を唾棄はしなくなったと思います。

韓国社会はホステスですら社会の落伍者であり嘲笑の的になります。かような国で売春の過去は共同体からの排除を意味します。故に、慰安婦でしたと名乗れる筈がありません。テレビに映し出される元慰安婦達の過去は気の毒だけれども証言の信憑性は薄いし(事実を裏づける術が無いという意味です)、共同体から排他されるから晒されて食べるしかつてが無いと考えられます。

追記すれば、朝鮮戦争で駐留した米兵達が禁欲していた・しているとも考えられません。米兵相手の商売は有る筈だし、未だに女セン(漢字、忘れた)はいます。このあたりは、呉善花氏の著書に詳しいので割愛。もっと書けば、北朝鮮になだれ込んだ中国義勇兵達も禁欲していたのかと疑問に思いますが一切話題になりません。明治時代、清の兵隊達がソウルで何をしていたかは韓国人自身がよく知っている筈なのですが。

太平洋戦争中、ミソ・コメ・ショウユの暗号で前線から要求された日本人慰安婦、中国人慰安婦、朝鮮人慰安婦がいたことは事実だと思えます。騙された人もいたと思えます。では、軍隊が銃で脅して大量に動員出来たのかと考えれば疑問は多く残ります。日本陸軍は戦地で問題は起こしていたとは思います。臼井勝美氏が出版された「新版 日中戦争」中公新書を読むと、日中戦争以降に軍紀が乱れてきた感触を得ます。

こういった真偽不明の問題が漫画になると、それが事実であったと刷り込まれるのではないでしょうか。石坂啓氏の漫画は背景などから意図的かつ商業的に左翼を織り交ぜています。それが全員に伝わるとも思えません。誤解を招くことになります。彼女の作品にはフェミニズムの主張が含まれており、なるほどと勉強になる視点も多いのです。しかし、漫画という媒体の影響力を考えると恐ろしいとも思えます。



ブログを続けるということ

ブログが消える原因の一つがネタ切れでしょうか。絶滅危惧ブログです、ココ。

ブログには公私で使わない話題を書きます。これが大変。喋った話は削除だし、ネタにする内容は話題に出来ません。口癖やらよく使うフレーズは絶対に書きません。故に、一ヶ月は書いた記事を寝かせておく必要に迫られます。もっとも、こんなことをしても分かる人には分かるのですが。

それでも、一応は単語やら表現やら全て変えます。検索掛けられたら一発でアウトです。書き始める時はネタを箇条書きしておき、ブログ記事を五本から六本読みます。ミニチが降臨したら記事を書き始めます。この変身タイムも厄介です。時間に追われていると日常を暮らして終わります。

つまり、働く→飯→ウン○(書くな、バカ)→帰る→オ○二ー(本当にバカ)して寝るを循環させて毎日が完結します。

書くネタを探すのも大変ですが、書く状態になるのも大変です。簡単に書く状態にはなれません。そういう方、多いのでは?






コンドーム

スキンと呼んだり、コンドームと呼んだり、コンちゃんと呼んだり、ゴムと呼んだり、生しかしないので無縁だったりします。要するにアレに装着する道具です。

中国製は分厚いと聞きます。アレをしている感覚が無くなる位だそうです。相当に丈夫なのでしょうか。穴が有るかとか農薬は混入していないかと勘ぐる人がいるかもしれません。慎重に国産が良いと思います。

賞味期限というか、消費期限はあるのでしょうか。冷蔵庫で保管した方がよいとか直射日光を避けましょうとか保存方法にコツはあるのでしょうか。子供の手が届かない場所に保管しましょうというのは当てはまると思います。

衣類のようにサイズはあるのでしょうか。SからXLまでとかありそうですが、通信販売のカタログをみるとサイズの記載はありません。安心してもよろしいのでしょうか?(何が言いたい、ミニチ?)

色とかイボつきとか薄さはあるようです。においも無臭に近いとかあるようです。さすがに、カレー味とか味噌味とか醤油味というのは聞きません。装着したらアレは舐めないという理解でよろしいのでしょうか。勿体なくないですか、そういうの。(何が言いたい、ミニチ?)

ディルドやバイブをお使い頂く場合、コンドームの装着はお勧めします。ディルドは殺菌できますが電動バイブは洗うと故障の原因になりそうです。何より衛生面の問題は解決しないと楽しめません。余計なお世話ですけど。洗えるバイブは売り物になるでしょうか?

パナソ○ックあたりでオ○ニー用としか思えないデザインの洗えるマッサージ機(名目は肩こり対策)を販売したら売れるのではないでしょうか。








夫婦格差社会

夫婦格差社会という本を読んでみました。各種の統計や学説の検討が行われており、興味深い内容でした。

意外だったのは、医者も弁護士もウハウハ(何時代の言葉だ、ミニチ)だと思っていましたが、開業医と弁護士ではかなりの開きがありました。やはり、開業医がオイシイのでしょう。

雑誌「プレジデント」から引用されていた男女は相手の学歴にどこまで妥協できるかという統計も面白かったです。旧帝大一工、早慶、MARCH、日東駒専、大東亜帝国、その他とありました。同書では、名門、非名門、その他の三極化と分析されていました。

40-50代の大学進学率は十数パーセントです。言い換えれば、八割は大学に行きませんでした。しかしながら、こういう記事が興味を引くのは自分でも問題だと思います。大学は勉強する場所だという当たり前のことを忘れているから、こういう発想になるのでしょう。

昨今は大学進学率が6割だと塾の広告にありました。異常です。そんなに大学に行って何を学びたいのでしょうか?サラリーマン(ホワイトカラー)になりたいのでしょうか?専門職もあるのでしょうが、専門職の希望者が増えたという理由で二十年前の4倍になる大学進学率は説明できません。

家業が廃れ、サラリーマンの家庭に育った子供がサラリーマンを目指しているのでしょうか。

就職活動は大変ですが頑張ってください。真面目に評価してくれる場所で活躍してください。今、栄えている企業の二十年後、三十年後なんてアテになりません。

さて、同書で述べている夫婦格差。同類婚が進み、金持ちは金持ちと結婚し、貧乏人は結婚も出きない。なんか、異常です。

平均収入の半分以下しか収入がない人が15%もいるだなんてオカシイです。






はげる

どうやら禿げることに男性は恐怖感を感じるらしいです。髪の毛ネタはタブーだとは思いますが、禿げることを心配することは無意味だと思いますので書きます。敢えて書いちゃいます。

必死になってバーコードをしたりする男性は多いです。ロン毛河童という落ち武者クンも見かけます。アニメ「サザエさん」の波平さんも必死にドライヤーを使ったりして省エネ時代に逆行しています。思い切って切り刈り込んだ方が格好いいと思います。

映画「誰が為に鐘は鳴る」も映画「地獄の黙示録」も禿げが性的魅力の喪失でないと示唆してくれます。彼らは格好いいから禿げても格好いいのだと思われるかもしれませんが、それは違うと思います。格好いい男性は禿げるとか禿ないとか関係ないのです。

甲子園を見ればお分かりになると思います。容姿端麗少年は髪型というトリックを使わなくても格好いいです。ダルビッシュ氏も昔から格好いいです。その逆も真なのですが。非格好いい少年に丸坊主はちょっと残酷です。晒しの刑でしょうか?全国放送で?

問題点は禿げることを気にして繕うことでしょうか。そもそも、ショーツを降ろしたらパイパンだったという理由でショーツを元に戻しますか?(飛躍するなミニチ)

ショーツを降ろしたらアレがぶら下がっていたとなれば躊躇するとは思います。(躊躇で済むのか?)

しかし、無毛だからという理由で中断はしないと思います。素敵なオハゲさんがいるのだという女性からの応援コメントをお願いします。







アヴァンチュール

恋多きオンナをアヴァンチュリエールと呼ぶらしいです。仏語なのでよく分かりません。米語ならアドヴェンチュアレスといったとこでしょうか。こちらは山師とか野心家とかいう意味になるようです。あんまりトキメキません。ところで、トキメキだなんて死語でしょうか?

恋と言えば、もの思へば沢の蛍もわみよりと詠んだ和泉式部でしょうか。出ずるのは魂でなくオ○ンコ汁だろうというのは勘ぐりすぎでしょうか。ええ、勘ぐり過ぎですね。はい。

ニンフォマニアと性的冷感症が表裏一体という内容を澁澤龍彦氏は書かれています。あまりに書きすぎでしょう。恋多き女とニンフォマニアを一緒にしてしまうのはやはり男目線かもしれません。男は、

枕だにしらねばいわじ見しままに
君かたるなよ春の夜の夢

だなんて詠めないと思います。これまた、和泉式部。ちょっと読んだ位で記事にするあたりネタに困ってきた様相が現れていると思います。うーん、苦しい。

ニンフォマニアというのは説明するまでもなく精神疾患です。お医者さんに診て貰った方がよいと思います。もしかしたら、お医者さんの彼氏が出来るかもだなんて想像したら今すぐに受診されることをお勧めします。

性的冷感症がニンフォマニア似ているという話は事例を読めばなるほどとは思いますが腑に落ちません。自虐嗜好になるという理解でよろしいのでしょうか。

さて、恋多きオンナ。もう、情緒の塊でないとなれないでしょうし、周囲に恵まれていないとなれないと思います。

大切な出逢いがあった。その一言に重みを持たせたいものです。



ねえ?



日本語と英語

言葉は違うものだと痛感する時があります。高尚な話ではありません。今日は、そーゆー日ではありません。アホ記事の日です。

その違いとは何かといえば、エロ画像・エロ動画の検索を掛ける時に使う文章に違いが出ることです。お前の語学力不足だと言われると御仕舞いなのですが、検索したい文章の作成が簡単か難しいかということになります。

時制がどうこうといった難しいことは書きません。現在形で充分です。記事を読みたいのではなく、エロ画像・エロ動画にたどり着きたいのです。

単語も難しくはありません。「試験に出る英単語」の二番目以降を思い出せないのに、こういう単語に限ってすらすらとスペルまで覚えるのは何故でしょうか?試験に出ない英単語というのが有れば努力不要かもしれません。

片岡義男氏の「日本語と英語-その違いを楽しむ」NHK出版新書が人称についても書かれています。(註1)主に第一人称と第二人称が中心です。検索を掛ける時、気がつくと第三人称になっています。そこで、この本を思い出します。そっかあ、第一人称で検索を掛けないからヒットしないのだと分かります。

この第一人称で書くという癖は厄介です。夫、妻、彼氏、彼女といった属性をあてがって検索をかける場合にはついつい日本語の癖がでます。ここは自ずと所有格を使えばいいとかを忘れます。

検索がややこしくなるのは内容が変態だからという至って簡単な理由です。探している内に簡単な単語で表現されている事を見つけたりもします。なんだ、文章にしなくてもいいじゃないの。

それにしても、米国ポルノ事情からは目が話せません。これは遠まわしな言い訳なのでしょうか?



語学力の不足であり、言い訳ですね。はい。









註1)著者はこんな記事に引用されて迷惑だと思います。あ、いい本です。



就職戦線異状無し

嘘付け、オカシイ。それに異状じゃなくて異常だよ。何、これ?

この時期、優秀な学生さんは内々定がでている頃でしょうか。十月解禁ですから既に一通りの予選は終わっていると思います。大企業が刈り終わった残骸を中小企業が漁ることになります。でも、採用したい学生さんは少ないでしょう。既に刈り取られていますから。

本当に才能に恵まれた若者は会社に頼らず起業されると思います。会社に棄てられる人々を見ていれば、そう思うのが当然でしょう。ここでいう「本当に才能に恵まれた若者」というのは自力でビジネスモデルを見つけ出せる人です。頑張って欲しいと思います。ソニーもホンダも焼け野原から始まりました。

さて、大企業は内々定で唾付けをしますが人数調整が必要になることもあります。こうなると大変です。何かしら難癖をつけて学生さんを放り出します。大人が本気になったら大抵の学生さんはかなわないと思います。百戦錬磨の社会人を棄てる人です。子供を棄てるのは容易いものです。

ブラック企業にはお気をつけ下さいとしか言いようがありません。そんな職歴を残すと後が厄介でしょう。怪しい仕事は避けた方が賢明です。正規雇用が少ないので大変だとは思います。でも、警戒心を持たないと社会ではやっていけません。

そういえば、同族経営のコンドーム屋から会社案内を頂いたことがありました。生が好きなのでパンフレットは一読してから捨てました。商品写真が並んだページは家族に見られたくないと思いました。

コンドーム屋は男子社員には定期的にコンドームを配るという噂がありました。あの噂はふたつの会社のどちらかだと思いますが、どちらの会社か忘れました。テレビ番組「新婚さんいらっしゃい」で社員の奥様が話されていました。まだ、山瀬まみ氏ではなかった時代でした。

さて、就職活動。お手洗いでのマナーだとか外に出てからの様子はちゃんと見ています。いきなり路上喫煙とかは止めましょう。お気をつけ下さい。





起動戦士ガンダム

1979年の同日は起動戦士ガンダムの放送開始日でした。そんなに時間が経ったのですね。未だに色あせないのが凄いと思います。

誰が主人公かよく分からないという点が画期的でした。アムロ・レイとシャア・アズナブルのどちらが主人公か区別がつきかねていました。勧善懲悪になってもいませんでした。ジオン公国は独裁政権下ではあったけれど、元はシャアの父親がコロニーを独立させています。17世紀の英米関係を伺わせておきながらもクーデター以降のジオン公国はコロニーの虐殺をしたりしており、どうみても第二次世界大戦前のドイツを連想させています。

話が脱線しますが、ドイツのユダヤ人虐殺に同盟国イタリアのムッソリーリは無関心だったし、ドイツに敗れたフランスは積極的に協力しています。何それと思います。フランス人の言う博愛という言葉は仏語を話す仲間内に対する感情だと誰かが書かれておりました。

起動戦士ガンダムは登場人物達が様々な人種で構成されている点も驚きました。セイラさん、よかったなあ。おいしいオカズだったなあ。小説版ではアムロ君が筆降しされて羨ましかった。まさか、シャアの妹さんだったなんて。これはどんだ失礼を。

ミライ・ヤシマもよかったですよ、オカズに。いいじゃないですか、MADE IN JAPAN。

その後、色々とシリーズ化されたようです。分かりません。画面を観るとチカチカします。画面を観るとチカチカするのはエヴァンゲリオン以降だと思いますが単なるテレビの観すぎかもしれません。

赤い彗星のシャアは勿論ですがザクは格好イイと思いました。ゲルググというお腹が痛くなりそうなモビル・スーツもありました。

新しい作品が送り出された日だったのだと感慨深くなります。







トイレの行列

またもや、事故で公開。とほほ。

さて、高速道路の駐車場。

トイレが混雑してくると男子トイレの個室に並ぶオバサマが増えます。みんなで並ぶから怖くないという国民性はかような場面で現れます。男子トイレの個室に並ぶオバサマに申し上げたいのですが、ウン■を我慢している成人男性も男の子もいるのですよ。その為に男子トイレにも個室があります。

但し、男性は液体の方なら話は簡単です。ホースを使うという裏技(?)があるので、トイレの裏手に回り済ませちゃえという不埒な考えを持つ場合もあります。しかし、既に女性達が傘を広げてしゃがみこんで見張り役が来ないでー!!と絶叫しています。先客がいるのですね。

やむなく男子トイレに戻ります。取るのがドロボーで取られたらベラボーです。しかし、やはり個室に並ぶオバサマは強い。何を言っても無駄でしょう。五月の鯉の吹流し。旅の恥は垂れ流し。ミニチのズボンも・・(止めておきます)

トイレ整備というものは予算獲得が簡単な事業だとは思えません。それでも、高速道路の駐車場には子供優先トイレとオバサマ用トイレを増設して頂けないでしょうか?オバサマには自分達は優遇されていると知らしめないと男子トイレに侵入してきます。それも集団で。

あ、男子トイレは女人禁制にして下さい。オンナを引退されているという理由で並ばれると困ります。トイレ、トンネル、土俵は女人禁制にして下さい。全て手遅れですが。



ほんと、トイレは迷惑しているのですよ。





ピース

村上春樹氏が書いた「ノルウェイの森」にピースという言葉は台詞のあちらこちらに出現します。当時の大学生の間で流行っていました。反体制とかも当時の流行語でしょうか。

ピースサインというのもあります。無意識にされる場合も多いです。無意識なピースサイン。オマ■コを拡げる時にされていませんか?

ビラビラごと拡げています。ピース。そこまでしなくても、クリトリ■を剥く為にピース。ご自身される時とか、して頂く時とか、色々な場面があるかと。

とにかく、拡げる為に使う指なのですが、人差し指と薬指との組み合わせとか違う指同士の組み合わせとかあると思えます。要するに、自由に使える指が無いと困ります。拡げてお仕舞いはないだろうにと思います。



指の組み合わせに思い当たる節はございますか?




男の三段活用

男性の造りは単純です。そりゃもう単純です。本当です。だからこそ結婚市場では高値をつける男から順番に落札されます。どうしようもなくなると日本国籍販売要員になります。

モテたい、ヤリたい、ああシタい。

ね、簡単なんですよ。(お前だ、ミニチ)

お腹の三段活用もあります。三十代、四十代、五十代とかつてのお腹の縦線が横線になっていきます。女性は脂身がのるのも魅力になるでしょうが、男はデブで終わりです。これはあんまりです。非常に不公平だと思います。でも、

モテたい、ヤリたい、ああシタい。

ね、簡単なんですよ。(だからお前だ、ミニチ)

春の陽気に誘われてイカレテきたかもしれません。






済州島

大韓民国が開発した観光地です。朝鮮社会の構造は中央志向になっており、中央が在る以上は辺境が存在します。見捨てられる土地となります。元が朝鮮半島を支配した時代、済州島は馬の放牧地にされていました。辺境に対する過去と現在の問題を抱えながら竹島を実行支配するというのは韓国政府の言いがかりなのですが話が脱線するので済州島に話題を戻します。

関西にも関東にも朝鮮人移民が集まった町があり、その多くは済州島出身です。首都で仕事が見つからないから工業化を急ぐ日本へ移住しました。何故に異国に移民したかと言えば、自国では生活が成り立たなかったからです。

全羅道(北西部)出身でさえ就職が大変ですから、辺境である済州島出身者が仕事を得ることは容易ではないのでしょう。地域抗争からさえ見捨てられています。第二次世界大戦終了後、済州島が騒ぎになったことは有りました。内部抗争の舞台になっただけの話ですが大変だったようです。

さて、日本の問題です。

国内での修学旅行は費用が高いので済州島へ行く高校があるとか。そして、大日本帝国が如何に残虐非道であったかという博物館を見せられるようです。有ったことも無かったも混ぜ合わせています。そもそも観光地で彼らは何がしたいのでしょうか?快適な時間と空間というサービスの提供ではないのでしょうか?

済州島へ行くのが悪いという話ではありません。まずは自国の歴史が先だという話です。順番としては自国から外国が妥当だと思えます。その点に於いて修学旅行の目的は自国を学ぶことであって欲しいと願います。

まずは自国の歴史を学ぶ。大切なことだと思えます。ついでに書いてしまえば教科書なんか年号の字引程度に扱うことでしょうか。イイ国創ろう鎌倉幕府だなんて、源頼朝は考えていなかったと思います。1192年を覚えるには都合が良いのですが当時の暦は違います。

気になっているのは、このブログで度々引用させて頂いている呉善花氏が日本に帰化されていることです。彼女は済州島の出身です。軍隊でも成功されました。いまや自国では非難の的です。日本を庇いすぎるそうです。私的な理由で帰化されるのなら気になりませんが、自国で歓迎されていない点が理由になっているとすれば気の毒な話です。


毛深いのはお好き?

毛深いのはお好きでしょうか?医者が言うにはミニチは相当に毛深いそうです。心臓にも生えていると。(意図を察しろ、ミニチ)

男性は自身の頭皮については毛深いのがお好きなようです。マンション等の構造計算(法規に適った設計であることを証明する計算書)を素早くこなされていた建築士も執着があったようです。逮捕され身柄を拘束された時もカツラを被っていたようです。彼はその点に注目されたのが何とも悲喜劇でした。

カツラ市場は広がるのでしょうか?人口を考えるなら規模は縮小すると思いますが無くなりはしないでしょう。該当する男性は必ず出現します。そういう馬鹿げたことは気にしないというマトモな意見が多勢になると変わるかもしれません。しかし、女性がウィッグを必要とする場合、事態は深刻でしょう。

米国ポルノには毛深い女性が大好きというカテゴリがあります。髪の毛だけでなく、脇も脛も背も濃いのが好きという嗜好です。そこに並ぶ画像を眺めると皆様が毛深いのです。

風潮としてはパイパンが多いと思います。もしくは、ビキニラインのお手入れをして刈り込むとか。これ、舐める人には親切だと思います。剃るという方法もありますが、生える時にチクチクしますし肌が荒れます。赤いボツボツが出るとビョーキかと心配になると思います。(知っているのか、ミニチ?)

自然にしておくのが自然なのだという考え方もあると思えます。ですから、タワシちゃんはタワシちゃんでよいのかと。お相手さんは気にしないと思います。いい加減な意見なので間に受けられても困りますが。

黒木メイサさんと名前が似ていたアダルト女優さん(自殺?)は腋毛を売り物にしていました。腋下はジャングル。個人的な感想としては、彼女はジャングルという程でもありませんでした。如何にミニチの物差しがいい加減かご察し頂けるかもしれません。

スネ毛を気にされる女性は多いようです。昨今は男性でも気にするようです。通信販売のカタログに男性も使えるスネ毛シェーバーが広告されています他にスルことは無いのかと思いますけど。



ねえ?




間接税

課税は本当に巧妙です。髭に課税するだなんて無茶もありました。日本ではありませんが酷い話です。税務を勉強すると如何に脱税が大変か、現金が如何に貴重か、金丸のせいで割引債が無くなり如何に損しているかを知らされます。

間接税で酷いと思ったのは、結婚式の披露宴でした。飲食費に対して、国と自治体から二重に課税されました。こういう真似をされると挙式がバカらしくなってきます。挙式と披露宴は別物ですが、挙式後に参列者に対し、終わりました、ハイ、さよならとは言えません。飲食は避けられません。現代は挙式しないカップルも出てきているようです。良し悪しはともかくとして、余計な課税は避けられます。

酒類と煙草は内税になっています。法外な税率が法律で定められているのは何かのギャグでしょうか?課税するなら税率が何割何分と表記して頂きたいものです。

そして、消費税。竹下登は3%(当初案は5%)を導入して税率以下の支持率を得ました。外税表記と内税表記で色々ありましたが、大方は外税表記で落ち着きました。

心配しているのが、この消費税。今度はVAT方式に変わるのではないかと危惧しています。仕組みとしては取引に対して課税し、支払い元でない者が還付を請求する方式です。多くの国で採用されています。非常に巧妙です。酒類や煙草の課税方式を一般的な消費全てにあてがうという表現でも良いかもしれません。

勿論、食品といった生活必需品への税率は考慮されなければいけません。しかし、消費税(間接税)が潜まれており税率がよく分からないという状況が何を意図するかは簡単な話です。税率の上昇です。いまどき、5%の消費税で持ちこたえられるとは思えません。日本共○党のスローガンは単なる選挙対策です。民○党のマニフェストと同じです。議員になれなければ無職です。

だからと言って消費税15%なんて口が裂けても言えません。国会が紛糾します。政治生命も絶たれます。竹下登の末路を見れば一目瞭然です。

この記事が掲載される頃にVATだなんて話が囁かれていないことを祈るのみです。尚、2012年12月21日に欧州の某国で間接税が20%を超えました。



明日はわが身です。






新年度

今日はエイプリルフールですが、普段から嘘ばかり書いているので真面目な記事にしてみました。

お正月より新年度で気分が変わるという方は多いと思います。特に、園児になるとか、児童になるとか、生徒になるとか、学生になるとか、社会人になると環境も変わると思います。ご自身の環境に限らず家族の変化も影響しそうです。良し悪しはあるにせよ気分を新たにするという機会になるかもしれません。

望んでいた方向に変わる人もいれば、そうでない人もいると思います。大抵は後者だと思います。でも、腐らずに前を向うではありませんか。これはかなり辛いのですが現実は現実です。それを否定しても何も変わらないと思えます。

満足してない。だから頑張れる。

そんな考え方が有っても良いと思います。その先の結果を不運にも知ってしまったとしても腐らない自分でいたいと思っています。



どんな年度になるのでしょうか。






プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: