FC2ブログ

あと、どれくらい?

今年も三分の二が終わろうとしています。そう考えると一年は早いと思います。残り三分の一です。つまり、一月一日から昨日までのアレの回数に2を掛けると今年が終わるとなります。かためて頑張る場合もありますが、単純計算ではそうなります。

九月から大晦日まで百二十二日となります。28日周期で今日から始まったとし、頭の五日が禁欲とするなら百夜しか機会がないとなります。しかも、週休二日制で休日にするという条件を加えると四十日しか機会はありません。禁欲せざる得ない日が休日に無いという計算でも四十日しかないのです。

一日一回で5ccを撃つなら最大でも200ccです。たった、それだけです。

そう考えると月日が過ぎるのは短いものだと思います。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

大人のおもちゃ

買うには勇気が必要です。だって、高価です。簡単に買える人もいるとは思います。しかし、庶民にはちょっと難しいと思います。あっという間に○万円とか吹っ飛びます。おいそれと手出しは出来ません。

しかも、一つ買うと別なものも買いたくなります。この衝動を抑えるのは辛いと思います。あっという間に○万円もオカネがかかるのはこういう仕組みがあるからです。欲望を抱えるより無縁でいた方が楽だと思います。

音の問題はあります。まあ、BGMを流して誤魔化すのでしょうか。しかし、どうせなら音も楽しんだ方が楽しいと思います。こうなると厄介です。小学生のお子さんから、ナニ?等と尋ねられるとシドロモドロになると思います。しかも、○万円もオカネが消えていますから良心の呵責というものが生じます。故に、音は本来の楽しみを捨てて別なBGMを流すしかないでしょう。

置き場所にも困ります。何部屋もあり、鍵もかかるという家は存在します。しかし、そんな家に住めるのは極めて経済的に成功したか生まれた家に恵まれたという人に限られます。大抵は仕舞い場所にすら困るのです。

こう考えると手が出ません。
















あ、鉄道模型ですから。


初恋の人

男が聞きたくない知らせの上位に初恋の女性が出産した話があるとか。嗚呼無残という気分になるようです。個人差があると思いますが、そういうものなのでしょうか。

たしかに、初恋の女性はオカズにはならないと思います。プラトニックです。イン○ではありません。例えバイア○ラを飲まれても挿入もオ○ニーも拒みます。ええ、本当に。(嘘を書くな、ミニチ)

そもそも初恋の人を思い浮かべて勃起するのでしょうか。謎です。初恋の人から大好きな下着(ガード○とかボディ○ーツ)を見せてあげると言われても謝辞するでしょう。そういう対象ではありません。

身内の下着に欲情しないのとは違うような感覚です。友人の奥様がショーツを見せてくれてもフーンで終わるのと似ているかもしれません。(見たのか、ミニチ)

世間は広いもので、中学時代からお付き合いして結婚されたとか高校時代からお付き合いして結婚されたご夫婦はいらっしゃいます。相手が初恋の人だったかは聞きかねます。本当は他の人とシテいるだろうという下世話な想像も控えます。(嘘を書くな、ミニチ)

女性はおませさんが多いので初恋が幼稚園だったりします。男性は風俗を数えなくてもいいという勝手なルールを適用される方もいらっしゃいます。ですから、中学時代や高校時代からお付き合いして結婚されたご夫婦が初恋同士とは限りませんし、他の人とシテいませんとは限りません。

一人しか知らない。それで充分。そう思えるなら幸せだと思えます。



ねえ?

ストッキング

月は眺めるものだと山本夏彦氏は書きました。ミニチは、網タイツは眺めるものだと書きます。触り心地が良いとは思えません。眺めるだけだから良いかと。模様入りのストッキングも眺めるには楽しいのですが触るにはちょっと。柄が邪魔なのです。誰も聞いていませんね。失礼しました。はい。

戦後、オンナと靴下は強くなったと言われました。

あ、書いちゃった。

その靴下ならぬストッキングです。パンティ・ストッキングというものとセパレーツのストッキングがあるようです。股間をナイロンで覆うか覆わないかという違いです。股間を覆うタイプは触るには不自由です。パンティ・ストッキングはスル前に脱いで頂かないといけません。スル前に既にヌルヌルになって糸を引いていれば、それはそれでウヒヒです。(バカ)

嗜好なのですが、このストッキングにこだわる男性もおります。パンティ・ストッキングがいいとかセパレーツはグッとくるという感情でしょう。どっちてもいいから早く脱げとか思わない人たちです。セパレーツのストッキングが好きな方は脱がせずにスルのでしょうか。まあ、嗜好です。

何にせよ、アウターから脚を眺めているのが一番無難です。触りませんからね。(嘘じゃない)



見るだけです。







結婚しない女 結婚できない男

なんかハウツウ物にありそうな題目です。本当にあるのかは分かりません。書店のハウツウ物コーナーは真面目に見ていないので気がつかないのでしょう。

政府の統計を眺めていると結婚しない女性は増えています。それが、結婚できないのか結婚しないのかは統計には出てきません。

昔、職業婦人と言われていた特定の業種に関わる女性が今は様々な分野で働くようになりました。働くようになったという面もあれば、選んでいられないという現実もあるでしょう。そこまで分析した文献はみていないのでこれまた何ともいえません。真面目に探せば論文がありそうな課題だと思います。

女性の事情はともかくとして、男性をみてみます。様々な本で結婚したくても家庭を支える収入に欠く男性が多いと読みます。たしかに収入格差の統計や非婚率をみると年収が低いために結婚出来ない男性は多いと読めます。これは非正規雇用が原因でしょう。

コンビニエンス・ストアで学生ほどには若くはない男性を見かけます。これはマズイと感じます。何故ならば、コンビニエンス・ストアでアルバイトをしながら結婚して子供を授かるかもしれないなどということは難しいからです。相手の女性は見つかるのか、その女性の家族は結婚に賛成してくれるのかという問題もあります。身内なら絶対に反対すると思います。

自分の年齢に相応の女性なら結婚してもらえる時代ではなくなりました。その男性の収入がどうなっているかが結婚を後押ししてくれます。結婚であり性行為の相手と限らないのが難しい点ですが、問題を家庭(子供の有無に関わらず)が築かれる機会が失われている点に集中したいと思います。

年齢のバランスが取れていても条件(収入、学歴、家庭環境など)が釣り合わないと結婚には踏み切れないものです。男性は社会的な結婚(年齢相応に家庭を築く)を気にするものですが、女性は心が動かされた上で条件を鑑みるでしょう。アルバイトの青年が女性の心を揺さぶれるかといえば、一般論にはなり得ないと思います。

故に、これは雇用問題だと思えます。



気分転換

ファイト!一発!と叫ぶと気分転換になるのでしょうか。

一発抜くと気分転換出来た時期もありました。試験勉強の息抜きにオ○ニーすると気分転換できるのは男性特有の構造だと思えます。女性なら勉強に戻れなくなるでしょう。アレだと話は別ですが無駄打ち(?)はちょっとした息抜きです。

幾多の教科書に書かれていますがオーガズム以降の性欲の衰退模様は男女差が激しくあります。男性だって女性のように性欲が持続した状態になれるようですが果たしてどうなんでしょうか?(何が言いたいのだ、ミニチ)

所謂、賢者モードという状態が男性にはあります。射精した途端に我に帰るのです。良い表現をすれば、スッキリします。我慢していたオ○ッコを出し終わった時の解放感に比べたら気持ちいいのなんのって。ある種の排泄行為だと思います。あ、悪い表現です。

手の込んだことをしたオナ○ーは後始末が厄介です。この賢者が舞い降りて、「ナニ、ヤッテンノ?」という自問自答に駆られます。オナホールの後始末はこの状態にならないのでしょうか。M男性もこの状態にならないのか不思議です。なるような気がしますけど。

女性は後始末が大変なことをしても急激に後悔したりするのでしょうか。しないように思えます。憶測ですけど。如何でしょうか。

明るいSM

SMというとなにか暗い陰の雰囲気を感じる方が多いと思います。少数派の嗜好でした。今は簡単に楽しめるようになりました。手錠だとか縄だとか買うのは難しくなくなりました。リンクしているサイトにある通り、色々と品揃えがあります。初心者のセットまであります。

ナンチャッテSという男性はおります。Sの真似をする人です。危険です、そういう人。興味本位で物まねをしますから何がどこから危険になるか分かっていません。もし、SM体験したいM女さん(?)がいらっしゃいましらリンクしている男性諸兄にご相談下さい。上手い人とシタ方がいいですよ、ホント。寝取り調教をされる方もおります。

興味があってもSMには踏み込むと危険な人もいます。精神疾患を抱えている場合です。危険です。真性転化(という言葉ないけど)する危険があります。病理的なSMはビョーキをより悪化させます。SとかMとか無関係に避けて下さい。

ミニチの調教は厳しいです。

装飾の無い灰色の部屋に机と椅子を置き長時間座らせます。机上のランプで女性の顔を照らし、何人とシタか白状させます。

これぞ明るいSM。

そういう意味ではありませんね。失礼しました。はい。

焼餅と嫉妬度テスト

誰かが書いた話です。焼餅というのは、パートナーもしくは好きな人がした行動に対して怒るそうです。嫉妬はパートナーもしくは好きな人がしたかもしれない行動に対して怒るそうです。ある種の妄想も含まれてきます。

さあ、焼餅&嫉妬テストです。

配点 5点 100点満点
1)パートナーが異性の仕事関係者と電話していると腹が立つ。
2)パートナーが昔の恋人と電話していると腹が立つ。
3)パートナーが異性の仕事関係者とランチしていると腹が立つ。
4)パートナーが昔の恋人とランチしたら腹が立つ。
5)パートナーが子供繋がりの父兄とランチしたら腹が立つ。
6)パートナーが子供繋がりの父兄とランチしたらムラムラする。
7)パートナーが異性の仕事関係者と同じ飲み会に行ったら腹が立つ。
8)パートナーが昔の恋人と同じ飲み会に出くわしたら腹が立つ。
9)パートナーが異性の仕事関係者と二人で飲みに行ったら腹が立つ。
10)パートナーが昔の恋人と二人で飲みに行ったら腹が立つ。
11)パートナーが別な異性と飲みに行くかもしれないと思うと腹が立つ。
12)パートナーが別な異性と飲みに行くかもしれないと思うと興奮する。
13)パートナーが異性の仕事関係者とセッ○スするか心配になる時がある。
14)パートナーが昔の恋人とセッ○スするか心配になる時がある。
15)パートナーが別な異性とセッ○スすると想像して興奮する。
16)パートナーが飲み会と言って午前様になると心配になる。
17)パートナーが飲み会と言って午前様になると心配になる。
18)パートナーが飲み会と言って午前様になると妄想する。
19)パートナーが最近になって綺麗になり嬉しい。
20)パートナーが帰宅後にパンツを裏返しに穿いていたら腹が立つ。



コメントをお待ちしております。






カンボジア

一神教と多神教は相容れないという話になりますが、カンボジアの戦後(第二次世界大戦)史がまさにそれだと思えます。

国民の95%が仏教徒という国にイデオロギーをいう一神教を持ち込んだのがポル・ポト政権でした。悲惨な処刑を繰り広げ、少年兵に虐殺を刷り込みました。殺された人は150万人とか。200万という説も読みましたが、これはどの記事で読んだか忘れました。要するに親類が虐殺されていない人はいないという状況です。如何に異常かお分かりいただけると思います。

カンボジアの東はヴェトナムです。故にヴェトナム戦争に巻き込まれました。今ならアフガニスタン問題に巻き込まれたパキスタンのようなものです。部族社会が定着している地域という意味では共通点があります。おまけにヴェトナムからは格下扱いをされていますし、占領もされました。

更に南はタイランドです。これまた大国。格下扱いをされています。いつだか、タイランドの女優さんがアンコールワットはタイランドの領土だと口を滑らせ、暴動が起きました。

仏領インドシナという言葉から仏国が東南アジアに及ぼした影響と領域が伺えます。その自由、博愛の国に留学していたポル・ポト一派(大半は落ちこぼれたらしい)が国民を閉ざし、強制労働させ、片っ端から言いがかりをつけて殺した。恐ろしい話です。

かつての少年兵たちは中年になり、普通のおじさんに溶け込もうとしています。口を閉ざしたり、逆切れしたり。

いつになったら生まれ変われるのでしょうか。ヴェトナムもタイランドも虎視眈々としていると思えてなりません。







成人映画館

安く遊べます。抜いてもらえます。相手は女性とは限りませんけどー。

さて、成人映画館。ここは安全に遊べると思います。場を仕切る集団がいてマナー指導をしています。ですから、抜いてもらう目的で成人映画館に行き勝手なこと(相手の嫌がること)をすれば袋叩きにされると思います。お互いにマナーを守って楽しみたいものです。

嫌がることはしないという暗黙のルールがあります。粘膜接触は無しということも出来ます。ですから、カップルで訪れてアレにゴムを装着させてしゃぶらせてよし、はめさせて良し、キスは駄目ということが可能になります。

粘膜接触を避けるというのは病気の予防です。一時的な快楽に身を委ねて地獄の底に落ちるのは辛いと思います。夫婦で感染も辛いですが、不倫の仲で感染したら大変です。説明がつかなくなります。ね、辛いでしょ?危ないでしょ?遊ぶなら安全にと思われませんか?

ホスピスという終末医療をつかさどる病棟は癌とAIDS患者だけを受け入れています。加えるべき病気もありますが、今はこの二つの病気だけが対象です。それだけ辛いということでしょう。



遊ぶなら安全に遊びたいものです。




W不倫

Wの悲劇ではありません。(ふるいぞ、ミニチ)
でも、いい映画だと思います。(原作も読め、ミニチ)

さて、W不倫。

垂ら乳の 女が往かば ダブルフリン 
丸くなるなら ああ大盛りプリン

滅茶苦茶ですね。はい。



垂ら乳の 母もするとは 思わずに
親子二代の これ繁盛記

発情期の間違いでしょうか。はい。







レス

タックス・レスがありがたいです。嘘です。タックス・ヘブンと呼びます。

さて、セックス・レスは深刻です。米国なら離婚です。そんな理由で離婚するか理解できないのは日本人だからでしょう。いずれはイタシマセンという時期が来るのにと感じるから不思議な気分になるのでしょう。

問題はイタシマセンという状態が夫婦で同じタイミングとならない点でしょう。片方が悶々と悩むから問題になります。比較的、女性の方がレスされても他で探すという手段があるのですがシタイ相手がシテくれないから問題なので外注(?)で済ますとはいきません。だからこそ、レスされる女性はより深刻だと思えます。

男性は○ナニーでしょう。これ、安上がりです。通信販売に掲載される下着のカタログでもいいし、エロガーさんの画像でもいけます。なんでしたら個室を借りる方法もあります。とにかくネットに繋がれば大丈夫です。

しかし、抱いて温もりを得たいという感情もありますから問題になります。よって、風俗で済ますとか特定の相手(でない場合もありますが)を外に探すということになるかもしれません。もしくはひたすら我慢です。

大方は片方が悶々と苦しんでイタシマセンという時期を迎えるのではないでしょうか。統計が無いので何とも言えません。可能なら一緒に穏やかな時期が訪れて欲しいものです。



そうならないから葛藤があるのでしょう。







フケル

授業をサボルという意味ではありません。耽るのはオナニーです。(それは卒業しないさい、ミニチ)

老けていくと書くでしょう。要するに加齢です。

数年ぶりに会い、変わらないなと思う方と変わってしまい分からなくなっている方になっている場合があります。男性はフトるとかハ○るという一目瞭然の物差しがありますが顔つきが変わることはあまりありません。もっとも荒んでしまった方にはお会いしないから分からないだけですが。

女性は相応に歳を重ね変わらない方と別人28号(鉄人だよ、ミニチ)になる方に分かれます。相応に歳を重ねる方に共通しているのは何かを考えてみました。

顔つきに品のある女性は相応に歳を重ねる。

これ、そんなに的外れでないと思います。顔つきに品があるという人は内面に基礎があるとなります。基礎学力も勿論ですが、常識だとか立ち居振る舞いがきちんとされている方は相応に歳を重ねられるように思えます。オカネではないと思えます。育った家の躾とも書けるかもしれません。ストレスは影響がありそうです。

お受験ママになる。

もっとも簡単にアンチエイジング出来ると思います。お子さんの進学も上手くいくかもしれません。但し、ストレスの原因にもなりえます。

見た目だけを考えるなら、オカネ。

これは間違いありません。



どんな自分を求めますか?

黒いショーツ

ミニスカートに黒いショーツ。これ、天敵です。(何の話だ、ミニチ)

陰なのか目的とする場所なのか判別できません。(相変わらずだな、ミニチ)

ややこしいのですよ、ホント。しゃがみパンチラなら一発で分かりますが、スカートの奥を狙うスナイパーには天敵なのです。(いい加減にしなさい、ミニチ)

なかには、ミニスカートに一寸丈のスパッツを穿く不届き者がいます。だったら、ミニスカートなんか穿くな、夢みさせるようなことするな(註1)と言いたくなります。

夏は暑く感じる色です、コレ。もうちょっと涼しい色をお願いしたいものです。何を書いているのか自分でも分かりません。暑さでいかれているのでしょうか。(元々だ、ミニチ)



納涼パンチラ

お願いしたいものです。








註1)スラムダンクをご参照下さい。


夏祭り

そろそろでしょうか。それとも既に終わってしまいましたか。

夏のお祭りです。花火とか見られます。打ち上げ花火は豪快です。あれで幾らだとか算盤をはじくのは野暮です。観て楽しみましょう。もう打ち上げてしまったし。打ち上げ花火を納入した業者さんは不発の花火については料金を割引にするのでしょうか?

そこまで盛大なお祭りでなくても露天が並ぶお祭りもあります。眺めているだけで楽しいです。子供がおねだりしていると可愛いなあと人間様のようなことを思ったりします。金魚すくいとかヒヨコとか生き物は後が大変です。お世話なんか、子供がする筈はありません。ママさんの仕事になります。俄然、子供のおねだりを拒みます。

浴衣姿もちらほら見ます。ノーブラにするべきだと強い信念を持っております。実際は如何でしょうか。スレンダーさんには似合う衣類だと思います。すらっとした柳腰。たまりません。しかも、ノーパンです。線が浮き出るのは見っともないです。但し、観音様が拝めません。上手く出来ています。

祭り太鼓。格好いいです。これは格好いい。そもそも、パーカッションが注目を浴びるのは日本と南米のインディオ位でしょうか。中国でも有りそうですが。とにかく、日本の太鼓は目立ちます。ただし、打てない人の方が多いので、そういう人は、試しに鍼を打ちたくなります。



はら太鼓でもあるまいし。

特攻隊

城山三郎氏は特攻隊の予備役でした。出撃命令が出たら特攻する身を味わっています。上官たちは美味いもんを食っていたという彼の恨みは長く続きました。食い物の恨みだけは買ってはならぬと思います。団鬼六氏も特攻隊の話を書かれました。この話を書かない訳にはいかないというお気持ちだったのでしょう。

戦争を体験された世代でないと持ち得ない感覚であり、後世に伝えたいけど辛すぎるということでしょう。お二方は気迫を込めて書かれたのだと思います。

「きけ わだつみのこえ」も名著だと言えます。新版もあります。図書館で探されると両方を読めると思います。とても難解な本なので悪用されやすいのが難点です。

彼らは戦死できたけど、出撃しなかった城山三郎氏は無念だったかもしれません。上官達を見てコイツ等から先に突っ込めと思いつつ、自分も仲間達に続くという気持ちの狭間で揺れ続けたと思います。映画「太陽の帝国」でも、特攻の機会を逃した青年の無念が描写されています。しかし、何故に彼が無念だったかを監督が想像できたかは疑問だと思えます。

9.11テロが起きた時、テロリスト達を特攻隊に例えた米国メディア(KAMIKAZE!と叫んでいたのだ。ミニチ、大激怒)がいましたが、日本政府が外交ルートで抗議しなかった点は理解できません。

そこは断固としてねじ込むべきだと思いますけど。





玉音放送

1945年8月15日に日本は玉音放送にて無条件降伏を国民に伝えました。

これにより、国民の間に張りつめていた糸が一気に切れたのだと思えます。その様子を自ら尋ねることは憚れます。だからこそ、戦争の経験を語って下さるお年寄りは大切だと思えます。

日本は敗戦となり追われたが蔣介石氏は弱いものいじめはするなと布告しました。このあたりが大陸の懐の深さであり敵う筈が無いと思ってしまいます。一方、戦後に在日朝鮮人達が何をしたか記憶されている方々もおります。矜恃という言葉を蔣介石氏が失わなかったように日本人も失わずにいたいものです。

精神性の継承。

簡単ではないと思えます。







里帰り

故郷にお戻りでしょうか。浴衣姿で昔の彼氏に再会を果たしているのでしょうか。その昔に口付けをかわした神社の境内は当時のままです。そして、面影を残した二人。大人になるってこういうことなんだねと囁かれるのでしょうか。

目をつぶり、唇を差し出します。















てな、場面で目覚めたりします。スッピンの自分に目を背け、腹の出たオヤジ臭がするアイツに腹立たしくなったりします。そういうものなのでしょうか。



里帰り 青き春を 思う夏



如何でしょうか。(何がだ、ミニチ)

帰省ラッシュ

墓参りする方も年々と少なくなってくると思います。そういう概念すら薄れてくるのでしょうか。

故郷に帰るのは皆が同じです。故に帰省ラッシュというものが生じます。規制ラッシュだとラッシュのラはRになります。(マニアック過ぎるぞ、ミニチ)

故郷は 遠きにありて 思うもの

と石川啄木は歌いました。懐かしい。でも、戻ると煩わしい。プライバシーなんぞありゃしない。向かいのオバサンにはオシメを取り替えてもらっている。なんてことになります。

皆が一緒に帰らないと生じる不都合もあります。兄弟、親戚と顔を合わせられなくなります。それの方が都合は良いという方もいらっしゃるとは思いますが、会える時に会わないと葬式で顔を会わせる羽目になるかもしれません。その場合、片方は寝たままです。(極端だぞ、ミニチ)

映画「サマーウォーズ」は親戚が顔を合わせ、デジタル化されていないアナログな人のつながりを描きました。人の持つ可能性は大きいと思います。そういう映画だと感じています。



帰る場所は何処ですか?





夏はワン・チャンス

夏を如何お過ごしでしょうか。

○○歳の夏は一度しか来ない。

とても単純な話ですが忘れてしまいがちです。もしかしたら秋なんか来ないかもしれないし、夏の終わりも知らないかもしれないし、二時間後すら実は分かりません。誰も約束なんかしてくれません。

日常の忙しさというのはこういう当たり前のことを忘れさせてしまいます。

思い出そう、それを。

大切なことの優先順位に気をつけよう。

この夏、そんなことを想います。



どんな夏をお過ごしでしょうか。







渋滞情報

主要な幹線道路や高速道路では渋滞情報が流れているのでしょうか。今でこそ、カーナビゲーションという車誘導装置があり、情報提供をしてくれる世の中になりました。ありがたいことです。

渋滞は困ります。前に進めません。後ろに進むと喧嘩になるか警察が来るかのいずれかでしょう。どっちにしても困ります。イライラします。小さいお子さんが騒ぎ出すとイライラも最高潮に達してくれます。この点、恋愛真っ盛りのカップルさんは気楽だと思います。一緒に過ごすことが楽しいのですから渋滞なんぞ気になりません。

お仕事で運転されている方は困ると思います。巻き込まれたという気持ちになるでしょう。そうやって巻き込まれない為に渋滞情報は流されています。もっとも場所によっては回避できない渋滞もあるので困ります。

意図的に仕組まれる渋滞というのもあります。これは交通事故予防が目的です。無意味に追い抜きを続ける方を予防します。そんなに急いでどうするのでしょうか?漏れそうなのでしょうか?だとすれば、お気持ちは察します。

地形が理由で起きる渋滞もあります。片側一斜線という高速道路とは呼べないような高速道路とかに多いようです。登り坂で生じるアレです。少なくとも二車線さえ無理なら最初から造るなと言いたいものです。いつまで待っても高速道路はタダにはならず約束を違えています。つまり、嘘つきということです。卑怯です。こんな変態ブログにここまで書かれて悔しかったらやってみろ。

さて、渋滞。避けたいものです。もっとも避けたいのは自分たちが渋滞の原因になることでしょうか。

交通事故にはお気をつけ下さい。

自宅単身赴任

大荷物を背負う母子達を見かけました。あちこちにいました。彼女たちは帰省でしょうか。実家に帰り、小姑になり嫁いびりでしょうか。余計なお世話ですね。もしくは、昔の彼氏と再会してドキドキされるのでしょうか。(いい加減にしろ、ミニチ)

家族が帰省するので休暇を下さいと言えば、休暇はもらえると思います。一生、その休暇は続きます。クビです、それ。仕方無いから自宅から通勤することになります。いかに自分が家事を分担していないか思い知らされる夫は少ないと思います。家事に関わらない男性は妻子だけを手放したりしません。

快く妻を昔の彼氏の元、ではなく、妻の実家に送り出せる男性はスゴイと思います。自宅で単身赴任することになります。留守をいいことに彼女を引き込んであんなコトやこんなコトも出来ます。という訳にはいきません。近所の眼が光っています。妻に勝てる筈がありません。女達は強いのよ。

あ、書いちゃった。

さて、自宅単身赴任です。仕事でぐったり、家事は最低限、お風呂はシャワーのみ、食事は外食でしょうか。とにかく耐えます。しかし、ビール片手に堂々とアダルトDVDを観ながらオナニー出来ます。サイコー!(それしかないのか、ミニチ)

そして、妻子を向かえに行きます。



頑張ってください。

8月9日という日

ロシア人は勝てる戦争しかしないと聞きます。たしかにナポレオンもヒトラーも追い返しました。そのロシアは噂通りに満州では非道を尽くしました。(注1)忘れていけない日ではないでしょうか。

その後、彼らは東欧を囲いました。鉄のカーテンという名前がつきました。プラハでもワルシャワでも反乱が起きると戦車で観光に行きました。乱暴者です。

しかし、アフガニスタンとチェチェンは実質的に負け戦です。

さて、日本の話です。1945年8月9日といえば、長崎に二発目の原子爆弾を落とされた日でした。

すぐに忘れる国民性には良し悪しはつきものでしょう。しかし、1945年のこの日が人生の終わりだったり、残酷な余生の始まりだった日本人は多かったでしょう。

現在に生きる日本人も忘れてはいけない日、そう思います。












注1)一応、数十分前に宣戦布告はした。日本の外務省が真珠湾攻撃前の宣戦布告に遅刻したのと大違い。




























8月8日

88と末広がりの数字が並び縁起の良い日だと思います。北京語読みでパーパーと発音してパパの日だから留守番してねと言われそうです。お子さんと過ごし、ママさんはママ友飲み会と称して午前様のお出かけです。本当の行き先は知らない方が幸せかもしれません。

88といえば、漫画「エリア88」でしょう。今は漫画「エリアの騎士」が有名でしょう。漫画「エリア88」は手放してしまい今でも後悔しています。なんといっても、司令官が食堂で同じ食事をしている場面、さすがと膝を打ってしまいます。この話、長くなるので止めておきます。そうそう、トムの最期もねえ。ええ、止めておきますってば。

漫画「エリア88」は傭兵をモチーフにしております。この漫画が描かれた時代、数人の日本人が仏国の外人部隊(エトランジェ。冠詞は忘れました。)に所属していました。今は結構な人数がいるようです。ここで伍長にまで昇進された日本人もおりました。残念ながら彼はアフガニスタンの作戦で爆死されております。

話を戻します。漫画「エリア88」を描かれている新谷かおる氏は、漫画「砂の薔薇」という女性の傭兵(正確には武装警備)も描かれております。彼は少女漫画のような絵でミリタリー物を描かれます。これまた、手放して後悔しています。あの作品に出てくるヴァイキングはど真ん中の直球ストレート。いいですねえ。ああ、手放して後悔しています。

戦闘場面はありませんが、漫画「ファントム無頼」もイイのですよ。航空自衛隊には宣伝になったと思います。あのナビゲーターがナンとも。段々と人間に戻っていきます。ああ、手放してしまった。後悔しています。

新谷かおる氏は、漫画「ジャップ」という作品も描かれましたがすぐにタイトルが変わった記憶がございます。なんだか抗議が激しかったからだとか。タイトル位で何を騒ぐのだと思いました。なんとも世知辛い話でした。



さて、8月8日。パパの日でしたっけ?

エスキモー

残暑を兼ねて氷の話でも。氷の大地です。冷たいと思います。その氷の大地に生きる人々といえばエスキモーでしょう。スワッピングの本場です。こんなことを書くと怒られます。多分、殺されるでしょう。

来客があると労いをこめて妻とサセルという風俗があり、日本人の学者が奥様を勧められて閉口した話を読んだことがあります。マグロだからつまらないという話も読んでいます。誰が書いたかまでは忘れています。何にせよ、そういう習俗があるのか理解しがたいものがありました。

あの氷のドームは割り当てられた地域に立てる訳ではありません。獲物を追い、生活をします。住所不定です。当時(今も一部はそうだと思いますが)、携帯電話という便利な物はありませんでした。確実に連絡を取るには一緒に住むしかありません。

そんな場所に客人が来たとします。来たというより、辿り着いたという表現の方が妥当かもしれません。逆を言えば、自分が狩りに出て誰かに出会うというのは珍しいとなります。地図を見れば広大さは一目瞭然です。

その広大で過酷な氷の大地からいきなり生入れ中だし接待というのは飛躍に見えます。しかし、強い雄の種なら残すという本能に正直とも読めます。単なる推測ですけど。

米国政府はエスキモーとインディアンに対して定住化政策を推し進め、結果として大量のアル中と自殺者を出しています。自己を失うと生きていけないのでしょうか。氷の大地で生き延びる民族が暖かい住宅で生きていけないのは妙な話です。

西洋思想が全てではないとは言えるかもしれません。








広島を思う

2013年2月4日の朝刊には原爆乙女の一人が82歳で永眠されたという記事が掲載されていました。ご冥福をお祈りします。

別な女性です。84歳になられている筈でした。女性の84歳という年齢は平均です。84歳になられている筈でしたと過去形の文章になるのは亡くなられているからです。命日は聞いておりませんが、1945年8月6日の原子爆弾が悲劇の始まりでした。

全身が焼け爛れた乙女が己の痛みと戦いながらも他の方々もさぞかし苦しんでいるだろうと苦悶しながら亡くなられました。

2013年に84歳になっているべき女性が何歳の時に他者を案じながら逝かれたかを計算してみて下さい。思うことは人それぞれだとは思います。

ただ、誇るべき市井の日本女性がいたことは記憶して頂きたいと存じます。



ご冥福をお祈り致します。








なめ猫

舐め犬という言葉はあります。リンクもさせて頂いております。興味がございましたらアクセスしてみて下さい。オ○ンコを丁寧にゆっくりと舐めてくれる男性です。結構、イイらしいです。舐め犬というのはありますが舐め猫とは聞きません。

なめ猫というのは流行りました。NHKの連続ドラマ「あまちゃん」にも小道具で登場しました。子猫ちゃんが学ランを着てハチマキしめて、なめんなよと書かれているブロマイドの類でした。前時代的なヤンキーです。あれが格好いいと勘違いしていた田舎者は多くいました。(無礼者、ミニチ)

猫はミルクを舐めます。アソコとかアレを舐めるか否か知りません。バター犬という技(?)はありますが、バター犬とは聞きません。引っかかれたら大変です。太ももの蚯蚓腫れをどう説明したら良いのでしょうか。病院で恥ずかしい思いをされると思います。



さて、なめ猫。何を書くつもりだったのでしょうか?

汗だく

真夏にアレをする時、冷房を強めにして汗を防止されますか?それとも、二人で汗だくになりますか?下だけが汁だくになるのがイイという方もいると思います。好みがあると思います。

スポーツは汗だくになります。屋内であろうと屋外であろうと汗だくでしょう。水分補給が欠かせません。よって、スポーツ・ドリンクは欠かせません。熱中症予防は大切です。

アレの最中に汗だくになり、喉が渇いたらどうすればよろしいのでしょうか。一時中断でしょうか?

セッ○ス・ドリンクというものは聞きません。アレから出る液体を飲む場合がありますが、大抵は完了を意味しています。それに、水分というよりたんぱく質に近いかと。

柔軟性

頭は硬いより柔らかい方が良いようです。亀の頭は硬い方がご婦人方には悦ばれます。喜ばれるのではなく悦ばれると書くあたり偏執的でしょうか。(自覚しろ、ミニチ)

そういう意味では発想も柔らかい方が良いと思えます。様々なプレーを思いつけた方が多様性ある性生活が営めます。夫婦生活ではなく性生活と書くのは相手が旦那とは限らないと思えるからです。さぞかしいい思いを皆さんはされているのでしょう。(被害妄想か、ミニチ)

身体も柔らかい方が良いようです。色々な体位を楽しめます。奇術団のような二人で奏でる愛の奇跡となるのでしょうか。ちゃんと抱き合うのが一番だと思いますけど。余計なお世話ですね。はい。

ディルドはガチガチに硬いより多少の柔らかさを持った方が使い勝手(?)がよろしいとも聞きます。そういうものでしょうか?もっとも、オマ○コは柔らかくないといけません。柔らかいから心地良いと思います。あの潤滑油は重要ですが、中の気持ちよさも大切です。

柔軟性という言葉は広く使われます。そして、大切だとも多く読みます。アレをするにも大切なのだなと思いました。(お前だけだ、ミニチ)



皆さまの柔軟性は何でしょうか?

インドとパキスタン

非常に難しい題名をつけて後悔しています。もう遅いのですが。

誰かがインドとパキスタンの紛争は絶対になくならないと書かれていました。一神教(パキスタン)は多神教(インド)を許容しないからだという趣旨でした。一瞬、なるほどとは思いました。

絶対神への服従という感覚は多神教にはないものですし、いわんや日本のように八百万の神々がいるという発想は一神教(キリスト教、イスラム教、ユダヤ教)からは理解されないでしょう。キリスト教の言う旧約聖書はキリスト教、イスラム教、ユダヤ教に共通していますから寧ろ彼ら同士のほうが近い感覚があるでしょう。

ヒンズー教(多神教)のインドとイスラム教(一神教)のパイスタンが折り合いをつけられるとは思えません。実際、バングラディシュ(イスラム教)もインドから分離独立しました。言い換えると、インドはイスラム教国に挟まれています。

もっとも、インドはヒンズー教が多数派であるというだけであり、仏教もイスラム教も内包しています。インドだなんて一言でくくれる国ではありません。ガンジーが素晴らしいのは、そのような難しい場所をまとめあげたからです。それも非暴力運動を通じました。

さて、一神教と多神教は本当に相容れないのでしょうか。多神教が一神教に飲み込まれることはあるように思えます。欧州の歴史を眺めているとそう感じます。北欧、英国、独国が良い例でしょうか。何故、キリスト教圏になったのでしょうか。ハロウィンは分かりやすいと思います。

片方が相手を飲み込むのではなく歩みよる。

何があれば、そうなれるのでしょうか。それが分からないと日本の孤立は深まるか飲み込まれるかのいづれかになるのではないでしょうか。






プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: