FC2ブログ

スカートの中の秘密の生活


田口ランディさんが幻冬舎文庫から出版されています。1999年3月に洋泉社から出版され。2001年6月に幻冬舎文庫に収録されました。手元にあるのは同年7月で、既に第4刷となっています。

原題は、「淫乱菩薩」だったそうです。あまりにもということで、変更になったようです。1989年に出版された上野千鶴子氏の「スカートの下の劇場」をもじったか否かは分かりません。

曖昧な記憶で恐縮ですが、落合恵子、小池真理子、桐島洋子と女性のエッセイが盛り上がり、次の世代ではシモネタに走る女性のエッセイが増えたように思えます。名前、忘れちゃいましたけど。たいした事は書いていなかったと覚えています。クンニされている最中に放屁しそうなったとか、そういう類の話でした。

同書も、エロネタ満載のエッセイ集です。軽いので半時間もあれば充分です。田口ランディさんには失礼ですが、本の中身より、解説の方が面白かったです。

「女のシグナル」では、女性が男性に興味を示している時のシグナルについて書かれていました。以下、引用します。

第二のシグナル、これはもう「視線」でんな。「チラチラ見る」とか、「視線を合わせる」。

とあります。日本人らしいシグナルだと思います。

冗句で、視線が合った時に話しかけてくるのが中国人、にらみ返してくるのが韓国人、視線を逸らすのが日本人だという話があります。

そういえば、帰国子女の女友達(凄く可愛いのだ。)は長年の海外生活による習慣から視線が合うと微笑み返すという癖がありました。赴任先では何も問題ない話ですが、日本の男の子たちはそうは思いません。かなり、告白されたようです。罪作りな癖でした。

パソコン通信も話題になっていました。パソコン通信で知り合って不倫する逸話が幾つか紹介されていました。5年前に書かれている本ですので、ニフティがなんとかやっていけた頃の話です。今やプロトコルはインターネットメールに様変わりしています。携帯電話でメール出来る時代です。昔は、携帯電話なんて正義の味方しか持っていませんでした。

耳の痛い話も有りました。以下、引用です。

私は世の中には二通りの男がいるんだと思った。恋愛したいオヤジとセックスしたいオヤジだ。で、センチメタルおやじは、もちろんセックスしたいけど、その前に恋もしたいんだ。それがオヤジを必要以上にセンチメタルにする。<中略>私はね、センチメタルなオヤジとはとうとう恋愛もセックスもできなかった。気持悪いんだよ。正直言って。とても寝る気にならない。

気持悪いんだよ。正直言って。」の箇所ですね。痛烈ですね。しかし、正直な感想だと思いました。ただ、55歳になった今、彼女は同じように考えているのでしょうか。

同書が書かれた時点で、彼女は40本程食べたと書いてありました。40歳で40本ですから、仮に二十歳から食べ始めたとして、年間2本づつ食べた計算になります。多いのでしょうか、少ないのでしょうか。フェラもテコキも嫌いだそうです。セックスは相性だと書かれていました。

さて、こういう情報が追記されると男性読者の反応が目に浮かびます。「俺だって、お前みたいな女なんかとシタかねえよ、マグロ」と。

スウェーデン女性の話もありました。バカンスになるとギリシャに来て、ギリシャ人男性に口説かれて身籠もって帰国するという話でした。なんでも、イタリア人の次に女性を口説くことに熱心だそうです。

イタリア人はヤリタイ・オーラが出まくりだそうです。ついでに、書いてしまうとイタリア男はイク時にママー!と叫ぶとか。これは国民性を笑うブラックジョークです。

ギリシャの男性諸君には、ヴァイキングの末裔を口説く前に、国債を何とかしないさいと言いたくなります。

面白い話がありました。デート代の話です。厳密に言うなら、ラブホテル代の話でした。東京の女はおごられるのが当然と思っているが、関西の女はちゃんと割り勘するという話でした。

関西の女性はホテル代を割り勘するのですか?本当ですか?安っぽく扱われたとは感じないのですか?



是非、この点についてのコメントをお願いします。







スポンサーサイト
[PR]

コメント

あはは

センチメンタルなオヤジ

私は好きですよ♪笑

セックスだけしたいオヤジより

可愛いです(*^_^*)

No title

肉食系が好きです

デートは
時々めいが払います

よしのんさんへ

コメント、ありがとうございます。

セックスしたいだけの男性は多いです。体の造りがそうなっているので仕方ないですが。

著者自身の家族願望が編み出した文章なのだと思えます。それは別な著書を読んで気づかされたのですが。

明日、別な著書を紹介させて頂きます。

めいさんへ

コメント、ありがとうございます。

めいさんが支払いの時があるのですか。

驚きました。

No title

こんばんは!
私もランディさんのファンで、一時期いろいろ読みました。
私はまったく同感ですね~~~!
離婚する気もないのに、恋愛って何?!って思います。

デート代は、基本カレシ持ちで、厳しいときは出してあげます。
(あれ?上から目線になってる?>汗)

ぺんちゃんさんへ

コメント、ありがとうございます。

ファンでしたか。失礼な記事で恐縮です。

デート代を出す時もあるのですね。

うーん、デート代を出す女性は実は珍しくないのかもしれませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: