FC2ブログ

父親再生

信田さよ子氏がNTT出版から刊行されています。同氏は、カウンセラーであり、臨床例を挙げながら団塊世代の父親と団塊ジュニア世代の息子の問題を書いております。

始めに、精神科医とカウンセラーの違いが述べられています。精神科医が国家資格であり、投薬の処方が可能であり、顧客を患者と呼ぶようです。一方、カウンセラー(臨床心理士)は健康保険の対象外であり、投薬は禁じられ、顧客をクライエントと呼ぶそうです。(クライアントでなく、クライエントと表記している点が新鮮でした。)

団塊世代の父親像として、正確であり論理的であり常に正しいことが求められていると述べられています。このことが、妻には感情の無い夫として映ることも述べられています。この部分は、同書を読むまでは気がつかない点でした。

論理的に説明可能な指導に何の問題があるのかという疑問。これは、大抵の父親は納得する点だと思えます。しかし、そこには感情が無いと女性には映るようです。既に、団塊世代だけの問題では無くなっています。

ひきこもりや父親が母親に対する暴力が問題として挙げられています。問題の底にある社会の構造を以下のように書かれておりますので、引用させて頂きます。

エスカレーターを上りきった先にあるのが男社会であり、これを「ホモソーシャル」(Homosocial)という。この言葉について少し説明してみよう。「ホモソーシャル」とは、ホモフォビア(男性同性愛嫌悪)とミソジニー(女性嫌悪)を基本的特徴とする男性同士の強固な連帯関係にことを指す。それ自体が同性愛的でありながら、男性同性愛者を排除し、異性愛男性同士で閉鎖的関係を築く。

著者は、冬のソナタを一人の女性を二人の男性同士が奪い合うドラマであると指摘しています。同性愛者でないと証明された二人の男性たちによる男社会の中での競争を描き、かつ、女性が庇護を必要とする存在として描かれている点がミソジニー(女性嫌悪)視点だと述べています。

更に、以下の通り引用させて頂きます。

結婚が女性にもたらす意味は、ホモソーシャルな社会に参画し居場所を持つという点にもあり、DVをふるわれた女性たちが離婚をためらうのもこのことを体験的に知っているからだろう。

団塊世代の女性が対象となっているので、一概に女性全般に当てはまるとは思えません。しかしながら、上述の文章に連なる男性は結婚して異性愛者である証明を受けて世間を堂々と渡っていける既得権益があるという示唆は、一般論として受け入れられると思えます。

臨床例として、父親の母親に対する暴力を目撃してきた息子が、ある年齢に達した時に父親の暴力を肯定する事例が挙げられていました。父親は息子の成長に伴い、身体的能力で不利になるやいなや息子を懐柔し、男社会に招き入れる。故に、成長した息子は父親のDVを肯定することで男社会の一員でいようとするという説明でした。

若い父親についても述べられています。傾向として、子供から尊敬されることを望んでおらず、子供から嫌われることを避けなければいけないという強迫観念にとらわれているという指摘でした。子供の躾について、「お願いだから、ああしなさい」とか「おねがいだからこうしなさい」とお願いすると書かれていました。



皆さまの描く理想の父親像とはどのような像でしょうか?



関連URL:男の性1
関連URL:団塊世代の戦後史






スポンサーサイト
[PR]

コメント

父親・・・

家庭内の父親像に関しては、少なからず母親の影響が大きいですよね。
子供は母親の父親に対する態度を見て、潜在的に父親とのかかわり方を決めているように思います。

理想の父親像は、
凛としていて、いざという時に頼りになる。
静かな中にも熱いものがある。
そんな感じでしょうか・・・

自分は絶対になれないな~なんて思いますけどね。
だから理想なのかもしれませんね。

良き父親とは、、、

「威厳」というものは、遠い昔に過ぎ去った・・・

今どきの親子は「友達親子」だとか言って、気軽に友達のように
付き合っているのだとか・・・
それは私は気持ち悪いと思います。
目上の人に対する礼儀や、言葉使いなど、基本的な事を
伝えられていない親子関係が多いのかな?と思います。

あくまでも想像ですが、ミニチさんは良き父親だと思います。
ちょっとだけ変態でいらっしゃるだけで・・・

eri3loveさんへ

コメント、ありがとうございます。

eri3loveさんからのコメントは毎回楽しみにしております。

「子供は母親の父親に対する態度を見て、潜在的に父親とのかかわり方を決めているように思います。 」という洞察は面白いですね。

うちだけかもしれませんが、妻を見ていて、「あなたの母は夫に対して今と同じことをしていますか?」と尋ねたくなる時があります。基本的には面子を保たせてくれるので追求はしませんが。(喧嘩したら負けるのが明白です。)妻の夫に対する態度は重要だと思います。

凛とした父親かと問われれば、違いますとかしか答えられません。食事中に率先して下ネタを飛ばす自分に非があるのですが。

難しいです。

ひとみさんへ

コメント、ありがとうございます。

子供の頃、米国人が父親を名前で呼ぶのを聞いて驚きました。同じ真似をしたら間違いなく厳しく叱られたと思います。(父は家族に決して暴力を振るいません。でも、怖いです。)

今の日本は違うようですね。友達親子。

まさに、そんな感じです。

自分は良き父親か?

うーん、分かりません。実父や義父のような怖い存在ではないと思います。

威厳?

食べたことないなあとか言われそうです。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: