FC2ブログ

対面座位

タイメンです。タイマンだと喧嘩になってしまいます。

怠慢も怠けていてよろしくありません。マグロでは楽しめません。

相手あってのセックスです。一緒に作るものかと。

えーっと、何の話でしたっけ?


そうそう、対面です。

座って向かい合っての挿入です。一緒に結合部分は眺められますね。

互いの両手は空いていますから、触り合うなり、抱き合うなり自由です。キスもしやすいですね。

攻守のせめぎ合いになります。詰めろ、イカせろから一気に攻めきらないといけません。意味不明です。

浴槽の中で、ついつい繋がるのはこの体位でしょうか。もっとも、背後から抱擁している場合なら、立ち上がってバックですね。当然ですが、生入れでしょう。ゴム着けて浴槽に座り直すのは妙な間合いが生じそうです。

洗い場で繋がるなら、まず立ちバックでしょうか。でも、対面座位もいいですね。正上位で頭を打ち付けた方もいました。これは無理があります。余計なお世話ですね。はい。

さて、その対面座位は気持イイです。

ホント、いいのです。

但し、難点があります。

この体位は興奮度が高すぎます。

男性には気持いいけど、辛い。

だって、イキそうなんだもんとなります。お相手にガンガンと腰を突き出されたりするとヤバイです。

バックのようにお相手の顔が見えない時の方が持続しやすいと思えます。

鏡に映る自分たちの姿を見るのは興奮しますが、お相手が真正面にいて乱れている姿を見る方が俄然、興奮すると思います。



皆さまは、如何でしょうか?





スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

これ好き☆

そうですね~

私もとても好きです。対面座位。
いつのころから、妻はこの体勢で逝くことが常となりました。。
オッパイを揉むもよし、強く抱き合って体でオッパイを感じるもよし、時折私が寝て騎乗位になって俯瞰的に乱れる妻をみるもよし。。妻が腰を振る姿で最高に燃える体位と言えます。

Oinaさんへ

コメント、ありがとうございます。

お好きですか、この体位。

いやん、エッチイ。

ミニチに言われたかないわな。

YSさんへ

コメント、ありがとうございます。

YSさんのアレは立派ですし、テクニシャンですからね。さぞかし、奥様はお悦びかと。

相互に色々と出来るのが嬉しいですよね。

密着・・・

昨夜しました・・・

好きだけど

私はやっぱり正常位でフィニッシュね
殿方の体重を感じたいもの
自分で自由に動かせてもらえるのなら
騎乗位がいいわ

Mなミニチ見てみたい(笑)

ひとみさんへ

コメント、ありがとうございます。

戦記のアップを楽しみにしております。

頑張ったようですね。

あすかさんへ

コメント、ありがとうございます。

最近は生入れみたいですけど大丈夫でしょうか?生入れネタは記事を仕込んであるので、今日はここ迄で。

正上位で締めるのは王道ですね。

いつだか、ラジオネームだかペンネームで、
「犬の正常位」
という方がおりました。名前だけで笑いを誘う方のギャグは名前負けしていない最高なものばかりでした。

騎乗位は、
http://minichi.blog62.fc2.com/blog-entry-948.html
でも書きましたが、個人的には腰使いが勝負かと。単に休憩を入れている場合も多いのですが。

敢えて、ミニチ方式で体位を表記し直した点、ご理解下さい。あすかさんなら説明不要でしょうけど。

あすかさんには、コチラでもアチラの作品を披露してもらいたいです。勿体ないですよ、本当に。長文は保存できないし、通報されると消されるようなクソブログの方がFC2より面白いって、どういうこと?と思います。(両方ともロハで使っておいて気が引けますが。)

0inaさんへ

見せないぴょん。

あっ、スラムダンクの第25巻P50を参照してね。


大好物!!

一番好きな体位です!!
妻も対面座位が一番だと言っていました!
そこの意見だけは一致しているのですが、なかなか実践してくれません!!(笑)
ひとみさん(↑)、先、越されちゃいました!i-240

ふぅやん555さんへ

コメント、ありがとうございます。

夫婦一致して好きな体位ですか。奥様も燃えていますよね。

一致している点が大切ですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: