FC2ブログ

性情報【改訂版1】

夫婦の医学という本がありました。

この手の本は親がいくら隠しても子供は見つけだすものです。

四十八手も掲載されていましたし、オーラルセックスについても記述がありました。

小学生が読んでいい本ではありません。

今はネットが普及しています。子供達への悪影響も図りしれません。

大人達が躍起になって制限を掛けても情報は飛び交うでしょう。そこにつけ込む性犯罪者の陰も見落とせません。米国では相当な問題になっているようです。同年代になりすまして二人オフ会を企てる手口だとか。

セックスには快楽が有りますがリスクも伴います。

そのリスクが何かを教える必要はあると思います。

学校任せの性教育でいいのか?という疑問はあります。

当然、学校任せでいい筈がありません。何でもかんでも学校任せは考え物です。

子供が息子の場合と娘の場合でも何をどう教えるかが違うかもしれません。なかなか難しいと思います。

雑談になりますが、

結婚したら夫婦でしかセックス出来ないのかと聞かれた場合は如何でしょうか。

「実はママには彼氏がいて毎回のようにイカしてもらっているの」
なんて言える筈がありません。

公認の彼氏がいても同様でしょう。実は乱交を楽しんでいますというご夫婦も同様だと思います。

つまり、ダブルスタンダードの道徳が必要になります。

さて、雑談の締めです。

日本社会には宗教という行動規範がありません。

極論ですが、人としての不正を行っている事を覆い隠せる土壌があるように思えます。

武士道はこの不貞を諫めています。
乱れていたからこそ、諫めた。
おそらく現実が先にあったのではないかと。(註1)

英国騎士道は他人様の妻を口説いても問題は無いとしているので
自分の妻を守ります。まずは、自分の家から。

十字軍の遠征で出現した貞操帯。何、それ?

しかし、人妻達は楽しみました。(註2)
そんなものでは留守は守れません。無理。

イスラム教徒は人間は欲望に勝てないと前提している節があり
一族でオンナ達をオトコ達が守ります。

故に、女性には道すら尋ねられない。
例え、日没前に迷子になっていても。

尤も、女性が一人で外を歩くことはないので
男性に尋ねれば事は済みます。

問題は女性達で歩いていた場合です。

女性に声を掛ける危険と日没迷子の危険。

迷わず、迷子を選びます。だって怖いもん。

しかし、それってどうよ?と思います。


昔から女性の方が数枚も上手でした。今も同じです。



皆さまは、如何お考えでしょうか?(注1)




註1)葉隠入門


註2)スイマセン。文献は紛失しました。

注1)この結び、問題があるのですが代案が見つからないのでとりあえず放置させて頂きます。


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

んな

宣教師よりも
愛の
性教師が要る
なぁ
(⌒▽⌒)"
MAMA♡よりぃ

むつかしいですよね~

性情報の氾濫は大人でさえも危険な場合があるのですから、、
子供はさらに危険ですね。ただ隠しているわけにもいきませんし、かといってすべてを伝えることもできません。
情報が減ることはあり得ませんから、自分に必要な情報をどうやって選ぶか教える必ようがありそうですね。。。

貞操帯はネットでしか見た事ないのですが 装着後 1人でトイレで用をたす事が出来るのですか?(笑)

エタセクknight &MAMAさんへ

コメント、ありがとうございます。

MAMAさんにはすでにエタセクknight さんがいらっしゃると思いますけどー。

釈迦に何とやらです。

YSさんへ

コメント、ありがとうございます。

情報の選択。

まさにそれだと思います。


知識と情報は違うこと。
単純化すると知識には裏付けが必要となるのでしょうか。

情報は取捨選択が必要となること。
真偽不明の情報は拾っても信じないということ。

子供達には、これらを覚えて貰わないと困ります。

難しい問題ですよね。

自分が出来ているかと問われると謎です。

ミスター仮面さんへ

コメント、ありがとうございます。

貞操帯などと書いておきながら実は不勉強です。
嗚呼、平成無責任男。(ここ笑って下さい。)

大きい方はどうする?とか考えてしまいます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: