FC2ブログ

「夫婦別寝」の時代

森綾氏が主婦と生活社から発刊されています。2009年に出版されました。そう遠い昔の話ではありません。雑誌「婦人公論」に掲載されたルポに基づいて書かれたようです。

寝室の室温が異なる、いびきや歯ぎしりが気になる、トイレに行く物音が気になる、生活のサイクルが異なる、寝入りばなの男女差(男性はすんなり寝付くが、女性はホルモンの作用で寝入りばなに一日の嫌なことを思い出すそうです。)が別寝の要因になるようです。

とにかく様々な要因で夫婦別室になるようです。

以下、引用です。

昭和30~40年代。私が子どもだった頃、そういえばやたらと「子ども部屋」をもたせることが時代のスティタスだったと記憶しています。<中略>小学校1年生になると学習机を買ってもらいました。<中略>二人きょうだいのための二段ベットが流行していました。

ああ、あの時代と思います。自分の部屋と自分の机。少なくとも勉強以外のことをしていました。

25,6歳で結婚の相手として捕まりやすい男性のタイプというのもありました。一般的な企業の場合、ハンサムで素直で、ルーティンな交際になると義務感いっぱいに彼女を守るタイプだそうです。

取材を受けたある既婚男性(当時40歳)も上記の典型的なタイプのようです。イケメンで体育会出身だそうです。捕まえた女性は同期だそうです。彼女は人事部にいたとか。それは職権乱用の反則技だと思うのですが如何なものでしょうか。

同書から話は逸れますが、高級官僚の妻になるにはどうしたら良いでしょうか?同じ大学に進み恋愛結婚に持ち込む以外に方法は無いように思えます。

高級官僚に限らず大抵のイケソウな男(露骨に書けば、将来の年収に期待が出来る容姿も立ち居振る舞いもデキタ男。米語で意味するハンサム。)は学生時代から唾をつけられているとは思います。

男性の高級官僚は政財界の閨閥に入る候補生ですから勝ち馬は残らないように思えます。課長で肩叩きされるのと局長で肩叩きされるのとでは生涯賃金に雲泥の差が出るようです。天下り先に差が出るからです。

女性の高級官僚は選び放題だと思いますが謎です。彼女たちも閨閥に入る機会は有るかもしれません。実態不明です。

さて、話を戻します。

以下、引用です。

ニフティの通信も始まったばかりの頃だった。仕事上、互いにそこにアクセスできた二人は、やがてメールでやりとりをするようになった。

これまた、あの時代なのだと思い出しました。パソコン通信の時代で通信業者毎にプロトコル(接続方法。説明を端折り過ぎ?)が異なっていました。何だったのだ、あれは?

やがて、ソニーのくまが出現してプロバイダー事業が儲かると誰もが錯覚を起こした時代でした。ユニークなコンテンツ事業として画期的だと評価出来ます。誰もあんな事を思いつきませんでした。商売にならなかったのが残念でなりません。

「アイデア・ソフトウェア・サービスはタダではない」という概念は当時の日本にはまだ有りませんでした。そういう事情を鑑みると、著作権に対する中国人や韓国人の態度について日本人は非難をすべきではないと思えます。つい最近までアナタの目の前にいるオッサン達が同じことをしていました。

以下、引用です。

厚生労働省研究班の2008年9月の調査によると、過去1ヶ月間にセックスをしなかった夫婦は35.5%。2002年から2年ごとの調査で、夫婦間の調査開始以来、3回連続で増加し続けています。

この箇所には怒りを感じました。こんな調査は税金の無駄遣いです。夫婦生活の回数と満足は別物です。

夫婦生活はあるけど彼氏もいる奥様は沢山います。その逆も然りです。そんなに夫婦生活の回数を調べたければ、役所の中と出入り業者をサンプリングして自力で調べれば良いと思います。

一回しかデキないんですか?
二回はデキないんですか?
とある女性議員は叫んでいました。(嘘)

以下、引用です。

今思えば、自分の産後の体のせいもあったと思うんです。間違いなく、ゆるんでますから。今までぴったりだったものがスカスカになるんですよ。

これは、セックスレス夫婦の妻が酔った夫から数年ぶりに誘われてシタ時の感想でした。彼女の感想はちょっと違うのではないかと思いました。夫は家族になってしまい、男としての賞味期限が切れただけだと思います。

入れてもスカスカ、かつての性感帯がくすぐったくなる。これで口臭が気になったらアウトです。分かりやすい目安だと思います。

同書では、会話と一緒の食事とセックスが夫婦には大切だと述べられていました。なるほどと思います。但し、夫婦の生活リズムが異なる場合には相当な努力が必要でしょう。一緒に食事を摂れない時期が生じないとは限りません。





スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

難しい・・・

夫婦別室で食事が別になると夫婦関係が
変わっていきますよね。

色々な環境の変化で仕方が無い部分も多いと思いますが、
夫婦が男女であるためには努力が必要だと思います。

な~んて、自分もダメだった訳ですが・・・(苦笑)

ん…

興味深いお話しですね。
夫婦で楽しく老後を過ごすのが
理想ですが…。

なんだか嫌になるときって、
相手に対して敬う気持ちが
なくなるときなのかなと思ったり。
なのでうちは夫に、
褒めて~スゴイでしょ!
と無理やり言わせます(コワイ妻

あと、持論ですが…、
夫以外の男性に好意を持つと、
夫に優しくなれる気がします。。
結果、よいのか??

一緒に食事は基本ですね♪

eri3loveさんへ

コメント、ありがとうございます。

食事の時間はなんとか確保したいものです。夫の協力も必要になりますよね。もう勘弁して下さいとボヤきたくもなりますが。

その食卓については記事を仕込みました。お時間を下さい。

ぴんくみなみさんへ

コメント、ありがとうございます。

「武士道」のなかで、日本の夫は外で妻を叩き米国の夫は家の中で妻を叩くという一説があります。あ、SMプレーではなく。

今は妻が強くなりました。姉妹の心配は無用ですが兄弟の安否は気になります。自分もですが。

それでも、家事と育児と介護は女性に重くのしかかるのが現実でしょうね。褒められなきゃヤってられません。

彼氏がいるから家庭を維持出来るのは女性だからだと思います。彼氏無しじゃなヤってられませんという奥様も多いかと。

てな訳で、アソコで待ち合わせですね。(まだ続けるのか、このネタ)


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: