FC2ブログ

武田信玄

山梨県民は武田信玄の悪口を赦さないと仄聞します。一方で佐久の人は彼を絶対に赦さないとか。先だって、武田信玄の肖像画に異議ありの意見も聞きます。話題になる方です。

戦国武将と言えば贔屓の武将がおありかと。関係ないのですが、「信長の野望」でゲーム猿になりました。

織田信長→豊臣秀吉→徳川家康&その息子→徳川家光の流れは日本史を眺める上で不可欠と思います。史観に欠かせない流れではないでしょうか。専門家のご意見を伺ってみたいものです。ミニチは細かい事は忘れます。ただの単細胞です。はい。

武田信玄は興味深い戦国武将です。経営者としての武田信玄に興味深さを感じます。錢以外に興味がないのか、ミニチ?

きっかけは新田次郎氏がお書きになった小説「武田信玄」でした。全四巻で、風林火山と各々に名付けられています。文春文庫から出版されています。この本、見つけたら買うべきです。買ってから後のことを考えれば良いかと。後悔は後でなさればよいかと。字の如しです。

新田次郎氏は史実に基づいた小説を書かれるという非常に難しいテーマを抱えながらその時代・世界をお書きになられます。山本勘助の扱いには閉口されたご様子でした。

司馬遼太郎氏をすっ飛ばして史実に基づいた小説が云々だなんて書くのは憚れます。

見逃して下さい。もうしません。

万引きの言い訳みたいだぞ、ミニチ。

武田信玄の凄さは権力掌握までの過程にも現れていると思われます。大抵の戦国武将に当てはまりますけど。故に、下克上は試験に出ます。でますよ、この言葉。覚えておいて損はしません。

偏差値は忘れなさい、ミニチ。

新田次郎氏にしては珍しく艶話が小説「武田信玄」には現れます。エロチックです。男性用オカズにはなりません。女性にはいいかも。

オナニーは卒業しなさい、ミニチ。

話を戻します。

武田信玄は領地の構造的問題により、デカイ城を建てて城下町を作る無駄を省いています。効率的な経営だと思います。

城を欠いた事は後に災いとなりますが、領地の構造的問題が解決されていないから結果は同じだと思えます。鉱脈を支配下に置いても採掘には限界があります。領土拡大が必要になります。しかし、領土拡大のコストである恩賞を削っては構造的問題が深刻化して自壊します。

ビジネスで言うなら資本(直轄領)に限界があり、調達可能な資金(拡大可能な領地)を借り入れるなら調達資金(拡大した領土)が借り入れ費用(戦費と恩賞)を帳消ししてくれないと困ります。拡大した領地から得る利益から戦費と恩賞を差し引くとゼロ以上でないといけないという理屈です。

領地切り取り次第(恩賞が欲しいなら自分で取れの意味)は経営能力としてどうよ?と思います。織田信長も豊臣秀吉も期間限定でこれをしていると記憶しています。武田信玄と徳川家康は調べていません。

↑ごめんなさい、上の段落は調べきれませんでした。時間がありませんが最小限の文献は用意したかな?謎です。いい加減です。

何が言いたいか?

武田信玄カンパニーは固定費削減に失敗しました。徳川カンパニーは成功しました。用意周到な準備を経て徳川系で主要な領地を押さえ込み、仕方無しに手放した領地(外様大名)は彼らの維持経費 (参勤交代やら工事やらあれこれ)をアップさせて、事あればとり潰しました。手近なとこだと、カムイ伝は分かりやすいかもしれません。

年齢不詳だぞ、ミニチ。

大石内蔵助は余計な事をしたと幕府は舌打ちしたかもしれません。歴史にifもmightも不要ですが。これまた単なる行数稼ぎです。(注1)

カリスマ経営者が亡くなられたり、引退された後に潰れたり傾いたりする例は沢山あります。ダイエー、西武グループ(全てではありません)、バンダイ(慶太君の潔さは格好イイ。社員は困るけど)、名前が書けないあの会社(マジで怖い)、北朝鮮人民民主共和国(会社じゃないけど似ているかも)でしょうか。色々ありました。

今日も脱線しています。

武田信玄は高コスト体質の組織を効率的に経営されたと思います。







注1)山本夏彦氏は御自身の文章を極限まで削ぎ落として活字にされました。句読点すら読み逃せません。意地悪なジジさんだ。ミニチが言うのでは有りません。藤原正彦氏が書きました。ミニチ、悪くないもん。




スポンサーサイト
[PR]

コメント

風林火山

信玄公は、武神とうたわれた おひと。
トップダウン…ビジネス拡大を狙う
川中島の戦いでは、謙信殿を相手に
戦いを繰り広げた…てなわけで…。
ハマるよね~、バサラ(笑)むふ。
ゲーMAMAー☆よりぃヨロ━dд・)!
え、本の話ぢゃないの…でした、
ごめんなさぁい。




No title

今日は11月22日、いい夫婦の日だそうで、夫婦の記事かと
思っていたら武田信玄公のお話ですか。
昔、私がまだ子供だった頃に甲府で迷子になり、心優しいおじさんに助けられ駅まで送ってもらった記憶があります。
確か駅前に武田信玄公の立派な銅像があったような。

今日は万引きの言い訳、偏差値、オナニーは卒業しなさい、年齢不詳に反応してしまいました。
記事よりこちらにインパクト(爆)
失礼。

11/22♡エロぃ夫婦の日

~緊急告知~
本日、ミニチ様御礼企画の記事
を出します!夜9時過ぎ頃かな?
是非エタセクをご覧下さいませ。
ヨロシクゥ━━━d(。ゝд・)━━━!!
knight☆MAMA♡

信玄堤

武田信玄は、「信玄堤」を築いた武将として、尊敬しています。
水害を引き起こす釜無川の流勢を、流れを二分して、力を弱めるように、将棋の駒のような形の石の堤を、数箇所で約20年かけて築き、水害をできるだけ起こさない肥沃な土地を作り出しました。しかし、それでも、自然の力があまりにも大きく、水害が起きてしまう時は、上流で、氾濫させて、下流に、多大な被害が出るのを緩和した、自然の力をうまくコントロールした、現代のダムとはまったく違う発想の、すばらしい治水家であり、治国をしたと考えています。
もし、ご興味がありましたら、富山和子さんの「水の文化史」を図書館で借りて、ご覧になってみるか、「信玄堤」で検索されてみてください。

読みました

私も武田信玄読みました。武田勝頼まで読みました。
武田信玄のような戦国武将は、豪族連合の上に乗っかっているといった立場だったようですね。豪族たちが自分たちの利益のためにかついていた「御屋形様」というわけです。徳川家康も、他の戦国大名もみな同じ。武田崩壊の時は一気にそれが表に出ますね。
その点信長は新しかったです。でも、新しいが故に強いとは限りません。信玄にはあのまま西上作戦を京まで完遂して欲しかった・・・個人的には。

エタセクknight &MAMAさんへ

コメント、ありがとうございます。

バサラですか。人気みたいですね。

帰宅してまで画面を観たくはないので居間から離れます(笑)。

しかし、日本史にとりかかるきっかけになるのはワルイことではないと思います。

柳谷花緑さんへ

コメント、ありがとうございます。

狙った箇所で笑いが取れて安堵しています。

いい夫婦ネタは見過ごしていました。

エタセクknight &MAMAさんへ

あれには仰天しました。

手の込んだことをして頂き、ありがとうございます。

パンスト女神さんへ

コメント、ありがとうございます。

武田信玄の面白い点はトップ就任後、すぐに長期計画を部下に命じて着手させ、帰還した者達を労った点でしょうね。

治水もその一つと記憶しています。

甲府は決して恵まれた土地ではなく、むしろ厄介な場所であったにも関わらず、自然と如何に付き合うか見いだした点は素晴らしいと思います。ねじ伏せてやるという西洋思想とは違った視点が興味深いですね。

ご提示頂いた本、探してみます。ただ、後がつかえているので時間がとれるか(苦笑)。



Kaisubさんへ

コメント、ありがとうございます。

武田信玄は場所と生まれた年が不幸だったと思います。

たしかにご指摘の通り、武田家は豪族連合に担がれただけという指摘は同感です。

徳川になるとちょっと意見は異なりますが。土地所有制度が変化していないのだろうか?という疑問です。

織田信長のパフォーマンスは斬新ですよね。坊主丸焼きなんて彼でないとできないと思います。ある方の説では、土地所有制度は中世を引きずっていたとなります。面白い示唆でした。

土地所有が個人・法人になって以降(それ以前もだと思いますが検証できていません。)、地価の下方硬直性はかなり強固になった感じがします。

但し、バブルやら不景気で地価の資産力にも限界が見えてきたように映ります。

反原発問題の根っこに、「土地の資産価値がゼロになる」という問題が潜んでいると思うのは伺った見方でしょうか?どうも、気になります。かなり偏屈な見方なんですけど。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: