FC2ブログ

日本のリアル 2

農業、漁業、林業、そして食卓を語り合うと副題がついています。PHP新書から出版されております。養老孟司氏と岩澤信夫氏という農業のプロとの対談が収録されています。

岩澤信夫氏は不耕田について話されていました。

そもそも、田んぼは耕されるべきものと信じていました。しかし、異なる農法もあるようです。

不耕起冬期冠水農法(注1)は見たことはありますが何故に冠水させておくか理由が理解できませんでした。冬起こし(収穫後の田んぼを真冬に耕して寒気に晒します)を怠ると虫がつくからです。冬に田起こしをせずに冠水させるのはイトミミズを繁殖させて雑草を防ぐ効果があるからだと説明されていました。

岩澤信夫氏の話によれば、1988年に三菱農機を訪ねて不耕田用の農機開発を依頼しました。残念なことに計画は頓挫します。しかし、1993年の大冷害の際、井関農機に実りある不耕田を見せて開発の継承を承諾させました。当時、皆はおてんとう様のせいにしたけれど不耕田は実っていた。その事実には説得力があります。

養老孟司氏の月言を以下の通り引用させて頂きます。

世間では、農業をもっと工業化させるべきだと言う人もいますが、農業は工業化させるべきではないし、そんなことができるはずがないんです。

いました、工業化可能と思っていた奴。お前だ、ミニチ。

不勉強はよろしくないと痛感させられました。

お勧めの対談です。ご飯粒を残した子供は叱られるべきだと気付かされます。先の岩村暢子氏との対談でも然りでしょう。



注1)愛媛県在住の福岡正信氏が書かれた「自然農法」は冠水させずにクローバーを植えて雑草を防ぐ農法が説明されているようです。四国と東北では農法が異なるようです。




スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

自然農法

自然農法に興味があり、図書館から本を借りて読み始めましたが、読了しないまま、返すことになってしまい、まだ、全貌が分からないままです。
在来農法とまったく違って、耕し方も、独特の耕し方をするようですし、草刈りもしない、など、分からないことだらけです。ちなみに、私が読んでいるのは、リンゴ農家であり、自然農法の実践者である木村秋則さんのご本です。自然農法と一口に言っても、色々な方の色々な方法があるようですね。
畑仕事をしてみて、思うのは、かかった労働や効率の事を考えると、自分達が苦労して作っている野菜は、とても高い野菜なんではないか、ということと、専業の農家は、もっと、効率化されたやり方をしているのではなかろうか、ということなどを、うらめしく、つい思ってしまいます。
しかし、自分の食べる野菜を自分で作る、ということは、いいことだ、と思い直し、効率を考えず、疲れないような作り方をしよう、と考えています。
もちろん、農薬も使わないし、味も、特に、ニンジンなどは、甘さが売っているニンジンと比べると、まったく違い、おいしいです。
自然農法は、おもしろい農法だと思うので、もう少し、きちんと勉強したいと思っています。

岩澤信夫氏



以前ビデオで、岩澤信夫さんのお話(冷害の際…)を拝見しました。

以前、福岡正信さんの方法を実践してみましたが、元来百姓をしていない私にはキツかった。(笑)

隣接した畑があり、いぢめに合いましたよ。陰湿陰険でしたね~。

結局引越しまして。今は出来る範囲で。暖かな所はまだマシです、人も。

東北は農業キツそうだなぁ。

リクエスト

ミニチさん、ふみさんのコメントを拝読して、実際に、福岡正信さんの自然農法を実践されているので、ぜひ、もう少し、具体的に、どんな農法で、どんな軋轢があったのか、貴重な体験をお話してくだされば、と思ったのですが、代わって、お聞きしていただけないでしょうか?ミニチさん、ふみさん、すみませんが、どうぞ宜しくお願いいたします。

パンスト女神さんへ

コメント、ありがとうございます。

趣味の畑は辞めました。作物を育て収穫する喜びはありますが有機栽培は歓迎されませんし。

ふみさんへ

コメント、ありがとうございます。

実践されましたか。そりゃ、嫌がらせされますね。大抵はされると思います。

意外と狭い国土だと思います。

性根も。



パンスト女神さんへ

一例を挙げれば、雑草の扱いがあると思います。

雑草という草は無いのですが、雑草というやつは放置しておくと花を咲かせて種を飛び散らします。

隣の畑が草ボーボーだと自分の畑に種が飛んで迷惑という案配です。

ありがとうございます。

ミニチさん、ご教示ありがとうございます。
草刈りは、大変ですよね。ちなみに、私は、スギナの地中奥深くまではびこる根が、好きになれず、春先に、スコップで、少しずつ、深く掘り起こし、丁寧に取り除きます。それでも、スギナの繁殖力はたくましく、あっという間に、復活するのに、がっくりしています。雑草も、あっという間に、繁茂しますね。皆さん、まめに、草刈りをされていますが、本業の工芸に時間を取られ、なかなか、草刈りをする時間が取れません。
ミニチさんが、趣味で畑をされていたのを、意外な気持ちで読んだと同時に、嬉しく思いました。畑の経験があるのとないのとでは、何かが違う、と自分自身の体験から思っております。
本当は、ふみさんの貴重な体験をもう少し、お聞きしたかったのですが、また、時間を見つけて、木村秋則さんや福岡正信さんのご本を図書館から取り寄せて、勉強してみる事にしましょうかね。
私が住んでいるのは、田舎の狭い集落であり、人間関係も、濃密なので、おそらく、自然農法を実践できるかどうかは、分かりませんが、できた野菜の亜硝酸の値が、自然農法と有機農業ではまったく違うので、いずれ、勉強してみたいと思います。ご紹介の対談も、興味深いので、時間が取れたら、読んでみたいと思います。

パンスト女神さんへ

スギナは痩せた土地に繁殖すると聞きます。

破片すら残すと厄介ですよね。

肥沃にしたら生えなくなりました。

スギナ

え?そうなんですか?
スギナは、酸性土壌に生え、pHを中和する、とも聞いた事がありますが、私の周囲では、長年畑をされて、肥沃な土地の方々でも、皆さん、スギナについて、ぼとくさ、文句を言っております。
スギナの勢力が強すぎて、田や畑の土手にも、びっしり、スギナが生えていますし、そこから、胞子も飛ばせば、根も伸ばす、という感じです。かといって、除草剤などは、絶対にまきたくないですね。。。

ごめんなさい


パンスト女神さんへ

お返事遅くなりすみません。実は私は夫の手伝い程度で正確にはわかりません。

実際に私が手伝ったのは
雑草や植えたクローバーやらを鋤き込んだりなどでした。
(雑草に作物が負ける)

鋤き込むのに、
こまめちゃん(小型耕運機)を使っても大変で…。

奮闘していましたが、
いじめ→引越、でした。

豊作おけで汲み取り便所から"肥"を畑へ汲んで
(男女別でした、女で用をたす→男で発酵→畑)
などもして、ニンニクは男爵芋ほどの大豊作。

山際の急斜面、300坪。
標高700mの寒冷地。

コンポストも腐敗菌に
やられてしまう様な土地でしたから、合っていたのかも不明です。

雑草の役割は、畑のマリーゴールド的なものかな、と勝手に思っています。

スギナはお茶にしたり
お風呂に入れたり
皮膚にとても良いですよ。お世話になりました。

東城百合子先生の
「自然療法」も
是非お読み下さい。
おすすめします。

ミニチさん
お邪魔しました。
ありがとう。

どうもありがとうございます。

ふみさん、貴重な体験談をお話しくださり、どうもありがとうございます。
「こまめちゃん」「豊作おけ」など、検索しながら、興味深く、拝読いたしました。肥を運ぶのも、とても大変だったとお察しします。(私がお借りしている家は、昔に作られた農家で、家の中には、「小」用の汲取り式トイレしかなく、桶も小さいものでした。「大」は、外の納屋の隣にあるトイレに行って、「肥」として利用されていたらしいです。毎週のように詰まってしまうトイレに閉口して、大家さんにご相談し、大きな桶の汲取り式トイレを新しく作っていただいて、ほっといたしました。私たちは、安い発酵鶏糞と精米所で集めてくる米ぬかを元肥に使い、追肥には化成肥料を使っています。)
決して、恵まれた条件ではない中、ご奮闘されていらっしゃったのに、いじめに遭われてしまったのは、心中お察しいたします。大変でしたね。(ニンニクの大豊作は、良かったですね!!)コンポストが腐敗菌にやられてしまったのは、土壌微生物が少なかった、ということでしょうかね。。。
東城百合子先生は、存じませんでした。自然療法の大家なんですね。ご教示いただき、どうもありがとうございます。時間が取れ次第、拝読してみたいと思います。
スギナも、上手に利用できると良いな~と思います。
それでは、改めて、御礼申し上げますと共に、この場で機会をいただいたミニチさんにも、心から御礼申し上げます。お世話になりまして、どうもありがとうございました。

ふみさんへ

クローバーを使われましたか。なるほど。

コンポストは作りました。面倒でした。

パンスト女神さんへ

農法も色々なのですね。

地域による違いもあるでしょうし、プロの農法が実は一番効率がいいのかとか考えてしまいます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: