FC2ブログ

看護の力 前半

川嶋みどり氏が著し、岩波新書から出版されています。

書き出したらまとめきれなくなりました。今日は前半を掲載させて頂きます。

阪神・淡路大震災でも東日本大震災でも現場のナースたちが混乱されたようです。医用電子工学(ME)の発達が五感を使う観察力を衰退させてしまい、人工呼吸が出来ないとか脈拍が測れないといった問題が生じたようです。あまりに数値にこだわり、全体像を把握出来なくなっていると言い換えられるかもしれません。

東日本大震災後、著者は患者自身が持つ治る力を引き出す事を目的とし。相互に気遣うことを起点とした地域完結型のケアをゴールイメージとした活動を始められたようです。

具体的には、手のマッサージ・爪切りなどによる被災者の体への接触、会話によるコミュニケーションを行うとされています。

当初、たかがマッサージで何がと思いました。実は非常に深い意味がりことを同書で学べました。

著者の60年に及ぶナースとしての経験が書かれていました。こう実例を挙げられると手で触れることの意味深さに気付かされます。これは何も看護だけに限った話ではないと思います。

観察する重要性も説かれています。更に、観察者は被観察者から常に観察されていることを忘れてはいけない点、観察者と被観察者の間に信頼関係がなければ正しい観察は行えない点を指摘されています。

これも看護の世界に限った話ではないと思えます。介護にも育児にも必要なのでしょう。

体を清潔にする意義の深さも書かれています。何故、ナースは患者の体を拭くのかという理由が書かれておりましたし、脳死した患者さんが体を拭き続けることで意識が回復し自宅療養までにできるようになった実例(注1)も書かれていました。

更に、血圧が下がり死亡寸前の女児の体を拭き続けて回復させた体験談も書かれていました。

ついでに書いてしまいますが、別な方がオムツをした状態で飯が食えるのか?という人体実験を自身でされたそうです。

結果、食欲はわかない。だそうです。

清潔であることは大切なのだと改めて考えさせられました。

話を戻します。

これらはケアすることによって患者自身が持つ治る力を引き出せた成功例として紹介されています。



話が長くなりますので次回に続きます。

とにかく、この本を見付けたら買われて損はしないと思います。




注1)こういう話を読むと家族が脳死しても臓器は提供したくないとなります。だって、助かるもしれないじゃないですか。




スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

脳死

私は心停止以降の臓器提供の意思表示をしております。
また、妻には脳死後の射精と子作りは可能か、という実験をするようお願いをしております。まだ元気なうちからセックスレス気味なのに、自分で動かない状態でしてくれるかは疑問ですが。
女性患者の妊娠は聞いたことがありますが、男性でも可能何でしょうか?
気になります。

手当て

「手当て」の大切さと言う事でしょうか。
誰かに触れる、触れてもらう事で何かを取り戻すのでしょうね。

妄想エロ係長さんへ

コメント、ありがとうございます。

うーん、奥様の協力をなるべく早く得られるといいですね。脳死前に。

妊娠未亡人は洒落にならないので実験は無いと思います(笑)。



ひとみんさんへ

コメント、ありがとうございます。

人間の手には威力があると思いました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: