FC2ブログ

夫婦交換 ver2.0

電灯を消した闇の寝室で一通りの前戯を終えて、妻の体に上った。

「今日はスキンつけないよ。いいだろ?」

「もう、仕方ないわね。中には出さないでよ。」

「大丈夫、大丈夫。」

渇き気味の妻のオマンコにオチンチンをあてがって、挿入を始めた。
最後まで入れ終わり、ゆっくりと出し入れを始める。

「ま、真理子、いいよ。」

オマンコに包まれた気持ちよさで思わず声が洩れた。

「ああっん、わたしもいいわよ。」

闇の中、うっすらと妻の顔が見える。目は閉じていない様子だ。

「真理子のオマンコ、いいよ。」

「あなた、わたしも感じるわよ。」

妻に口づけをしようと顔を寄せたが、真理子は顔を背けキスを避けた。

素っ気ない真理子の態度とは無関係に、終わりの時は五分ほどで近づいてきた。まずい、抜かないとまずい。そう感じた瞬間、大きな地震のような揺さぶりを受けて、俺と妻は絡みあったままベットから落ちた。

後頭部に何かの衝撃を受け、気を失った。

朝、目が覚めると俺は女になっていた。

何故だか分らない。絨毯の上で気が付いたとき、俺の体は真理子になっていた。

「何が起きたんだ。どういう事だ。」

上半身を起こし、隣に倒れている俺を起こした。

「ま、真理子。大変だ。起きろ。」

俺は、隣に倒れている俺の体を揺さぶり、頬をなで、起こした。

「な、何なのこれ!」

目覚めた真理子の第一声だった。俺の前に、俺の裸があった。そして、真理子の前に真理子の体があった。


「一体、何が。」

言葉を失ったまま、互いの体に触れた。互いに触れた体が自分の体だなんて。

「わ、わたしの体、返して!」

いきなり、俺の体が俺の両肩を揺さぶった。どうして、真理子が俺なんだ。

小太りの腹に、皮を被った小さいオチンチンをつけた俺が、俺を揺さぶっていた。

俺の体は、真理子の体になっていた。ふくよかで張りをたもったままのDカップのオッパイ、綺麗な縦長の臍、ビキニラインを処理した陰毛、全部が真理子の体だった。

「か、体が入れ替わったのか?」

驚愕のなか、呟いた。

「ば、馬鹿なこと言わないで。」

「で、でも、俺の前に俺がいる。」

「わ、わたしの体とられちゃったの。嘘よ、そんなの。」

俺たちが混乱の中、互いの記憶をたどった。そして、昨夜のある瞬間に衝撃を受けたのを思い出した。

その衝撃が何かは分らない。でも、互いが入れ替わっていた事ははっきりしていた。

「どうすんだよ、これ。」

困惑のなか、バスローブをまとい、子供達の様子を見に行くことにした。居間に入ると、既に三人の子供達は朝食の最中だった。小学校5年生になる長女の弥生が、妹達にトーストを焼き、スクランブルエッグを振舞っていた。

「ママ、おはよう。今日はお寝坊さんだね。」

弥生は笑いながら話しかけてきた。

「ご、ごめん。頭が痛くて。」

後頭部に残るズキズキした痛みをおさえながら答えた。

「ママ、今日はプールの日だから学校の前で待ち合わせだよね。」

小学校三年生になる葉月が話しかけてきた。

「プール?何?」

何のことか分らずに間抜けな受け答えをしてしまう。俺は、娘たちの普段の生活を知らないのだと気づかされた。

「やだなあ、ママ。水曜日はプールの日じゃない。」

弥生が幼稚園年長になるカンナがこぼしたパン屑を集めながら笑った。

「あー、そうだった、そうだった。すまん、すまん。」

「あはは。ママったら、パパの真似してる。」

弥生が鋭いことをいった。普段、家族の話をちゃんと聞いていない証拠だ。

ついつい、口癖の“そうだった、そうだった。すまん、すまん。”がでてしまった。

娘達は俺を真理子だと思って話かけてきた。知らない話題、いや、ちゃんと聞いていなかった話題が盛りだくさんだった。そうだ、娘達にとっては今の俺は、ママなんだ。注意深く俺の口癖がでないように話をあわせようとしても、何度も弥生からは“パパの真似!”と笑われた。

その時、俺の声が悲鳴を上げた。

「あっ、やっちゃった!どうしよう。」

声がしたトイレへ駆けつけると、呆然とした俺がトイレを見つめていた。

「携帯、おとしちゃった。」

トイレの奥に真理子の携帯が沈んでいた。これは、もう直らないだろうな。仕方ない。どうしたものかと考えあぐねていた時、

「もう、学校いくね。」

と、言いながら弥生が葉月の手を引きながら脇をすり抜けていった。まずい。便器に水没した携帯電話にかまっている場合じゃない。

カンナを幼稚園バスのバス停まで送らないといけない。でも、俺が送るのか?他のお母さんたちと話が合わないぞ、それは。まずいと思いながら、

「カンナを頼むよ、お願い。今日はお父さんが休みの日ってことで。」

俺の体を持った真理子の腕を掴んで、トイレから引き出した。

「そ、そうよね。カンナを連れていかなくちゃ。」

真理子は慌ててスウェットの上下に着替えて、カンナを連れて玄関から出て行った。

寝室にバスローブ姿で戻った俺は今後のことを考え始めた。でも、どうしたらよいのか分らない。それより、今日をどうするかだ。会社に連絡を入れて、風邪をひいたとでも言って休みをとるのが先決だ。

俺の携帯をとり、急いで電話をしようとした。しかし、俺の声が真理子の声だと気が付いた。

まずい。電話できない。

呆然としたままの俺の手から、携帯電話がこぼれ落ちた。その時、ドアの開く物音がして、俺の体をした真理子が帰宅した。寝室に戻ってきた妻を出迎え、電話の代行を頼んだ。

「悪いけど、会社に電話してくれ。今日は休みにしたいから。」

真理子の声で俺が喋る。携帯電話を拾い上げ、手渡した。

「わかったわ。電話すればいいのね。」

女言葉で喋る俺の声を聞き、まるでオカマになった自分をみるようでぞっとした。

「言葉遣い、気をつけてくれな。」

「あなたもよ。乱暴な言葉遣いはやめてね。」

オカマに言い返された。

「それと、そろそろ着替えてね。」

着替え一式を押し付けるように手渡すと、真理子は居間へと出て行った。

手渡された衣類を見て、俺は困惑した。まずは、パンティだ。

大方の男性たちと同様に、俺はパンティは脱がせるものであって、穿くものではないと信じている。

これを穿けというのだろうか?白いコットン地に小さなリボン模様がついたパンティをしげしげと眺めた。

まあ、これは後回しにしよう。今度は、ブラジャーを手に持った。フルカップのベージュのブラジャーだ。こいつは、つけ方が想像も付かない。ダメだ、お手上げだ。

ふと、姿見に映った自分に気が付いた。全裸で立つ真理子の姿。胸を左右に振ってみた。プルンプルンとオッパイが揺れた。さすがは、Dカップだ。

更に強く胸を揺すると、先ほど以上にブルンブルンとオッパイが揺れ動いた。肩にずしりと重みを感じた。今度は、がに股になって、股間を丸出しにしてみた。両手でオッパイを持ち上げて、腰を前後に揺する。ストリッパー気分を味わえた。

視線が股間に注がれたらと思うと、股間が熱く潤ってきた。調子にのって、オマンコを両手で広げた時、鏡に怖い顔で俺の背後に立つ妻が視界にはいった。

まずい。明らかに怒っている。

それも、非常にという副詞が必要なくらいにだ。

無言で近づいてきた妻は黙ったまま、無理やりにベットに俺を腰掛けさせて、パンティを穿かせた。ブラジャーをつけてくれ、キャミソールを被せ、淡いピンクのワンピースを着させてくれた。

終始の無言が怖かった。その場を取り繕うことも出来ずに、俺も黙ったまま従った。

「時間が無いんだから、急いで今後の打ち合わせをしましょう。」

冷たい一言と共に、俺に一瞥をくれた妻が寝室から出て行った。

カンナが帰宅するまでの数時間を掛けて、俺は真理子と今後のことを話し合った。俺たちの中身がどうであれ、互いが入れ替わったらといって、真理子の体が会社に行き、俺の体が家事をする訳にはいかない。

いつか元通りに戻れるその日まで、生活をまわしていくことを考えるのが先決だった。不幸中の幸いとでもいうのか、俺と真理子は職場結婚をしていたから、俺の職場の人間関係を全く知らない訳ではなかった。

仕事の内容も、結婚前は俺のサポート役だったから無知でもない。とにかく、引き継ぐべき事項を片っ端からメモ帳に書き出していき、真理子に託した。そして、俺は妻の話をメモしながら何度となく、前に話した筈だけどという言葉を聞かされる破目になった。

三週間が過ぎても、俺と真理子は体が入れ替わったままだった。しかし、無難に互いの代役を務め続けていた。言葉も慣れてきたし、服装に違和感もなくなってきた。

しかも、俺は料理のレパートリーが増えたのだ。掃除もまめになったし、買い物も何が安いか高いかの区別が付くようになった。おまけに、生理を初体験して女性の大変さを実感することもできた。今まで、妻に対しての心遣いの足りなさを見つけたと言っても大袈裟ではなかった。

妻とのコミュニケーションも変ってきたように思えた。妻から仕事の相談を持ちかけられた時に、より親身に答えを導きださせることが出来るようになった。

話を聞き流される哀しさを想像できるようになったとも言えるだろう。

妻は仕事に慣れることに精一杯の様子で、毎晩遅くに帰宅すると居眠りしながら夕食を済ませ、ふらふらしながら入浴し、倒れこむように寝入っていた。しかし、四週目に入ると、ようやく余裕ででてきたようで、眠らずに夕食を食べるようになった。

食事をしながら職場の話をする真理子の向かいに座り、両手で頬杖えをしながら話に耳を傾けた。時折、小首を傾げてみたり、胸元の谷間をちらつかせたりと、女性らしさを演出できるようになってきました。

そんな週の金曜の晩、いつも通りに真理子の晩酌につきあっっていた。ボタンを二つ外して開いたシャツの胸元をチラチラと盗み見してくる真理子。

なんとなく、もぞもぞした真理子の様子にピンとくるものがあった。そろそろ溜ってきたな。

イヒヒ、これはからかうには絶好の機会だ。

真理子に入浴をせかし、早速、準備に取り掛かった。

浴室にそっと入ると、すりガラスには椅子に座って体を洗っている真理子の背中が映っていた。俺も全裸になり、タオルで両胸と股間を隠した姿で浴室に足を踏み入れた。

「おじゃましまーす。」

びっくりして振り返った真理子に対してペロリと舌をだして、真理子の背後にしゃがみお湯をかぶる。振り返った真理子がじっと見つめている。お湯で濡れて体に張り付いたタオルが、体のラインを強調してくれた。

「恥ずかしいから、あんまり見ないで。」

床に腰をおろし、人差し指と中指だけで両方の乳輪を隠し、股間には手タオルをかけたまま両膝を開いていく。ギラついた真理子の視線が、タオルで覆われた薄黒い陰に集中した。

イヒヒ、思った通りだ。

これから生殺しにしてあげよう。

「ちゃんと体を洗ってくださいな。」

真理子に前を向くように促す。仕方なさそうに前を向いて体を洗い始める真理子。時折、勃起したオチンチンについつい手が伸びては軽く扱いている。

そんな真理子の背中にべったりと両胸を押し付け、背後からまわした両手で真理子の乳首を軽くはじく。ううっ、という呻き声が真理子からもれた。

「おちんちん弄りなんかしていると、ちゃんと体を洗えませんよ。」

無理やりに両膝を思い切り開かせ、両手を膝頭に置かせる。再び、両方の乳首を弄る。背中にはべったりと大きな乳房が押し付けられている。耳たぶを甘く噛み、耳の中に軽く息を吹きかける。

「ううっ、我慢できなくなりそう。」

真理子に手首を掴まれ、無理やりにオチンチンを触らせようとする。

イヒヒ、誰が触ってなんかやるもんか。

「痛くしないでくださいな。」

甘ったるく気だるい声を出しながらも、手首は断固として拒否の姿勢を示す。

「これなら、いいかしら?」

掴まれた手首を振りほどき、背後から右手で玉袋を触れるか触れないかの強さでなで上げる。

左手は乳首を片方づつ弄くりまわす。爪の先で軽く弾いていると、乳首はどんどん硬くなっていった。袋だけを触れているオチンチンは先端から涎のような滴が糸を引いて垂れ始めていた。袋が収縮を始めた。

イヒヒ、そろそろ限界だな。

「はい、お終い。湯船に入らせてくださいね。」

ぱっと手を離して、お湯をかぶりなおし、湯船に体を浸す。タオルで両胸と股間は隠したままだ。泣き出しそうな顔をした真理子が見つめている。

「お先に寝室に行っていてくださいな。」

にこりと微笑みながら小首を傾げてみた。黙ったまま、真理子は肯いて浴室から出て行った。

真理子を焦らすために、徹底的に時間をかけて体を洗っていく。髪は三度洗い、体も三度洗い、踵の垢すりに時間をかけ、両脇の手入れもじっくりおこない、ついでにビキニラインも剃り直した。

ふと思い立って、大陰唇もツルツルに陰毛をそり落としてしまった。鏡に映すと何ともいやらしい。イヒヒ、この際だから全部剃り落としてやれ。一本の陰毛も残すことなく、オマンコは完璧なパイパンに仕上がった。

鏡に映してみると、興奮してはみ出たビラビラが淫靡だ。左側のビラビラの方が大きく割れ目からはみ出ていた。シャワーを当てて、シャボンを洗い流した。クリトリスに、お湯があたると気持ちいい。何度となく、クリトリスにお湯をあてているうちにオナニーがしたくなってきた。

椅子に座ったまま上背をそらし、シャワーを当てている股間に気持ちを集中させた。じわっとした小波がゆっくりと襲ってきた。ううっと呻き声を漏らし、シャワーを股間からはずす。ぷかぷかと海に浮いた感覚が体に残った。

もう一度、シャワーをあてると、再びゆっくりとうねる小波が体を襲ってきた。

何度となく波を楽しみ、お遊びに時間をついやしていた。

ようやくお風呂からあがり、バスタオルをまいた姿で丁寧に髪を乾かした。歯磨きをし、浴室の乾燥タイマーをいれた。バスタオルを巻いたまま、子供部屋を見に階上にあがった。三人娘は思い思いの寝相で寝ていた。

ブランケットを其々に掛けなおし、静かに戸を閉めて階下におりた。寝室に入ると待ちくたびれた真理子は既に寝ていた。オチンチンを握りながら寝ている姿が滑稽だった。バスタオルをベット脇に落として、真理子の脇に何も見につけていない体を滑り込ませ目を閉じて深い眠りに入った。

翌朝、乳房に吸い付く真理子に揺り起こされた。

朝っぱらから、血走った目で両胸を鷲づかみにして、乳首に吸い付いてくる。

とても寝れたもんじゃない。

「ちょ、ちょっと待って。朝は時間がないわ。ご飯を作らなくちゃ。」

乳首から口を離した真理子がどうしてだいとでも言いそうな顔を見せた。真理子の体を両手で押し戻し、

「時間がないから、みるだけよ。」

起き上がって、両脚を大きく開いて腰を突き出した。ツルツルのパイパンマンコが真理子の視界に飛び込んでいった。

ひえっ、と声にならない叫び声を真理子があげた。

くそ忙しい朝に襲われてはかなわない。

さっさと、着替えて台所に逃げ込んだ。長女の弥生が朝食作りの手伝いに降りてきた。助かった。以前は、余計な邪魔をしやがると思っていたが、俺も現金なものだ。娘の前ではオイタはできまい。

三人娘とお喋りをしながら、黙りこくった真理子も交えた朝食を終えた。

一足先に出勤する真理子を玄関まで送りがてら、むぎゅうっと股間をスーツごしに握り締めてあげた。前かがみになり呻く真理子。

イヒヒ、朝から勃起してやがる。

「そんなものを勃てたままでいると、痴漢で捕まりますわよ。」

耳元と囁き、恨めしげな表情の真理子を送り出した。弥生と葉月を送り出し、洗濯機をまわしている最中にカンナをバス停に送り、洗濯物を干し、掃除を済ませ、やっと一杯にコーヒーにありつけた頃には十時を回っていた。

かなり家事に手馴れてきたとは言え、家事は際限がない。毎日のように飯を食い、洗濯物をだし、部屋を散らかしてくれる奴が俺も含めて五人もいるのだ。しかも、尻拭いは全て俺だ。

テレビでもつけようとした時、電話がなった。

「もしもし、俺。随分、探したよ。」

男の声が耳に響いた。何だ、こいつ?

「あの、どちら様でしょうか?おかけ間違いではございませんか?」

「おいおい、おかえ間違えとはご挨拶だな。」

口の利き方を知らない奴だ。上等じゃねえか。

「どちら様が存じませんが、ちょいと失礼ではございません?」

冷たくゆっくりした声を返した。

「やだなあ、まりちゃん。俺だって。冷たいじゃないか。急に携帯が繋がらなくなったしさ。」

気が動転した。こいつ、真理子の知り合いだ。

「あら、やだ。わたしったら。」

調子を合わせて答えを返した。

「携帯電話つながらなくなったけど、どうしたの?」

「あっ、ごめんね。機種を替えたのよ。」

ふと、入れ替わった朝の騒ぎを思いだした。

「番号が変るなら言ってくれればいいのに。びっくりしたぜ、まりちゃん。」

まりちゃん、まりちゃんって馴れ馴れしい奴だ。

「ちょっと、バタバタしてたの。アドレス帳のデーターも無くなっちゃったし。ほんと、ごめんね。」

携帯電話を真理子は、意図的に水没させていたのか?

「こっちの番号も、もしかしたら分らないの?」

「そうなの。壊れちゃって、掛けられなかったの。」

不倫相手という言葉が頭に浮かんだ。

会話を続けながら、相手の氏名、住所、勤務先の全てを誘導しながら聞き出した。

最後に奴が言った“来週の金曜昼に会おう。愛しているよ。”の言葉で、真理子の不倫が疑わしくなった。

呆然としたまま、すっかり冷え切ったコーヒーカップを握り締めていた。

真理子は不倫をしているのか?

あの電話は何だ?会う約束は、何の為だ?愛している?奴が誰をだ?

混乱のなか、色々と考えても不信は募るばかりだった。

再び、電話が鳴った。

「もしもし、真理子さん?わたし、祥子です。」

弥生の同級生のお母さんの祥子さんからの電話だった。

「あら、祥子さん。どうしたの?」

この分譲地に同じ時期に越してきたこともあり、近所では真理子が一番したしているのが祥子さんだ。

「真理子さん、なんか元気ないわね?」

同じ年でもあり、頻繁に行き来している。

「そうかしら?大丈夫よ。」

先ほどの電話で混乱した頭の中が整理つかずだった。

「それならいいんだけど。もし、よかったら久しぶりにお茶に来ない?」

慌しい日々を過ごしていたので、祥子さんともお茶をする余裕はなかった。

「そうね、随分とご無沙汰しているわよね。」

おまけに、話題についていける自信もなかったので、避けていた。

「今日は皆はいないけど、よかったらどうぞ。」

祥子さんと二人なら、ちぐはぐな話にはならないだろう。

「ありがとう。伺わせてもらうわ。」

何よりも、今は気持ちを切り替えたかった。

三軒隣の同じ造りをした祥子さんの家を訪ねた。真理子や子供達と違って、俺は祥子さんの家には入ったことがない。初めての訪問だ。

しかし、家の造りが一緒なら違和感を感じさせずに切り抜けられるだろうと思った。

相手は、ひそかにオナペットにしていた祥子さんだ。柳腰のスレンダー美人。

真理子と違い、小ぶりなオッパイと小さな唇。真理子と一番親しい人なら、何かを知っているかもしれないとも考えた。

アールグレーを頂きながら、ひとしきり子供の話題を話した。そして、話題が一区切り付いた時、祥子さんが思い切った様子で話し始めた。

「前に真理子さんが言っていた話、なんだけど思いきって面接を受けてみたわ。」

「面接?」

一体、何の話だ?

紹介できる仕事なんか、真理子には無い筈だ。

「うん。最初に会うのを面接って言うんだって。」

ますます分らなくなってきた。

「ふーん、そうなんだ。それで、面接はどうだったの?」

とりあえずは、会話をつなぐしかない。

「とってもよかった。やっぱり、わたしが女なんだって思った。」

「よかったの?」

仕事の話じゃなさそうだ。一体、何の話だ?

「あら、なんか気のない返事ね。誘っておいて。」

「誘ったつもりじゃないわよ。どうかしらって、思っただけ。」

うまく誘導しなければ、話題にたどりつけやしない。仕事でないとすれば、なんだ?

まさか、祥子さんに不倫を勧めていたのか?

「なんか、運命を感じちゃった。真理子さんの言うことをもっと早く聞いて置けばよかったかも。」

「彼、よかったの?」

思い切りカマをかけた。

「うん。初めてよ。もう離れられないと思った。一回だけなのにね。」

祥子さんも不倫かよ。

しかも、真理子が煽っていやがった。

「ねえ、具体的にはどんなことした?」

「ええ、やだ。恥ずかしいわ。」

「いいじゃない。ちゃんと報告聞きたいわ。」

うまく誘導できそうだった。

「真理子さん、彼から聞いていると思ったのに。」

「そこまで話はしないわよ。」

真理子の不倫を確信した。

まさか、祥子さんもそいつにやられたのか?

「真理子さんの彼に最初だけ同席してもらって、その後で二人きりになったの。」

どうやら、祥子さんの相手は違う奴らしい。それにしても、真理子といい、祥子さんといい。

「それで?」

「なんか初めてのことばかりで、びっくりしちゃった。でも、すごくよかったの。」

自分でも言うのも何だが、誘導尋問はうまい方だ。

誘導尋問がうまいくせに妻の不倫を見抜けないのも間抜けな話しだが。

それはともかくとして、真理子の不倫相手から祥子さんが別な男を紹介されて不倫を始めたことが分ってきた。

しかも、その不倫は単なるセックスではなく、SM調教だった。祥子さんは過去に話した話題なのにと訝しがりながらも、祥子さんの旦那がマゾで、S役に辟易していた話をした。

真理子が、それならばとSM相手、しかも調教師を紹介したということだった。祥子さんにS男性を紹介するということは、真理子がM調教されていると考えても間違いないだろう。

ひとしきりの会話をし、幼稚園バスのお迎えを口実に、祥子さん宅を辞した。

カンナの出迎えをし、葉月も弥生も帰宅した。憂鬱な気分は陽気な子供達に十分な会話を返してあげられなかった。機械のように黙々と夕食を作り、子供達に入浴を促し、学校の宿題をみてやった。弥生は心配そうに顔を覗き込んできたが、何も言わなかった。子供達に心配をかけさせてしまった。

その分だけ、真理子に対しての怒りが募ってきた。真理子の不倫相手の身元は割れている。ゆっくりと時間をかけて報復してやる。

問題は、真理子に対してどうするかだ。携帯を水没させて清算したつもりでいるのだろう。気づかないふりをするのも一手だし、問いただした上で給料配達機にしてやる方法もある。

男の体は何をされたら一番辛いかはよく分っている。

真理子への報復はじっくりと考えたほうがよさそうだ。

ツルツルにしたオマンコ画像を携帯電話で撮影して帰宅途中であろう真理子にメールした。

これで飢えた狼のようになって帰宅するだろう。

弥生達を早めに寝かしつけ、子供達は眠りましたとメールもした。こんなメールを受け取れば、電車の中でさえズボンを脱いでしまいそうだ。まあ、そんな事をすれば逮捕されて帰宅できなくなるが。

玄関に、寝室にいますと書いたメモを脱いだパンティにクリップで留め置いた。

玄関以外は消灯し、寝室だけ薄暗い電灯をつけた。

玄関からは、寝室だけに小さな灯りがあることが見える。全裸でベットに入り、帰宅を待った。挿入させずに徹底的に焦らして、最後の最後で射精を諦めさせるつもりだった。

そして、玄関で扉の開く物音がした後、狼の顔をした子羊ちゃんは、衣類を脱ぎ散らかしながら覆いかぶさってきた。

そうはさせまいと、両手で真理子の体を押し返して抱きつかせまいとした。

その時、激しい地震のような揺れに見舞われた。

あの時の揺れを思い起こさせた。

後頭部に衝撃を受け、気を失った。


目覚めた時、隣には祥子さんが寝ていた。

どうやら、祥子さんの旦那と入れ替わってしまったらしい。不倫を始めたM夫と入れ替わってしまった。

これから一体どうなるのだ。




スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: