FC2ブログ

田中角栄氏の秘書

榎本敏夫さんは田中角栄氏(注1)の秘書でした。何でもこなすお仕事ですからロッキード事件にも連座しました。金遣いの荒い議員につくと大変だと思います、色々と。

彼が不幸だったのは、1995年2月22日の最高裁判所での有罪確定だけではなかったと思います。(今日もネットでネタ拾いとバレバレ。あ、日付と氏名確認以外ではネット情報は含みませんので。)

たしか、奥様から離縁状を突きつけられた覚えがあります。更に不幸だったのが、その妻がプレイボーイで脱ぎました。あれは、いいオカズでした。(バカ)

週刊ではなく、月刊プレイボーイだったのは若干の幸せでしょうか。日本版ハスラーとか日本版ウィが無かったのも幸運だったかもしれません。(マニアックだぞ、ミニチ)

奥様はテレビ番組「俺たちひょうきん族」でハチの格好もされました。自身の名科白「蜂の一刺し」すら売り物にする程、生活に困窮されていたのでしょうか。謎です。同時期に安岡力也氏はホタテ貝の格好をされていたように記憶しています。

話を戻します。

国会議員の秘書は汚れ役だし、収賄事件に関与しなきゃいけないし、逮捕されるのも仕事のうちと割りかいらないと出来ない仕事だと思えます。でも、妻が離縁状を突きつけるし、ヌードになるし、テレビで変な被り物をされるだなんてあんまりだと思います。

今や我慢を重ねて鞄持ちから議員になれる秘書は少数だと思えます。地盤も看板も鞄も世襲のようです。地盤と看板を相続税の加算対象に出来ないものでしょうか?試算が難しいでしょうけど。

議員秘書。楽な仕事は無いのだと思います。






注1)判別つきかねるので、一応は敬称をつけます。梅原猛氏は肯定的な意見を述べられていました。


スポンサーサイト
[PR]

コメント

No title

「ハチの一刺し」。忘れてました、当時すごい流行語でしたよね。夫に不利な証言をする勇気も、
証言の場で「ハチの一刺し」発言をするのも見事というか
肝が座ってるというか、カッコいいですね。

流さんへ

コメント、ありがとうございます。

最初から離婚する気でしたから夫の立場がどーこーは無関係だったと思います。田中角栄という大物を刑務所にぶち込みたい一心だったと察しています。女は怖いです。

あ、書いちゃった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: