FC2ブログ

日本語の作法

外山滋比古氏が新潮文庫に並べております。文字も大きめで読みやすく日本語が如何に素晴らしいかを語られております。平易な文章で読みやすいのですが難解です。養老孟司氏に比べれば難解さは良心的です。

何でもかんでも、「お」をつけるもんじゃないという一節もありました。例えマ○コをオ○ンコと呼んでも上品とは相成らず。ごもっともです。あ、こんな話は書かれていません。未成年にも読ませても大丈夫です。ええ、請け負います。

同書を読んでいると幾つかの箇所で引っかかります。厚顔ですが、紅顔ではなく、赤面。どうすんだよ、自分が仕込んだ記事の修正。母国語を間違えているのは致命傷に感じます。これだけ恵まれた言葉に生まれ育って日本語を誤るのは迂闊です。

書くことは脳を活性化させるといつだか読みました。この一文は右翼と勘違いされそうな数学者が書かれています。あれ位の頭脳になると書くことが違うものだと感心します。東大、お茶の水は入学して当然という方々ですから別世界です。入試で四苦八苦する人の苦労なんて想像つかないでしょう、多分。

漫画「ドラゴン桜」は東大合格を主題にして話題になりました。週刊モーニングだったかな?記憶が曖昧です。ドラマにもなりましたから有名だと思います。

でも、合格して燃え尽きていいのかと思います。ゴールでは無いですよ、そこ。

さて、日本語をどうしよう。



まずは読むか?





スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: