FC2ブログ

肯定文と否定文

肯定文と否定文があり、否定文を使う感覚には男性と女性の違いがあるように思えます。

男性同士の会話では、否定文が出ることがあります。それは、XXだと思う。違うよ、それ。といった感じでしょうか。但し、持論を否定されたからといって陰口を叩かれることはありません。根にもって陰口を叩けば喋った当人が笑いものにされます。

持論の否定は相手の否定を意味しないと言えるかもしれません。話題と相手は別物です。男性同士は認めた相手としか会話をしません。一般論ですが、男性同士が会話するようになるまでには時間を要します。

仕事の都合であれば、やむなく会話をします。しかし、それは徹底的な情報戦になり、もらった情報に見合う情報しか提供しません。互いに認め合うようになると変化します。

子供を通して父親同士がつながる難しさは、この最初のハードルの高さにあると思えます。差しさわりの無い会話を続けたくないし、しないのです。子供会の手伝いに駆り出されたら用事が済み次第、帰りたい。飲み屋で居合わせた者同士が会話をすることはあります。しかし、地域差がかなり有ると思えます。

女性同士は否定文が会話に出ることはないと聞きます。真実味のある話ですが、真偽は分かりません。中身もスゴイらいしいと聞きます。スゴイのでしょうか?(何がだ?)

女性同士は子供を通したお付き合いを回避出来ないと思えます。育児に影響しますから、非常にストレスを感じると思います。お子さんがいない方も職場での同性との関係は無視できないと思えます。仕事に関係しなくても人間関係が難しいと愚痴を聞かされます。ミニチに愚痴ってどうしようというのだ?同性には怖くて喋れないのでしょう。

女性は一度たちとも否定文を使うと人間関係に支障をきたすという話は本当なのでしょうか。同性で気軽になれるのは、男性同士の方かもしれません。

否定文を使ってはいけないというのは、難しい課題です。(お前にはだ、ミニチ)

男女の違いは大きいものです。

雄も雌も「つくり」は同じ筈なのですが。



お後がよろしいようで。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

No title

男性は負けず嫌い(自分が上だと思いたがる)ことから
相手の言うことを認めない傾向にある、と以前何かで読みました。
たとえば、誰かが「美味しいラーメン屋を見つけたよ」と話したとします。
女性の場合「どこどこ、教えて」とか「今度連れてって」など素直に認めます。
ところが、男性の場合は「それよりも俺の知ってるラーメン屋の方が美味い」とか「ラーメンより牛丼の方が美味いよ」というように否定するというのです。
笑っちゃうくらいぴったり当てはまる人が身近にいるのでおもしろいです。

なぁんだ

気持ちイイのに「いやぁ、、、、」とか「ダメェ、、、、、」とかの話しじゃないんですか〜、残念。

流さんへ

コメント、ありがとうございます。

分かりやすい方がいらっしゃいますね。(笑)

同調という点は個人が最優先させる場では生じやすいでしょうし、男女差はあるのかという問題はあります。記事と矛盾しますが。

妄想エロ係長さんへ

コメント、ありがとうございます。

記事より面白いコメントです。(笑)

ひとつ、男と女の肯定文といった創作をお願いします。期待シテマス。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: