FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京子さんが教えてくれた <上> ver2.0

誰にだって得手と不得手はあると思う。僕は丘の上でいつもテニスをしていた。急な坂を登りつめると学校があった。門をくぐりまっすぐに伸びる道に沿う最初のグラウンド、それがテニスコートだった。

同じクラスの絵里は僕に海の方が素晴らしいと常々に言っていた。僕にしてみれば海なんてあの道の向こうの世界だし。あんな際限のない世界に踏み出している人たちを心の底ではどうにかしていると思っていた。だって、海は眺めるものだったからだ。

テニスと言うとなにか華やかだと勘違いされる。きっと男性プレイヤーにしても女性プレイヤーにしても、封じ込められた立方体のなかで、そう、実は立方体なのだ、最速を求めているから派手に映るのだと思う。張りつめられた糸の先が何処に伸びているかを考え、その糸の先に気が付いてなんかいないふりをしながら狙われた場所に躊躇なく跳び、ボールを跳ね返す。僕はそういうスポーツだと思っていた。

多くのプレイヤー、それはどんなスポーツでもいいのだけれども、勝ったり負けたりすることってあると思う。ずっと勝ち続けるだなんて無理だ。そんなことが出来るのは限られた人だけだ。僕は平凡なテニスプレイヤー。まだ、高校生だったし、そんな奴は何処にでもいたと思う。僕は凡庸ではあるけれど最大限の努力はしたから授かった才能は使い切っていたとは思う。でも、僕だって欲張りだ。勝ちたいと思う。勝ったり負けたりだなんてよくある話だけれど絶対に負けたくないと思う試合だってあった。

屋外のコートに立ち、暖かくなってきた陽気を肺に吸い込み息を整えた。対戦相手はあいつだった。部内の練習試合だって負けたくはなかった。毎度の相手だし、試合前のコイントスとやる気のない握手には僕には勝ち目なんかありはしないという空気が流れていた。いつだってあいつが勝つ。そういう相手だった。でも、僕は負けたくはなかった。絵里が想いを寄せるという理由だけで僕は本気になった。

現実は残酷だ。絵里の前で勝ったことはなかった。そして、絵里の17回目の誕生日。また、あいつと対戦する機会が訪れた。テニス部でもないのに絵里はギャラリーに交じっていた。そして、僕ではなく、あいつを見つめていた。そう、熱い眼差しで特上の誕生日プレゼントを望んでいた。たとえ、それは僕には屈辱的な敗北であったとしても、絵里の誕生日プレゼントはあいつの勝利だった。

その試合が終わり、予想通りの結果が出た。その晩、どれくらい泣いたかなんて覚えてはいなかい。翌朝に涙は枯れたけど、もうどうでもよくなった。ラケットなんか道の向こうへ沈めてしまえと思った。だから、その日の朝は道を渡ろうと思った。握りしめたグリップを放す。もう十分だと思っていた。通学路に向かわず、反対側にわたるために信号機の前で止まった。赤いランプが蒼く変わるのを待つ時、京子さんに出会った。

そのお姉さんはまっすぐに視線を道のむこうにある海に注いでいた。まっすぐと背筋を伸ばし、セミロングのサーファーカットにした肌が浅黒く焼けたお姉さんだった。長い睫、通った鼻筋、遠慮がちな唇、その顔にゴムのような素材、ウェットスーツと呼ぶらしい、がすらりとしながらも張りのあるしなやかな曲線に張り付いた人だった。その黒いウェットスーツをみて、テニスウェアとは全く違う用途のウェアだと感じた。

そして、波にのる人たちって別世界の人だと改めて思った。こんな春先に海に入るだなんてどうにかしている。つま先に真紅のペティギュアが施されてサンダルを履いていた。無駄な肉をそぎ落とした踵が印象的だった。ここまで踵を削ぐのは簡単ではない。僕だって人並み以上には走りこんでいた。その落とし具合の難しさが簡単ではないこと位はわかった。

自分の身長より長い板を小脇に抱え、何かワイヤーみたいなものを持っているだけだった。鞄とかポーチなんてもちも物はなく、8.5フィートの板とワイヤー、京子さんが教えてくれたのだけれど、リーシュというらしい。ラッシュガードなんか着ていなくて、黒のウェットスーツだけだった。そういえば、板と僕が呼んだ時にはサーフボードと言いなさいと叱られた。

そのリーシュは板とくるぶしを結ぶ用具だった。なんでも、板から転げ落ちた時に流されないようにするための道具らしい。海に放り出されて板、ではなく、サーフボードがくっついていることの方が危ないと思ったけど京子さんには黙っていた。何か理由があるのだろうと思った。

京子さんに初めて会った時、つまり、僕がラケットを沈めるために横断歩道を渡ろうと待っていたとき、京子さんは信号が青に変わると僕をちらっとだけみて横断歩道を渡っていった。なんとなく後を追うようにして僕も横断歩道を渡り、砂浜に降りていく階段に腰掛け、京子さんが浜辺に歩いていくのを眺めていた。砂はさらりとしており、細かいとは言い難いうす灰色の砂だった。白いとは言い難い白い砂。そんな色だった。階段の一番したには京子さんが脱ぎ捨てた砂だらけのサンダルが転がっていた。

遠くに見える京子さんは立ち止まり、サーフボードを置き、かがみこんでなにやらしていた。リーシュを取り付けていたのよと後になって教えてくれた。すっと立ち上がった京子さんは髪を束ねた。影絵が髪を束ねた。それだけのことなのに、僕は見入ってしまった。何を見入ったか今では覚えていない。そのシルエットに見入りながら格好いいと思った。僕はそう感じた。砂浜の左側にぼんやりと半島が見え、砂浜の右側にはあれが見えた。何であれが人気なのか僕にはわからない。田舎にくる田舎者ってなんか変だなと思っていた。でも、同じことをクラスの友達も言っていたから満更おかしな感覚ではなかったと思う。

京子さんは髪を束ね、無駄のないシルエットを見せたまま海へ入り、パドリングしていった。そうだ、そうなんだ、パドリングというものを京子さんが教えてくれた。波に身をゆだねるけれども意思を持って進み、機会をうかがう。パドリングってそういうことなのだと教えてくれた。僕が立体形、天井は見えないけど、ぎりぎりにリターンした時、それってパドリングと同じなんだと思った。時間の長さは違う。でも、機会を伺うために足を止めないのと同じことなんだと思った。

自分で行きたい所へ自分で泳いでいき、機会を待てばいいのだと思った。きっと、京子さんがパドリングを教えてくれなかったらそうは考え付かなったと思った。海はこんなに広い。これだけ海は広いのだから遠慮なんかしなくてもいいのだと思った。





スポンサーサイト
[PR]

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。