FC2ブログ

お裁縫

蛇の道は蛇と言いますが、蛇の目ならミシンです。無関係だけど髪の毛が蛇だと石にされてしまいます。ギリシャ神話のアレです。全く関係ないけど今年は蛇年です。覚えてますかあ?(井上陽水っぽく)

さて、ミシン。NHK連続ドラマ(名前を忘れた)ではミシンが活躍しました。朝から椎名林檎氏が歌いました。配役も素晴らしかったです。特に、夏木マリ。唸ってしまいます。元ネタは更に素晴らしいです。まるで雌ライオンの群れ。きちんと視聴率も取れたようでした。めでたし、めでたし。

そのミシン。足踏み式はコツが必要です。上手く踏めた試しがありませんでした。つま先を挟んで痛がるとかありました。何故、つま先を挟めたかは未だに謎です。器用なのか不器用なのか皆目分かりません。多分、後者でしょう。

家庭科という授業でお裁縫を習う時、針と糸で縫い物をさせられました。縫い物をしたのでなく、させられたと感じているのは当時の教諭に対するある種の悪意を暗示しています。いや、そのままです。悪意、剥き出し。剥き出しはアレだけで結構です。

隠すには布が必要です。切ったり、縫ったりしていると、あら不思議。身に着ける物が出来上がります。タダの紙しかないと思っているといつの間にか衣服が出現します。和裁と洋裁があります。地裁とか家裁もありますが犯罪臭がします。衣類は証拠品として登場します。そういう記事ではありません。

洋裁が出来れば自分用のエッチな衣類を作れそうです。例えば、ショーツの糸を解して布切れの集団にしてしまえば型紙は描ける筈です。これを試せばぶっ飛ばされるでしょうから試していません。どなたか、お試しになられた方はいらっしゃいますか?
スポンサーサイト
[PR]

コメント

今朝も楽しく

ミニチさん、今朝も楽しく読ませて頂きました。
私も、小4~6年まで家庭科で、運針(たぶんこの字と思いますが)
で、針での上手な縫い方を、また雑巾・エプロン、最後はマフラーまで習わされました。勿論料理も実習がありました。
懐かしい思い出が、ミニチさんの記載から浮かびました。
足ぶみミシン、蛇の目ミシンの月掛け購入方式等も懐かしいですね。
コシノ3姉妹のお母さんを描いた『カーネーション』、大阪府岸和田市が舞台の為、関西では高視聴率でしたね。夏木マリさんの演技力はさすがですね。

でも、家庭科って男の自分にどれだけ役立ったのか、66歳のいまだによくわかりませんが。

No title

裁縫苦手でした。
授業時間内に出来上がったことはなく、宿題にして持って帰れば完成させるのはいつも母の仕事でした。
図画工作も似たような状況でした。そこでは父が活躍してました。
結果、成績は悪くなかったです^_^;

SUDATHUさんへ

コメント、ありがとうございます。

家庭科の授業は何だったのでしょう。実戦の方が役立ちますよね。

流さんへ

コメント、ありがとうございます。

なかなかの知能犯ですね。(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: