FC2ブログ

エスキモー

残暑を兼ねて氷の話でも。氷の大地です。冷たいと思います。その氷の大地に生きる人々といえばエスキモーでしょう。スワッピングの本場です。こんなことを書くと怒られます。多分、殺されるでしょう。

来客があると労いをこめて妻とサセルという風俗があり、日本人の学者が奥様を勧められて閉口した話を読んだことがあります。マグロだからつまらないという話も読んでいます。誰が書いたかまでは忘れています。何にせよ、そういう習俗があるのか理解しがたいものがありました。

あの氷のドームは割り当てられた地域に立てる訳ではありません。獲物を追い、生活をします。住所不定です。当時(今も一部はそうだと思いますが)、携帯電話という便利な物はありませんでした。確実に連絡を取るには一緒に住むしかありません。

そんな場所に客人が来たとします。来たというより、辿り着いたという表現の方が妥当かもしれません。逆を言えば、自分が狩りに出て誰かに出会うというのは珍しいとなります。地図を見れば広大さは一目瞭然です。

その広大で過酷な氷の大地からいきなり生入れ中だし接待というのは飛躍に見えます。しかし、強い雄の種なら残すという本能に正直とも読めます。単なる推測ですけど。

米国政府はエスキモーとインディアンに対して定住化政策を推し進め、結果として大量のアル中と自殺者を出しています。自己を失うと生きていけないのでしょうか。氷の大地で生き延びる民族が暖かい住宅で生きていけないのは妙な話です。

西洋思想が全てではないとは言えるかもしれません。








スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

今日も浅学非才を顧みず

ミニチさん、今回のエスキモーの話、しみじみと読ませて
頂きました。
最後の下りは、民族のアイデンティティが破壊された後の姿が
垣間見えます。日本でもアイヌなんかもが近い様な気がします。

また、日本でも過去には、山奥とか、人里離れた小さな農村
とかでは、遠来の客をもてなすのに、妻を夜伽に差し出して、
唯一のご馳走・歓待としたとの言伝えが残っています。
多分、古来人間集落が疎遠(チョット意味は違いますが)な
時代には、いろんな民族でもそのような風習が有ったのでは
と思いますが・・・・。
一説では近親相姦を避けるため、新しい血を入れたとも言わ
れていますが、定かではありません。

SUDATHUさんへ

コメント、ありがとうございます。

興味深く読ませて頂きました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: