FC2ブログ

玉音放送

1945年8月15日に日本は玉音放送にて無条件降伏を国民に伝えました。

これにより、国民の間に張りつめていた糸が一気に切れたのだと思えます。その様子を自ら尋ねることは憚れます。だからこそ、戦争の経験を語って下さるお年寄りは大切だと思えます。

日本は敗戦となり追われたが蔣介石氏は弱いものいじめはするなと布告しました。このあたりが大陸の懐の深さであり敵う筈が無いと思ってしまいます。一方、戦後に在日朝鮮人達が何をしたか記憶されている方々もおります。矜恃という言葉を蔣介石氏が失わなかったように日本人も失わずにいたいものです。

精神性の継承。

簡単ではないと思えます。







スポンサーサイト
[PR]

コメント

今日の日を

ミニチさん、今日の12時の黙とうと、天皇陛下のお言葉を聞き
戦後の長さを知ると共に、参加者の99歳の戦争未亡人の心
を想う時、戦後生まれの、我々は何をすべきか悩みます。

ある意味で忘れ去られようとする、日本人として持続けるべき
日本人としての矜持が、忘れ去られようとしてる現実に、虚しさ
を感じるのは、私だけでしょうか?
自由主義(利己主義になってますが)、民主主義それも結構
ですが、忘れてはならない、日本人としての精神的な誇りも
守っていかなければ、ならないような気がします。

今日はいろいろと考えさせられる、一日ですね。

SUDATHUさんへ

コメント、ありがとうございます。

考える機会を与えてくれる日でもあると思います。しかし、その解は簡単ではないと思います。

難しいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: