FC2ブログ

家事

男性はどこまで家事を負担するべきかという問題があると思います。お子さんがいらっしゃる方は育児も含めて何をどれくらいにとなるでしょう。

専業主婦という職業は激減しました。共働きしないと生活が成り立たないというのがあるでしょう。お子さんがいると教育費という莫大な費用が生じます。高度経済成長期のように男性の稼ぎだけでは生活できない人が殆どでしょう。三浦展氏は夫の年収が一千万だか一千五百万を超えると奥様の専業主婦率が上るとデーターで示されていました。つまり、夫が充分な年収をもたらすなら、妻は家庭の仕事に集中し、育児なり教育に時間を割けるとなります。家庭を築くという営みとも言えるでしょう。

一方、女性であってもそれをハンディとせずに社会で働きたいという方も多くいます。オカネ目当てでなく自分の仕事を持ちたいから働くという方々です。旦那さんも家事に協力するか見ぬ振りをするかとなるようです。ある種の生活の知恵だと思えます。女性だから家にこもって奥様でいろというのも変な話でしょう。武士でもあるまいし。其々が授かった才能は発揮したいと思うのは人情だと思います。

家庭のある女性が働くとなれば、家事や育児は大変だと思います。誰しもが二十四時間しか一日に振り当てられていません。俄然、日常の生活をやり繰りするのが精一杯になると思います。その日を乗り切ることで疲れてしまうでしょう。夫が家事に協力だなんてして当たり前となるでしょう。これ以上、疲れさせないでと思うのでしょう。

一方、夫は仕事が忙しいという言い訳が可能です。つまるところ、家事や育児は自分の仕事ではないと逃げられます。家事なんか押し付けてしまえば楽にきまっています。押し付けられた妻は諦めるでしょう。(もしくは、離婚でしょう。)こんな忙しい生活の中で夫婦生活を求められた妻はどうされるのでしょうか。あくまでも推測ですが、いざこざを避けるべく相手してさっさと終わらせたいと思うのではないでしょうか。

以前に、夫が家事に協力的な夫婦ほど性生活が少ないという話を読みました。その理由はここにあるように思えます。この推測が正しいのなら、妻は夫婦生活も家事と割り切っているとなります。

まず、日常の生活がありき。そして余力があるなら楽しめるでしょう。そういうものではないでないでしょうか。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

蘊蓄のある話

ミニチさん、今日の蘊蓄のある話、現況の世相を考えると、もっともな話として、読みました。
現在の男女ともに、高学歴社会に合っては、女性の能力活用は、十分に考えないと、国の力をも左右しかねません。
男女の大きな違いは、妊娠・出産です。だからと言って競争社会に合って、3年間の育児休暇論は、現状社会を考えない机上の空論だと、極端ですが考えます。
医師の社会でも、女医さんの比率が20%ほどと聞いています。
彼女達の職場では、1年の育児休暇でも、現場復帰の際、技術の遅れを感じるそうです。看護師もしかりだそうです。
民間会社の総合職の女性なら、3年後の自分の席が確保できていると、考えるでしょうか?今の3年は、過去の5年・10年に匹敵する速さで、進んでいます。
男にとっても、年収の右肩上がりが期待できない現状では、結婚はもとより、ましてや子育てとなると、躊躇します。女性も同じです。
全てが、政治の問題とは言いませんが、真剣にこの国の労働力のあり方と、人間らしい生活権の確保を考えて行かないと、20年後には、この国は持ちません。
子作りなんて、真面目に人生を、将来を考えたら、呑気にやってられない、時代ではないでしょうか?
昔のように、貧乏人の子だくさんは、許容されないですからね。

SUDATHUさんへ

コメント、ありがとうございます。

子供は授かりものでしょうが、呑気にかまえていられない時代に思えます。労働力をどう考えるか鍵になるのでしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: