FC2ブログ

博多

博多といえば、鮎川誠でしょう。文句無しだと思います。お国言葉を大切にされているのが非常に好感を得ます。お国言葉を捨てたら微妙な心が伝わらなくなるという極めてマトモな考え方をされていると思えます。そうそう、シーナ・イーストンという似た名前の方もいますが別人です。

「博多っ子純情」というのもありました。歌か漫画かという話になります。どちらでもお好みをどうぞ。歌を選ばれる方には、「心の旅」の起点は博多となります。いや、それ以外に選択肢は無いのですが。盛岡から大阪とかはないのですね。

さて、「博多っ子純情」を持ち出すと「桃尻娘」も言及しないとエコ贔屓(IMEはバ○だから変換出きない)になります。でも、省きます。省くのには訳があります。よく覚えていないからです。調べるのも面倒臭いし。自爆です。

博多人形というのも有ります。綺麗な人形です。白く繊細な線を描くお人形さんです。上品です。このブログと大違いです。ここ、下品ですから。

とんこつラーメンというのもあります。美味しいです。脂濃さがイイという方には堪らないと思います。土地柄なのでしょうか。食べ物は恵まれていると思います。

最近で言えば、「博多よかばい食品」でしょう。

味もよかばい、値段もかばい、博多よかばい、あー、よかよか

というアレです。

水川あさみ氏の「博多よかばい食品」は最高でした。



録画していなかったのが残念無念。





スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

博多の思い出

ミニチさん、私が勤めた会社の幹部は、社長以下福岡出身者が多く
特に三井鉱山の関係者の子息が多く、博多弁がまかり通っていました。
博多の思い出は、20歳の時、福岡支店に出張し仕事が終わり、支店長にご馳走になり、その時初めて関サバを食べ、その他食べ物の美味しかったことが一つ目です。
そうして、23;30博多発の夜行寝台で返るのですが、支店長も都合があって、結果行きつけの飲み屋さんのママさんに、私の子守りを頼み、ママさんも快く引き受けて頂き、結果3時間余り付き合って頂き、博多駅まで送って頂きました。
博多の女性の情の深さを知ったのが二つ目です。
まだ童貞で、純情可憐な?私でしたし、博多は初めての出張先でしたが、支店長の顔のお蔭もあり、ママさんがお店を板さんに任せて、3時間余りのお付き合いを頂いたことは、今でも忘れられません。
何をしたかというと、映画を見てお茶を飲んで、送って頂いた、それだけです。手も握りませんでしたが、でも大変嬉しかったです。
色ぽくない話にお付き合い頂き、ありがとうございました。
これが私の20歳の博多純情です。

SUDATHUさんへ

コメント、ありがとうございます。

思い出の土地なのですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: