FC2ブログ

無差別殺人なんて無い


無差別殺人という言葉が新聞やテレビで流れます。しかし、無差別なんかではないと思えて仕方ありません。

八王子の書店で2名が刺された事件では被害者は女性だけでした。無作為に被害者が抽出されるなら、一人は男性の筈ですよね?危害を加える相手を選んだと思えてなりません。たとえば、その現場に中大柔道部員とか相撲部員がいたとします。彼らが刺されていたとは思えないのです。例えば、パンチパーマをかけてシャツの袖口から和風タトゥーがチラ見えするおじさんがいたとします。彼が刺されていたとは思えないのです。

秋葉原の事件も同様です。トラックで跳ねるとか、しゃがみこんで救護している男性を背後から刺すとか、危害を加える相手を選んでいるとしか思えません。



心神喪失は裁判の争点にはならないように思えてなりません。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

同感です

傷害事件の裁判では必ず行われる「精神鑑定」。本当に必要なのかと思ってしまうことがあります。
「むしゃくしゃしたからやった」は単なる逃げだと思うのです。他人に刃を向けることができるなら自分に向ければいいと思います。
ま、そういう勇気がないから人に刃を向けるのでしょうね。

koumeさんへ

コメント、ありがとうございます。
精神鑑定は、減刑の材料というよりは責任能力有りの材料と使われ始めた印象はあります。
夫を殺害しバラバラにした某歌織被告のように精神鑑定で正常でないと結果が出ていても求刑に憂慮されていないケースも出ています。
弁護団が精神鑑定を持ち出してくると、遺族感情は逆なでされますね。

なるほど・・。
自分よりも弱者を選んでいるんですね。

キミさんへ

コメント、ありがとうございます。
色々と事件はありますが、刺す相手を選んでいるとしか思えないんですよね。

No title

こんにちは
実は私も全く同じことを考えていました。
無差別殺人、恨みではないという意味では無差別ですが、相手はしっかりそばにいた人の中から選んでいますよね。
「誰でもよかった」というのは動機は他人に対してでなく自分の中にあるんだということを訴えているのだなあと思います。

kaiさんへ

コメント、ありがとうございます。
自分の中にある原因が他人の死を招く事に空恐ろしいものを感じます。そんな恐ろしい獣が芽生えた時、解決する手だてもまた自身の中にあるのだと思えてなりません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: