FC2ブログ

三四郎

1、2の三四郎でもなければ、姿三四郎でもありません。柔道は出てきません。夏目漱石が書いた三四郎です。

1908年9月から12月にかけて朝日新聞に連載された小説です。平たく言えば、熊本から上京した地主のボンボンが東大に入って学生生活を良くも悪くも謳歌する話と言えましょうか。この時期は、1905年に日露戦争が終わり、韓国併合が大詰めに入った時期です。翌年1909年10月に伊藤博文はハルピンで暗殺されました。物語は上京する場面から始まります。汽車の中で知り合った女性と同じ布団で寝る羽目になったりします。入浴中に、お誘いをうけるのですが童貞クンとしては迷います。ドキドキの一夜を過ごしますが濡れ場はありませんのでご注意願います。

更には、国威発揚がうたわれた社会状況にも関わらず、冷静に亡国を予言する謎の男(後に三四郎は高校教師をしている広田先生として紹介を受ける)と汽車で同席したりしています。都会に出て行くドキドキ感が表れています。

高校生の頃だったか、NHKの3チャンネルで三四郎の解説を放送していました。丁度、汽車の中のやりとりを喋っていました。画面には影絵で作られた挿絵が映されており、印象に残ったのをふと思い出しました。そういった理由で何十年ぶりかで三四郎を読み直してみました。やはり、高校時代に読んだ時と印象は異なるものです。

二人で水蜜桃を食べ、カスを新聞紙でくるんで汽車の窓から放り捨てる場面もあったりします。今回、この場面に妙に反応したりしました。年をとったからなのか、読み方は年齢と共に変わるものです。

そもそもアジアに公共マナーなどというものは無いという持論をミニチは持っています。日本はこの三十年である程度の変化はみせたように思えます。一つは喫煙マナーについて世間の目が厳しくなったことでしょうか。しかし、ゴミだしを守れない人が大勢いるのは何処へ行っても聞ける話です。基本は変わっていないように思えます。中国人や韓国人ほどに酷くはないにせよ、それは程度の問題であり大同小異と思えます。

小学校の道徳の教科書で、英国の少年が道端で他人を指差して母親からこっぴどく叱られる話を読まれた方は多いのではないでしょうか。あの話は他人への無作法を叱ったのではなく、無作法をする少年の態度を叱ったものです。少なくとも、ミニチはそう考えます。その英国夫人にしてみれば日本人を指差そうが顎でしゃくろうが石を投げようが知ったことではありません。息子に自身を律することを要求した話なのです。(注1)少なくとも、ミニチが教わった先生は本質については話されていなかったように記憶しております。一人称単数のIから全てが始まる文化(この場合は英国)と日本の文化(わたし達であることを求められていませんか?)の違いがあるのではないでしょうか。

社会の中で、どのように振舞う自分でいたいのか?

という点から出発しない限りは、公共マナーなるものは理解しがたいように思えます。






注1)サダムフセインがイラク在住の外国人を人質にとった時期、人質グループと会見した報道がありました。ある英国少年はサダムがご機嫌を取ろうとした事に取り合うことなく、腕組を崩さずににらみつけたままでした。その姿は彼の母国でも賞賛されております。どういう態度を貫いたのかが焦点だと思えてなりません。





スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

公共マナー

一昨日の夜のニュースで、アフリカの鉱山開発の中国人の映像が心にグサッと刺さってます。
自分の国でもないのに、ゴミは散らかし放題、国立公園内の木々は切り倒し、野生動物も捕まえて食べる。
マナー以前の道徳心、こればっかりはどうやって伝えていけばいいのやら。。。

ここ♪さんへ

コメント、ありがとうございます。

興味深い記事を見つけました。

オバマ議員「中国からのおもちゃ輸入を全面禁止せよ」 【経済ニュース】 V 2007/12/20(木) 15:08
  次期米大統領選の民主党候補であるオバマ上院議員(写真)は19日にニューハンプシャー州で行った演説で、中国製品の安全性に関心が集まっていることに絡み「中国からのおもちゃの輸入を全面的に禁止すべきだ」と語った。20日付で多維新聞が伝えた。またオバマ氏は「日本は中国に対して『日本の安全基準に合格しなければ食品を輸入しない』と主張している。また中国にスタッフを派遣して、検査システムを整備し、中国から対日輸出される食品一つ一つを調べている。しかし米国はこうしたことを実行してこなかった」と述べた。(編集担当:菅原大輔)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=1220&f=business_1220_010.shtml

という内容でした。

インドネシア育ちのオバマ氏の発言と解釈すれば、非常に興味深いものがあります。アジアで華僑と呼ばれる中国人がどういった目で見られているかが伺えると言っても差し支えないのではないでしょうか。

インドネシアでは周期的に生じる暴動では常に華人が虐殺の対象になります。それは何故なのかという原因をオバマ氏は年少の頃に身に着けたから、上記の発言になると解釈しております。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: