FC2ブログ

男の性1

装丁にひかれパラパラ読みして文体が簡単だったので読むことにしました。

ところがどっこい、冒頭から荷風と吉行の話から始まり、フーコーの名前まで出てきました。構造主義かいと思いきや、違う視点で書かれています。ここまできて、ようやく著者と書名を確認しました。アホです。

なんと、著者は上野千鶴子で書名は「女ぎらい」でした。難解な筈です。

この本は、ミソジニー(女ぎらい)を分析しております。

男性の共同体は、地位・権力・名誉を奪い合うゲームの参加者で成り立ち、このゲームに参加出来ない者は排除されるとなっております。男性同性愛者、女性化された男性、全ての女性は排除された世界です。

このゲームにはワイルドカードがあり、それが性の支配(所有)であるとされています。性の支配(所有)とは、貫く者と貫かれる者に分けられたセックスを意味しており、ぺニスで子宮を突き上げてイカせることだと定義されています。これが出来れば男性の共同体に参加する資格が出来ると説明されています。蛇足ですが、妻に秘密で不倫された男は面子を失い共同体から排除されるとなっております。

貫く者は上位に位置しており、貫かれる者が下位に位置する為、ミソジニー(女ぎらい)であることは支配する者である限りは矛盾は生じないとされています。

簡単に言えば、膣イキをさせなければ男ではないという幻影に男は振り回されます。ぺニスは大きく逞しくなければ女性をイカせることは出来ないと男が考える所以でしょうか。

話は脱線しますが、寝取られ性癖を持つ男性はこの巨根願望にとらわれています。自分より大きなぺニスで妻を貫いて欲しいという願望は自分の妻が巨根男性にぺニスでイカされせることを求めております。それは、自分の持つワイルドカードが脅かされる被虐感で性的に満たされることにほかなりません。所詮はミソジニーの呪縛からは逃れられてはいないのではないでしょうか。

この本は多岐に渡る指摘が散りばめられており、その一部分しかご紹介出来ません。ご興味のある方はご一読されることをお勧めします。(注1)

ぺニスに自信のある男性のセックスが何故に乱暴なのか明快にご理解頂けると思います。





注1)日経ビジネスに同書の書評が掲載されていましたが酷い内容でした。




参考文献)上野千鶴子 著/女ぎらい/紀伊国屋書店第4刷
これ以外にも必要な参考文献は多数ありますが割愛させて頂きます。


スポンサーサイト
[PR]

コメント

読んでみたいです

寝取られマゾ的性癖を持つ男とミソジニーの関係のところがすこし難解で思索中です。マゾヒスティックな女性崇拝者の場合はどうなのかなど、色々考えてみると面白くなってきました。

かるなっくさんへ

コメント、ありがとうございます。
女性崇拝とミソジニーは矛盾せずに存在し得るのではないかと直感的には感じています。うまく説明できませんが。
ただ、男の世界には入れてもらえなくなるでしょうね。異端なわけですから。

ミソジニーって初めて聞きました・

M女からすると、そこに気持ちが無いと、満足感は得られないですね

miwmiwさんへ

コメント、ありがとうございます。
気持ちは大切ですよね。ノーマルなセックスであれ、SMであれ同じだと思えます。

好きも嫌いも

好きも嫌いも、
表面的に意識していることが
真実とは限りませんよね。

もし自分が専門家に
「あなたミソジニー」と言われるのだとしたら、
私は、その人には一生会いたくない。
知らずに生涯を終えれば、それで幸せのように思います。

neneさんへ

コメント、ありがとうございます。
なかなか難しい問題ですね。潜在的意識も含めて自分は違うと言い切れない気がします。

なんだか

面白そうな本ですね♪
ミソジニーって言葉、はじめて聞きました。
なんかミソジ(三十路)愛好者なのかなって思っちゃいました(笑)
前にもブログで書きましたが、西欧キリスト教が典型的な三十路ニー(ミソジニー)ですよね(笑)
キリスト教だけが唯一、女性を嫌悪し、否定してます^^;
そんなしょーもないもの(宗教)に、みんな振り回されちゃってるんですね。。。

旦那さんへ

コメント、ありがとうございます。

宗教的な切り口で見れば、キリスト教文化圏は女性の地位を低く見る傾向は否めないでしょうね。文化圏という角度からみると古代ギリシャの都市文化が決定的ですね。

イスラム教は女性差別をしているような偏見を持たれがちですが、実際にコーランを読むと非常に対等な地位を保障されています。多妻制は単なる戦争未亡人対策ですし。武士道がいう旦那と一緒に死ねとか、騎士道がいう寝取っちゃえみたいなことは書かれていません。極論ですが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: