FC2ブログ

神さまの話

この本はリルケによって1900年に書かれました。

手元にあるのは1968年に第15刷として新潮社から文庫本として出版されました。旧字で旧かなで書かれており、文語体なので読むのに手間取りました。読めなかった漢字も多数ありました。

面白かったのが、「~です。」という表記と「~です」という表記が入り交じっており、「」の最後に。をつけるつけないがはっきりしていなかった点です。
最近の出版物は「」の最後に。をつけない文章が殆どです。それを知った時には、綴り方の台詞を直し始めました。まだ未完成ですが。

1968年当時の日本語と現代の日本語では随分と違うものだと感じました。

スポンサーサイト
[PR]

コメント

No title

僕は昔は「」をつけてましたけど、
今は鬱陶しいので(笑)つけないようになりましたね(;^_^A

形式に囚われず時代に沿って読みやすい形にすれば良いのではないでしょうか?(*^_^*)

:☆makino☆さんへ

コメント、ありがとうございます。

とても難しい問題だと思います。現代は、文語の新刊本が絶滅しました。過去の遺物としていか、書き言葉は残されていません。果たして、それで良いのかという疑問です。勿論、ブログは口語で書いていますが、釈然としない気持ちが残ります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ミニチ

Author:ミニチ
アホが感染してもしりません。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング

FC2ブログランキング

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: